SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今さら聞けないEC知識

ECサイトのリニューアル手順|売上アップを目指すポイント・注意点・費用感を解説

 ECサイト運用開始から一定期間が経過すると、リニューアルを行う必要性を感じる場面も増えてくることでしょう。やみくもに作業を進めるのではなく、プランをしっかりと立てて取り組むことが大事です。今回は、ECサイトをリニューアルする際の手順や注意点などを紹介します。

 ECサイトの売上アップやデザインの刷新、セキュリティ面の改善には、定期的なリニューアルが不可欠です。スムーズに更新作業を進めるためにも、作業を進めるにあたってのポイントや注意点、手順などをしっかりとおさえておきましょう。

 この記事では、ECサイトをリニューアルするときに把握しておきたいポイントを詳しく解説します。

ECサイトのリニューアルを考えるタイミング

リニューアルスケジュールのイメージ

 ECサイトのリニューアルを考える事情はサイトや企業によってさまざまですが、次のようなタイミングで更新作業を行うケースが多く見られます。リニューアルを検討するタイミングを決めるときの参考にしてみてください。

システムが古くてセキュリティに懸念があるとき

 ECサイト構築時は最新のシステムを導入していたとしても、一定の期間が経過するとシステムは古くなってしまいます。システム老朽化によってセキュリティ上の懸念が生じている場合、個人情報の漏えいなど、ユーザーにとって不利益をもたらす可能性も出てくるため、早めにシステムを変更したほうがよいでしょう。

 また、使用しているシステム自体が古くなってしまうと、動作が重くなり、ECサイトの利便性が低下します。定期的にサイトの運用状況を確認して、リニューアルが必要かどうかを早めに判断しましょう。

システムの機能が不足しているとき

 ECサイトの規模が大きくなるにつれて、機能面での不足を感じることもあるものです。 機能に不足が生じている場合、効果的なプロモーションが行えなかったり、利用したい外部システムとの連携ができなかったりすることがあります。ECサイトそのものを全面的に作り変える必要がある場合は、大きな労力を要するので注意が必要です。

スマホなどのデバイスに対応したいとき

 近年、スマートフォンやタブレット端末などからのECサイトへのアクセスが増加しています。また、スマートフォンでの閲覧に対応していないECサイトは検索エンジンからの評価が低くなるため、対応が必要です。 スマートフォンでの閲覧に対応した「レスポンシブ対応」にしていない場合は、販売の機会を失うことにもつながるため、早急にリニューアルを検討しましょう。

ECサイトのリニューアル前にあらかじめ取り組んでおくべきこと

リニューアル計画のイメージ

 ECサイトのリニューアルは、実際に作業を進める前にいくつか決めておくことがあります。あらかじめチェックしておきたいポイントを解説します。

現在のECサイトが抱えている課題を洗い出す

 ECサイトのリニューアルを検討するときは、まず現在のECサイトが抱えている課題を洗い出す作業が必要です。「売上が伸び悩んでいる」「操作がしづらい」「表示速度が遅い」など、さまざまな課題を挙げることができるでしょう。

 また、ECサイト運用面での課題改善のためには、運用担当者や制作担当者など、さまざまな立場の担当者の意見も取り入れることが大切です。

リニューアル後に達成したい目標を決める

 ECサイトのリニューアルを円滑に進めるには、どのような目的でリニューアルしたいのかを明確にしておくことが大事です。「売上を20%アップさせる」「リピーター率を15%高める」など、具体的な目標を掲げてみましょう。

どの方法でECサイトをリニューアルするかを選ぶ

 ECサイトを作成する方法としては、ASPやオープンソース、パッケージ、フルスクラッチなどの方法があります。それぞれの特徴についてまとめると、次のようになります。

ASP オープンソース パッケージ フルスクラッチ
作成方法 作成に必要なシステムをレンタルする 無償のソースコードをもとに作成する パッケージをもとに独自で開発する 自社で開発を行う
作成コスト 低い 低い やや高い 高い
運用コスト 低い 低い やや高い 高い
作成期間 短い 短い やや長い 長い
カスタマイズ性 低い やや低い 高い 高い
サーバー 不要 必要 必要 必要

 このように、それぞれの作成方法で特徴が異なります。ほしい機能が備わっているかを確認したうえで、操作性、費用感などを比べてみましょう。ほかにも、既存のECサイトで保持している顧客データなどを移行する費用などもかかるので注意が必要です。

ECサイトをリニューアルするときの注意点

リニューアルのポイントのイメージ

 ここでは、ECサイトをリニューアルする際に事前に把握しておきたい3つの注意点を解説します。

必要な準備期間を設ける

 リニューアルに関する計画を練ったり、作業体制を整えたりしないままリニューアル作業を進めてしまうと、かえって使いづらいサイトに仕上がってしまう場合もあるので気をつけましょう。

 リニューアルによる売上やアクセス数の減少を防ぐためには、必要な情報を事前に集め、作業期間をしっかりと確保することが大切です。

予算が超過しないよう事前に方針を決めておく

 当初定めた予算から大幅な超過が生じてしまわないように、取り組みたい作業範囲をあらかじめ明確にしておくことが重要です。リニューアルする目的や内容を社内できちんと擦り合わせて、予算オーバーを防ぎましょう。

 また、ECプラットフォーム選定時は複数の会社を比較し、自社に適したシステムを選ぶことが大切です。

リダイレクト設定を行う

 ECサイトのリニューアルに伴ってURLを変更する場合は、「301リダイレクト」を行って、新しいECサイトにアクセスできるように設定しましょう。リダイレクト設定をきちんと行っていないと、リニューアル前のECサイトが表示されてしまい、新しいECサイトに誘導できなくなってしまいます。

ECサイトのリニューアルを行う手順

アップデートのイメージ

 ECサイトのリニューアルは、基本的に次の手順に沿って進めていきます。

  1. コンセプトや更新する内容を決める
  2. 必要な機能、システムを洗い出す
  3. ECプラットフォームを選ぶ
  4. 作業を担うプロジェクトチームを作る(自社で行うか、外部に任せるか)
  5. チーム内で認識を擦り合わせる
  6. 作成を進める、運用の準備を整える
  7. テストを行って、ECサイトをオープンする

 具体的な更新作業を行う前に、現在のECサイトが抱えている課題を明確化し、リニューアルを行う目的やコンセプトなどを明らかにします。あとで効果測定を行うことも考えて、数値目標などを示しておくとよいでしょう。

  リニューアルの方向性が定まったら、次に必要なシステムや機能などを洗い出します。同時に、ECプラットフォームの選定も行い、費用対効果を考えながら比較・検討していきましょう。

  次に、サイトリニューアル作業を社内のリソースでまかなうのか、外部に依頼するのかを決めます。プロジェクトチームを立ち上げたら、リニューアルの目的や各自の作業などを擦り合わせましょう。

  ECサイトが完成した段階で、各システムとの連携や受注データに問題がないかをチェックします。確認作業を入念に行ったうえでリダイレクト設定を行い、リニューアルしたことをSNSなどで告知しましょう。

売上アップを目指すリニューアルのポイント

スマートフォンでECサイトを利用する男性

 ECサイトのリニューアルにあたっては、売上を高めるためのポイントをおさえておくことが重要です。特に重視しておきたい3つの点を解説します。

UI・UXを考えたデザインにする

「UI(ユーザーインターフェース)」の「インターフェース」とは「接点」という意味で、ユーザーとサービスの接点すべてを意味します。サイトリニューアルにおいては、レイアウト、デザイン、フォントなどを含めたサイトの見やすさや操作性を指します。

 一方、サイトリニューアルにおける「UX(ユーザーエクスペリエンス)」は、サイトのサービスを通じてユーザーが得る体験のことです。

  ECサイトをリニューアルする際はUIとUXの両方を意識します。ユーザー目線で使いやすいサイトを目指すことは、結果として売上アップにもつながるため、SNSやアンケートなどを通じて顧客の意見をチェックしてみるとよいでしょう。

コンテンツSEOを検討する

 コンテンツSEOとは、ユーザーの役に立つ良質なコンテンツを作成することで、検索エンジンの評価を高めることを指します。ECサイトにブログなどのコンテンツを追加することで、検索結果の順位を押し上げられれば、サイトのアクセス数を増やすことにもつながるでしょう。どのようなペースで更新し、コンテンツを発信していくのかを事前に決めておきましょう。

運用面で支障が出ないための準備をしておく

 ECサイトのリニューアル完了後にアクセス数が増加した場合は、サーバーに負荷がかかります。アクセスが集中してもECサイトをきちんと表示できるのかなど、サーバーの容量や負荷への耐性などを事前にチェックしておきましょう。

  アクセス数が増えたことでサイトに支障が出てしまうと、機会の損失につながりかねません。継続的に売上を高めていくためにも、サイト規模に適した環境を適宜整えていきましょう。

まとめ

 ECサイトのリニューアルにおいては、単にデザインを変更するだけでなく、セキュリティ面の強化やユーザビリティの向上につなげていくことが大切です。ユーザーにとって使いやすく、安全なECサイトにすることで、結果的に売上アップにもつながるでしょう。

  この記事で紹介した基本的なポイントや注意点、手順などを踏まえたうえで、自社に適したECサイトにリニューアルしてみましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今さら聞けないEC知識連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EC研究所(イーシーケンキュウジョ)

ECについての情報を調べ、まとめてお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11584 2022/08/12 00:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング