SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

単なる決済事業者ではなくマーケティングパートナーへ 開発者ツールリリースに見るPayPayの未来

 2020年7月29日に、自社ECサイトやアプリに「PayPay」を容易に導入できる開発者ツール「PayPay for Developers」を提供開始したPayPay株式会社。同ツールは、開発者への利便性提供のみならず、今後のPayPayの価値向上も目論んだ上で制作されているとのこと。同社が描く決済の未来や加盟店とのコミュニケーションについて、高木さん、柤野さん、Amitさんの3名に聞いた。

加盟店申込から導入後まで ポータル上で総合的にサポート

(写真左)PayPay株式会社 営業統括本部 オンライン営業本部 オンライン営業部 部長 高木寛人さん
(写真中央)PayPay株式会社 営業統括本部 営業戦略本部 ビジネスサポート部 サービスマネジメント リーダー 柤野太希さん
(写真右)PayPay株式会社 プロダクト本部 プロダクト部 Online リーダー Amit Bhasinさん

――まずは、お三方それぞれの役割をご説明ください。

高木 PayPayの営業部隊は大きくふたつに分かれているのですが、私はそのうちの片方、オンライン側を担当する部署の部長を務めています。

Amit 私はPayPayのプロダクト部で働いています。サービスローンチ前よりPayPayに携わっており、現在はオンラインプロダクトとPayPay for Developersのポータルを担当しています。

柤野 私は、実際に加盟店の方々や営業から挙げられた要望を基にサービスを改善し、開発を推進する業務を行っています。高木さんとAmitさんの間に入り、3者で連携しながらプロダクト作りを進めているイメージです。

――2020年7月29日にローンチされたPayPay for Developersについて、どのようなツールなのか教えてください。

柤野 PayPay for Developersは、PayPayのオンライン決済のデモやサンプルコードなどをインターネット上に公開している、主に開発者向けのツールです。開発者は、同ツールを用いてPayPayのオンライン決済を利用する際のUI・UXを確認したり、インテグレーションを進める流れやコードの書きかたを容易に入手したりといったことが可能になります。また、開発する上で生じたさまざまな問題に対するトラブルシューティングにも対応しているため、加盟店申込から実装、導入後まで総合的にサポートする場となっています。

――同ツールを制作した意図をお聞かせください。

Amit 導入のフローやカスタマージャーニーを可視化し、オンライン加盟店やECベンダーの負担・工数削減を行いたいと考え、制作を決めました。加盟店がPayPayを導入する際に必要なAPIやスペック、導入時のイメージなどを明示することで、なるべくシンプルに導入を行えるようにしています。

高木 これまでは、私たち営業部隊が加盟店からヒアリングを行い、Amitさんがいるプロダクトチームに接続し、コンサルテーションしてもらう……といった流れで導入手続きを進めてきましたが、今後はPayPay for Developersがこのフローを代替してくれます。ECサイトの規模にもよりますが、従来であれば営業交渉を始めてから平均3ヵ月~半年程度、規模の大きな案件だと導入まで1年ほどの年月を要していましたが、同ツールがあればインテグレーションのフローを大幅に短縮することが可能です。

――実際に、フローを短縮できている実感はありますか?

高木 大手の加盟店に関しては、これから徐々に移行する段階なので、実感できるのはこれからといったところですが、中小事業者の方々から寄せられた問い合わせに対する回答スピードの向上は、すでに実現できているのではないかと感じています。

 中小事業者のPayPay導入は、カート事業者のサービス経由での利用が大半を占めますが、一方で自社開発のニーズも少なからず存在はしていました。こうしたニーズに対し、これまではなかなか効率的なサポートができていない状況だったのも事実です。しかし、今後はPayPay for Developersが私たちの代わりにサポートを行ってくれます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
PayPayオンライン決済4種を徹底解説 自社にマッチした決済方法は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8258 2020/09/14 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング