SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Shopify寄稿ソーシャルコマースを成功に導く/Smartpayが無料トレーニング

-[Vol.403]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

[0]目次
----------
[1] 今週のホットトピックス
[2] 新着記事一覧
[3] 新着ニュース
[4] 人気ランキング
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』
[6] 配信停止の方法

ニュース・記事配信中! ECzineのソーシャルメディアはこちら
* Twitter : https://twitter.com/ECzine_jp
* Facebook: https://www.facebook.com/eczine
記事のプッシュ通知設定はこちらから


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のホットトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、ECzine編集部です。
今週のオススメはこちらです。

●2022年のソーシャルコマースにおけるトレンドと
成功に導くベストプラクティス


数年前から、来ると言われながらそんなにブームにならずに消えていった
「ソーシャルコマース」。2022年こそ、現実味を帯びてきているでしょうか。
成功させるためのベストプラクティスとは?Shopify Japanからのご寄稿です。

ニュースはこちらをご紹介。

●Smartpay、EC事業者向け無料トレーニングプログラムを開始
ブランドアンバサダーにはひろゆき氏


利息なし・手数料なし・3回払いの後払い決済Smartpayが
無料のトレーニングプログラムを開始、(ひろゆきさん見たさもあり)
編集部では記者会見に参加しました。

ShopifyとEC-CUBEで連携開始しているそうで、Twitterでお友達になって
くださっているEC事業者の方は検討されてたりしているようですが、
開発ありの新しい決済の導入、読者の皆さんはどんなふうに受け止めて
いらっしゃいますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事一覧:10本(4/13~4/20)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コールセンター改革でスイッチングされないブランドに 窓口対応のDXに必要な
視点と捨てるべき考えとは
 ものやサービスが世の中にあふれる現代。1回しか選ばれないブランド・商品と
何度も選ばれるブランド・商品の違いはどこにあるのでしょうか。当連載では、
ブランディングとチャネル活用をフックに、リピートにつなげる顧客対応のありか
たを考えていきます。第2回のテーマは、「ブランディング視点で考える顧客窓口
のありかた」です。


◆小売DX本格化へ 生活者の体験向上に変革できるか
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
オムニチャネルコンサルタントの逸見さんにオムニチャネルについて聞きました。
※本記事は、2022年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.20』に掲載したものです。


◆2022年のソーシャルコマースにおけるトレンドと成功に導くベストプラクティス
 人々の日常生活の中で重要な役割を担うSNS。写真を共有したり、チャットをし
たりさまざまな目的でSNSが使用されている中、近年では多くの人々がSNSを通して
ブランドとつながり、それにともないSNSを通したブランドの収益が急増していま
す。Statista社の調査によると、世界中のSNSを通じたECの売上は、2025年までに
約3倍にまで上ると予想されていることから、2022年は多くのブランドがソーシャ
ルコマースへの投資を拡大するでしょう。本記事では、ソーシャルコマースの最新
のトレンドを3つ紹介し、2022年にソーシャルコマースで売上を上げるための3つの
ベストプラクティスをShopify Japan株式会社 日本カントリー・マネジャーの太原
真さんが解説します。


◆2022年3月にいちばん読まれたEC関連のニュースはどれだ!? アクセストップ10
 2022年3月にいちばん読まれたEC関連のニュースは? アクセストップ10は次の
とおりです。


◆2022年3月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10
 2022年3月にいちばん読まれたEC関連の記事は? アクセストップ10は次のとお
りです。


◆TikTok売れを起こすには バズる・売れるの両方を実現する動画クリエイティブ
とKPI設計ノウハウ
 TikTok for Businessは2月28日、『ECマーケティングで「TikTok売れ」を狙う!
Webでの新規顧客の獲得に』と題し、ウェビナーを開催した。「日経トレンディ」
による2021年ヒット商品1位となった「TikTok売れ」の解説や、Natee、HADOによる
TikTokで購買につなげる動画クリエイティブのノウハウについて語られた。


◆フランスで日本そばを売るには!? 越境EC成功の秘訣をパリ在住エトワールサー
ビスに聞く
 フランスのパリに在住し、「フランスで日本の商品を販売したい」日本企業のサ
ポート業務を行っているエトワールサービス。その代表の小仲律子さんは、フラン
ス人へ物を販売するためには「テストマーケティング」「ローカライズ」が重要だ
と語る。知っていそうで知らない国・フランスを、越境ECで攻める場合の戦略とは
!?


◆検索やレビューが企業・ブランドの売上を左右する時代に OMOの第一歩となる
店舗でのEC活用を探る
 この数年で消費者の購買行動は多様化し、購入手段としてオンラインとオフライ
ンの区別をとくに意識することなく、目的に応じて活用することが当たり前になっ
てきた。こうした消費者意識・行動の変化に対応する術として期待されているのが
オンラインとオフラインの融合を意味する「OMO(Online Merges with Offline)」
だ。2022年3月17日開催の「ECzine Day 2022 Spring」に登壇したZETA株式会
社 代表取締役社長 山崎徳之氏が、OMOのファーストステップとなる「店舗におけ
るEC活用」を中心に解説した。


◆月商1,000万円を超えたら持続可能なブランド作りに本格着手を 組織作りと販
売計画のポイントを伝授
 EC売上アップの秘訣をウェブで学ぼうと思っても、なかなか自社の現状と合致し
た情報に出会えない。そう悩む方は、少なからずいるのではないでしょうか。こち
らの連載では、株式会社StoreHeroの黒瀬さんが月商別のグロースハック術を伝授
します。第4回は、「月商1,000万円以上」の方向けです。


◆顧客は「ブランドを象徴する体験」を買う アフターコロナ・Web3時代の新たな
価値提供を考える
 不確実かつ変化の激しい時代を迎える昨今。ものや情報の飽和も進む中、生活者
は購入するものや支持する企業・ブランドを「流行っているから」ではなく、「共
感」や「消費に対する意義」に重きを置いて選択するようになっている。また、We
b3時代においては従来の「顧客」という枠組みを超えた、生活者とブランドのコミ
ュニケーションも必要だ。2022年3月17日に開催された「ECzine Day 2022 Spring
」にて、株式会社フラクタ ブランドストラテジックプランナー 眞喜志康人氏が登
壇。信頼を獲得し、選ばれ続けるためのブランディングやCXなど、これからの「真
のカスタマーサクセス」について解説した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・大丸松坂屋百貨店、デパコスメディアコマースにSTAFF START導入 検討商品のQ
Rコード共有も(04-19)


・ダイコクと楽天ペイメント、「ダイコクドラッグ」で実店舗送客サービス「楽天
チェック」が利用可能に(04-19)


・オンワードデジタルラボ、全国の逸品を集めたグルメ通販サイト「オンワード・
マルシェ」で「eギフト」開始(04-19)


・Uber Eatsと楽天ペイがサービス連携 楽天市場のセールイベントとの連動企画
も予定(04-18)


・TENTIAL、ウェルネスECプラットフォーム「KENCOCO」β版を開設 李忠成選手開
発商品も販売(04-18)


・BeeCruise、ブックオフの「Shopee」出店支援 日本発のユーズド品が台湾・タ
イで購入可能に(04-18)


・BCGとSAPがパートナーシップ締結 企業のサステナビリティトランスフォーメー
ションを支援(04-18)


・セールスフォース、「PWA Kit」と「Managed Runtime」を日本市場で提供
(04-18)


・もらって嬉しい母の日ギフト1位お花、2位スイーツ LINEギフトでは「贈りたい
ものリスト」機能開始(04-17)


・帝国ホテル、母の日や父の日に向けたスイーツやグッズをホテルショップならび
にオンラインショップにて販売(04-16)


・Square、POSレジ用スタンドの第2世代「Square スタンド」発表 カードリーダ
ーを搭載(04-15)


・BANQがミンカブと共同でWeb3を活用したソリューション事業へ参入(04-15)


・三井不動産、商業施設運営業務システムをOracle Cloud Infrastructureへ移行
(04-15)


・futureshop、改正特定商取引法への対応に仕様変更 申込確認ページで支払い代
金の総額を表示(04-14)


・ミルボン、新ブランドのパッケージにプラスチック量削減した小型化キャップ採
用 サステナ容器の採用を推進(04-14)


・岐阜発のお直しサービスをデジタル化したテーラーバンク、東京・新木場にベテ
ラン職人が活躍する新拠点開設(04-14)


・PayPay、「PayPay請求書払い」に新機能 「支払い予約」と「自動支払い」をリ
リース(04-14)


・Smartpay、EC事業者向け無料トレーニングプログラムを開始 ブランドアンバサ
ダーにはひろゆき氏(04-13)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 人気ランキング(4/13~4/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 2022年のソーシャルコマースにおけるトレンドと成功に導くベストプラクテ
ィス


●2位 TikTok売れを起こすには バズる・売れるの両方を実現する動画クリエイテ
ィブとKPI設計ノウハウ


●3位 小売DX本格化へ 生活者の体験向上に変革できるか


●4位 月商1,000万円を超えたら持続可能なブランド作りに本格着手を 組織作り
と販売計画のポイントを伝授


●5位 フランスで日本そばを売るには!? 越境EC成功の秘訣をパリ在住エトワール
サービスに聞く


<ニュース>

●1位 大丸松坂屋百貨店、デパコスメディアコマースにSTAFF START導入 検討商
品のQRコード共有も


●2位 オンワードデジタルラボ、全国の逸品を集めたグルメ通販サイト「オンワー
ド・マルシェ」で「eギフト」開始


●3位 セールスフォース、「PWA Kit」と「Managed Runtime」を日本市場で提供


●4位 Uber Eatsと楽天ペイがサービス連携 楽天市場のセールイベントとの連動
企画も予定


●5位 BCGとSAPがパートナーシップ締結 企業のサステナビリティトランスフォー
メーションを支援


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』を試し読み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ECzine編集部では、2017年6月から
季節に一度の紙の雑誌『季刊ECzine』を刊行しています。

最新号の特集はこちらです。

●季刊ECzine 第20号
『Refine CX
~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~』


なお、過去19冊分の記事をウェブに再掲載した「プレミアム記事」が
Amazon Payでもお読みいただけるようになりました。
よろしければお試しください。

●『季刊ECzine』掲載記事がウェブでも読める!ECzine Premium


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ecz?token=&utm_source=20609&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ecz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 ECzine編集部
(c)2013 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング