SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「持続的な購入」を目指すCRO

料金改定やAmazon化、スマホ対策まで踏まえた、今後の「楽天市場内検索」対策を考える

「持続的な購入」を目指す、コンバージョン率最適化=CROについて解説していきます。第7回は、楽天市場内検索について。

普通っぽくないほうが上位表示される!楽天市場内検索を考える

 前回に引き続き、ECサイトの検索について書いていきます。

 楽天市場内において、商品ページへリーチする約70%、実際に購入に至る約50%が、「楽天市場内(店舗横断)検索」によるそうです。Googleから直接、商品ページに来る機会がなくなったことは、前回の記事で述べました。そうなると、楽天市場で売る以上は、楽天市場内検索に神経を使わなければいけません。

 加えて、楽天市場の集客は広告・メルマガ・検索の3種類しかない中、検索は唯一お金の掛からない手段です(メルマガR-Mailは2015年4月1日まで週1回に限り無料)。検索で工夫をしない手はありません。

 では、楽天市場内検索とはどのような特徴があるのでしょうか。

楽天市場内検索、「かに」の自然検索トップ5

 ためしに「かに」で検索(「価格順」などのソート機能を用いない「標準」モード)すると、最初のページはこんな感じ。サーチワード広告の直下、自然検索の上位5商品です。

30ページ目になると、相対的に商品名が短くなる傾向

 30ページ目はこんな感じ。怪しい商品が混じり出したことを除けば、大きな変化は感じられないかもしれません。ただ、1ページ目では商品名の最後が必ず「…」で終わっていたのに、そこまでに至らない(相対的に商品名の短い)ものが現れ、少し余白が増えました。

100ページ目でまさかの、「商品名らしい」商品が登場

 100ページ目になると、こんな感じ。おかしな話ですが、なんだか「商品名」らしくなりました。そうなのです、明らかに商品名の文字数が減っています。楽天市場らしい雰囲気が薄れ、普通の商品名っぽくなっています。

 世の中で普通っぽくないほうが、楽天市場では上位表示されるという証です。

 特に注目すべきは、それまで「かに」「カニ」「蟹」と、一見無意味にひらがな/カタカナ/漢字の三通りで不揃いに表記されていたものばかりだったのに、ほぼ「かに」だけになっています。これこそは、Googleでは意味をなさない、「楽天SEO」の最たる努力例です。

  もう1つの顕著な傾向は、商品画像にテキストが載っていないということ。好みの問題はあるでしょう。ただ、ここまでの3ページを見比べて、やはり上位に出る商品ほど、商品画像に文字が入り、気合いが入っている感じが伝わってきます。

 気がついてみれば単純なのですが、『シンプルな商品名であれば、画像にまで乗せる必要はない。しかし、長過ぎて直感的でない商品名になると、画像内で伝えるしかない』という法則です。つまり、下位に沈んでいる商品にとっては、見習う要素であり、改善の余地が多いということです。

  • 商品名に無駄に思える仮名表記の種類をマックス増やす
  • 画像にテキストを重ねる

 一方、Googleと比べれば圧倒的に早く結果が現れますので、A/Bテストがしやすいという特徴があります。楽天に問い合わせると「24時間以内」というコンサバな回答しか得られませんが、現実的には2時間程度で反映(インデックス化)されることが大半です。悩んだら、巷間に流布している数々の都市伝説も参考にして、試してみてください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
検索順位チェッカーに惑わされていませんか

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「持続的な購入」を目指すCRO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社インフォプラス マーケティングソリューション部 シニアコンサルタント 佐藤英俊(サトウ ヒデトシ)

インフォプラスでは、カジュアル担当。衣料品産業専門ということではなく、人間が形式ばっていないという意味である。「ABテスタ」の生みの親でもあり、モノ作りや新規事業に経験が深い。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1802 2015/04/24 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング