SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

クリエイターエコノミーやGA4など定点観測/調査・Twitterきっかけ購買

-[Vol.398]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

[0]目次
----------
[1] 今週のホットトピックス
[2] 新着記事一覧
[3] 新着ニュース
[4] 人気ランキング
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』
[6] 配信停止の方法

ニュース・記事配信中! ECzineのソーシャルメディアはこちら
* Twitter : https://twitter.com/ECzine_jp
* Facebook: https://www.facebook.com/eczine
記事のプッシュ通知設定はこちらから


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のホットトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、ECzine編集部です。
今週のオススメはこちらです。

●クリエイターエコノミーと自動化で事業者に問われる勝負どころ


●GA4活用事例を紹介 深掘りするならSQL必須


雑誌『季刊ECzine vol.20』の定点観測掲載始まっています!
おかげさまで20号になりました。ご愛読ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。

ニュースはこちらをピックアップ。

●利用者の6割以上がTwitter上の情報きっかけに購買・来店経験/アライドアーキ
テクツ調査


仕様も変更されたり戻ったりしているみたいですが、反響があるというのは
それだけ利用されているサービスだということなんでしょうね。

イベント「ECzine Day 2022 Spring」は明日3月17日(木)10:00~です。
事前登録いただいた皆様、お見逃しなく!
https://event.shoeisha.jp/eczday/20220317

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事一覧:7本(3/9~3/16)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ECで「行きつけの店」になるには? 選ばれるためのチャネル活用と差別化のポ
イントを考える
 ものやサービスが世の中にあふれる現代。1回しか選ばれないブランド・商品と
何度も選ばれるブランド・商品の違いはどこにあるのでしょうか。当連載では、
ブランディングとチャネル活用をフックに、リピートにつなげる顧客対応のありか
たを考えていきます。第1回のテーマは、「ECで『行きつけの店』になるには?」
です。


◆GA4活用事例を紹介 深掘りするならSQL必須
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
プリンシプル村松さんに、分析について聞きました。※本記事は、2022年3月25日
刊行の『季刊ECzine vol.20』に掲載したものです。


◆アルペンがCVR120%UPとLINE配信費20%削減 SQL不要で顧客分析も容易な
「b→dash」
 LINEアカウントへの友だち登録が300万人を超えるアルペン。デジタルを活用し
たチャネル拡大には成功していると言えるが、販促メッセージの配信コストがかさ
むという課題があった。その課題を、データマーケティングツール「b→dash」を
導入して改善。さらには、SQL不要のCDP機能で属性、購買履歴、サイトのアクセス
データをもとに分析・施策を実施、メール・LINE経由でのコンバージョン率が120
%に向上したと言う。そのような成果を創出できた理由を、株式会社アルペン ス
ポーツマーケティング部 マネージャー 照井敦氏に話を聞いた。


◆2022年2月にいちばん読まれたEC関連のニュースはどれだ!? アクセストップ10
 2022年2月にいちばん読まれたEC関連のニュースは? アクセストップ10は次の
とおりです。


◆2022年2月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10
 2022年2月にいちばん読まれたEC関連の記事は? アクセストップ10は次のとお
りです。


◆クリエイターエコノミーと自動化で事業者に問われる勝負どころ
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
リワイアの岡田さんに、Googleについて聞きました。※本記事は、2022年3月25日
刊行の『季刊ECzine vol.20』に掲載したものです。


◆越境EC利用者から多く寄せられる質問は?上手なカスタマーサポート運用で購入
の後押しと売上アップを実現
 コロナ禍は人々のデジタルシフトを加速させるひとつのきっかけとなりました。
インバウンド需要がほぼ消失する中で、日本好きな外国人による「日本ロス」と
いった言葉も出現し、今は「第3次越境ECブーム」と言える時代です。しかし、自
社製品の需要がわからない、どのようにアプローチしたらよいのかわからない方も
多いのが実情でしょう。連載第7回は、tenso株式会社の西尾さんが「越境ECにおけ
るカスタマーサポート」についてお伝えします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ビートレンド、飲食店「俺の」シリーズの店舗・ネットショップのポイント共通
化を支援(03-16)


・JALUX、「BLUE SKY」全店舗に「カネカ生分解性ポリマー」製ショッピングバッ
グを一斉導入(03-16)


・興行イベントの参加率、オミクロン拡大でも3大都市圏では下げ抑制、今後の回
復に期待/矢野経研調査(03-15)


・富士ロジテック、シナブルと協業し『OMO/D2C・ポストパーチェスCEMサービス
』提供開始(03-15)


・ヤクルト、健康食品やサプリメントなど取り扱うECサイト開設 顧客との接点拡
大を図る(03-15)


・TGCと環境省がリアルとメタバースの両空間でコラボ 脱炭素社会実現に向けて
お互いの活動を発信(03-15)


・エプソン、無人・省人店舗ソリューションの開発と提供を行うCloudpickへ出資
(03-15)


・利用者の6割以上がTwitter上の情報きっかけに購買・来店経験/アライドアーキ
テクツ調査(03-14)


・あべのハルカス近鉄本店がファッション大改革 自主編集売場オープン、全国百
貨店初となる常設店舗の出店も(03-14)


・トランスコスモス、LINE AiCall を標準装備したコンタクトセンターサービス提
供(03-14)


・西友と楽天、「楽天ポイント」軸とするOMO戦略の新協業体制を本格展開 デジ
タルマーケティングを強化(03-14)


・クックパッド、生鮮食品EC「クックパッドマート」で「産直アウトレット」開始
 食品ロスを削減(03-13)


・「ZOZOCOSME」がオープン1周年 複数人気ブランドのアイテムを詰め込んだスペ
シャルセットを販売(03-13)


・通信キャリアのサポート利用経験「店舗」4割、「オンライン」2割弱、「電話」
1割強/MMD研究所調査(03-13)


・イトーヨーカ堂ら3社、リサイクル実証実験の進捗発表 フィルム容器回収量は
約9,500枚で計画の2倍に(03-12)


・ペッパーフードサービス、muuveと「いきなり!ステーキ」のキッチンカー事業
で業務提携(03-12)


・2021年度防災食品市場は前年度比121% 在宅勤務切替でネットが主力販売チャ
ネルに/矢野経研調査(03-11)


・2021年度国内アフィリエイト市場規模、前年度比8.4%増の3,491億円の見込み/
矢野経研調査(03-11)


・デジタルガレージ、フードデリバリーなど複数のオンライン注文サービスを一元
管理できるSaaS開発(03-11)


・フューチャーショップがアパレル向けMD支援サービス「radial」と連携 商品デ
ータを分析し行動促進(03-11)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 人気ランキング(3/9~3/15)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 GA4活用事例を紹介 深掘りするならSQL必須


●2位 アルペンがCVR120%UPとLINE配信費20%削減 SQL不要で顧客分析も容易な
「b→dash」


●3位 アパレルが持つチャネルをシームレスにつなぐ ZOZOMOの目指す先と円滑な
内製開発の秘訣を伝授


●4位 2022年2月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10


●5位 2022年2月にいちばん読まれたEC関連のニュースはどれだ!? アクセストッ
プ10


<ニュース>

●1位 西友と楽天、「楽天ポイント」軸とするOMO戦略の新協業体制を本格展開 
デジタルマーケティングを強化


●2位 ヤクルト、健康食品やサプリメントなど取り扱うECサイト開設 顧客との接
点拡大を図る


●3位 2021年度国内アフィリエイト市場規模、前年度比8.4%増の3,491億円の見込
み/矢野経研調査


●4位 富士ロジテック、シナブルと協業し『OMO/D2C・ポストパーチェスCEMサー
ビス』提供開始


●5位 TGCと環境省がリアルとメタバースの両空間でコラボ 脱炭素社会実現に向
けてお互いの活動を発信


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』を試し読み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ECzine編集部では、2017年6月から
季節に一度の紙の雑誌『季刊ECzine』を刊行しています。

最新号の特集はこちらです。

●季刊ECzine 第19号
『Accelerate OMO
~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~』


なお、過去18冊分の記事をウェブに再掲載した「プレミアム記事」が
Amazon Payでもお読みいただけるようになりました。
よろしければお試しください。

●『季刊ECzine』掲載記事がウェブでも読める!ECzine Premium


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ecz?token=&utm_source=19170&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ecz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 ECzine編集部
(c)2013 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング