SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

5割超が将来的に応援消費旅行を検討 経験者9割以上が応援消費旅行の再実施を意向/楽天トラベル調査

 旅行予約サービス「楽天トラベル」は、旅行分野における「応援消費」の実態と意識に関する調査を実施した。東日本大震災以降に認知が広まった「応援消費」は、地域やそこで働く事業者の応援、支援を目的としてモノやサービスを購入する新しい消費スタイルとして注目されている。国内の旅行・観光分野でも、自然災害やコロナ禍の影響を受ける地域や事業者がみられるなか、旅行を通じた「応援消費」の経験や関心の有無、課題について、調査を行った。

旅行を通じた「応援消費」の定義

自然災害やコロナ禍などで被害を受けた地域やそこで働く事業者の応援、支援を目的とした国内旅行・観光消費

 調査結果の詳細は、次のとおり。

旅行を通じた「応援消費」の経験者は3割 20代男性の経験率が最多に

 全体では、国内旅行を通じた「応援消費」を行ったことがある人が30.6%、ない人が69.4%だった。性年代別では、20代男性の経験者の割合が43.6%ともっとも高く、次いで60代男性(35.5%)。女性では40代が33.3%でもっとも高い結果となった。性別では女性よりも男性の経験率が約3ポイント高い。一方、もっとも経験率が低いのが、20代女性の21.7%、次いで30代女性の23.8%だった。

今後の旅行を通じた「応援消費」には半数以上が関心 経験者の9割以上が再実施の意向あり

 今後、旅行を通じた「応援消費」を「行いたい」と回答した人は55.4%、「わからない」が37.1%、「行いたいと思わない」が7.5%と続く。経験率の回答と異なり、女性の意向が男性よりも3ポイント高い結果となった。

 「旅行を通じた応援消費の経験がある」と回答した人のうち、今後も「行いたい」と回答した人は90.2%。経験者による再実施の意向が非常に高い傾向だった。一方で、未経験者でも40.1%が「行いたい」と回答した。

 女性は40代の意向が64.8%ともっとも高く、次いで60代の59.1%。男性は20代の意向が62.4%ともっとも高く、次いで30代の57.4%と若年層が前向きな様子がうかがえる。

旅行を通じた「応援消費」をしたい理由のトップは「地域や事業者の人に喜んでもらえる」 年代により理由の違いが顕著に

 旅行を通じた「応援消費」に関心がある人に、その理由を複数回答で聞いたところ、「地域や事業者の人に喜んでもらえる」(60.5%)がもっとも多く、次いで「旅行の満足度がより高まる」(51.4%)、「地域の経済や事業者、文化などのサステナビリティ」(42.7%)となった。

 男女問わず20代は「ボランティアなどの支援活動が好きだから/興味があるから」が他年代よりも高く、支援活動自体に関心がある傾向がうかがえる。一方で、40代では「旅行の満足度が高まる」や「思い出話や話題づくりになる」、「子供や家族の教育になる」の回答率が高く、「応援消費」を通じた付加価値、旅行の充実化にも期待している傾向がみてとれる。さらに60代は「地域の経済や事業者、文化などのサステナビリティ」の回答率が他年代より高い結果だった。

旅行を通じた「応援消費」の対象は宿泊施設が最多 20代はアクティビティへの消費が顕著に

 旅行を通じた「応援消費」の経験者に消費先を複数回答で聞いたところ、トップ3は、「ホテルや旅館」(80.2%)、「飲食店」(72.9%)、「特産品、土産物店」(68.4%)。

 女性は男性よりも「特産品、土産物店」の利用割合が高く、男性は女性よりも「スポーツ施設」「テーマパーク、遊園地」が高かった。「飲食店の利用」は50代、60代の女性が高い傾向だった。特に20代男性は「美術館、博物館、資料館、動植物園、水族館」「テーマパーク、遊園地」「スポーツ施設」「現地のアクティビティやガイドツアー」の回答率が高く、アクティビティを選ぶ傾向が顕著にみれられた。

主な情報源はマスメディア SNSを参考にする割合は少ない傾向に

 旅行を通じた「応援消費」の経験者に、地域や事業者が応援や支援を必要としていることをどこから知ったのか複数回答で聞いたところ、「マスメディア」(53.1%)がもっとも高く、次いで「自治体や宿泊施設、飲食店」(43.6%)、「旅行会社からの情報発信や旅行プラン、割引クーポン」(40.5%)。一方で、「SNS上での投稿」は19.6%と低い傾向だった。

 旅行を通じた「応援消費」の経験率がもっとも高い20代男性の63.6%は「自治体や宿泊施設、飲食店から直接」、次に経験率の高い60代男性は71.1%が「マスメディア」から情報を得ている結果に。男女ともに50-60代は「SNS上での投稿」を選択する割合が10%に満たなかった。

旅行を通じた「応援消費」への課題は旅行に費やせる予算・期間に加えて旅行者の安全性や受け入れ体制が上位に

 旅行を通じた応援消費をする際の課題は「応援、支援するための予算が十分にない」(30.5%)、「応援、支援するための旅行期間が十分にない」(26.2%)という旅行者側の課題に加えて、「その地域に旅行に行く際の安全性が分からない」(27.0%)、「その地域や事業者が旅行者を歓迎してくれるか、受け入れてくれるかが分からない」(25.2%)という受け入れ先の事情も上位にあがった。

 旅行を通じた「応援消費」の経験率が高い20代男性は「一緒に旅行をする人が応援消費に関心がない」を選択した割合が他年代よりも高かった。一方、「応援消費」経験がない人や経験率が低い20代女性においては「応援消費のやり方が分からない」の回答率が高い結果となった。

調査概要
  • 調査期間:2022年5月25日(水)~2022年5月27日(金)
  • 集計方法:インターネット調査
  • 集計対象:2019年1月以降に1回以上旅行をしたことがあり、かつ自身で旅行を手配した全国の男女20歳~69歳1,065名(20代男性101名 20代女性106名、30代男性108名 30代女性105名、40代男性108名 40代女性105名、50代男性110名 50代女性105名、60代男性107名 60代女性110名)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11604 2022/07/20 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング