記事種別

ECで製品を企画するときのポイントとは?製品そのものに求められるふたつの要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 今なお成長を続けるEC・通販業界。さまざまなノウハウやトピックが生み出されている反面、表面的な部分に振り回されている局面も散見されます。EC・通販事業者として、そのビジネスの「本質」が何であるのか。事業者としてユーザーにどのように価値を提供していくべきか。プランクトンR 執行役員 通販支援事業部長 川部 篤史氏が、あらゆる切り口からロジカルに解き明かしていきます。第3回は、ECで製品を企画するときのポイントと、製品そのものに求められるふたつの要素について述べていきます。

まずは自信をもって送り出せる製品の企画に注力せよ

 前回に引き続き、今回も製品にフォーカスをして進めていきたいと思います。第二回では、製品企画のフェイズの要諦とその重要性についてお話しましたが、その中で「企画する」ということを下記のように定義しました。

「マーケティング分析」をベースに、「アイデア」によって、「オリジナリティ」のある「有用な価値」を「カタチ/コトバとして表す」こと

 EC/通販においては、広告などによる表現情報を頼りに実物を確認する前に購入を決めるわけですから、製品の魅力や購買理由をカタチやコトバとしてロジカルに表しておくことは、広告・販促ツールで製品を魅力的に捉えてもらう際に重要になります。

 製品の”企画”をロジカルに表す際に有用な考え方を、以下に整理してみました。ベースとした理論は、私が製品プランナー時代に師事した、梅澤伸嘉氏の「消費者ニーズ理論」です。

その要点は、

  • 企画される製品は、常に何らかのニーズに応えるものであるべきであり、ニーズとは顧客のコトバとして「〇〇○したい」という形で表せるものであるということ
  • そのニーズを叶えるためには、オリジナリティのある手法でなされることが重要

というふたつです。

 オリジナリティある手法であるためには、[アイデア]か[シーズ]、もしくはその両方において、新しい提案であることが必要です。[アイデア]軸では、既存のスキーム、技術を組み合わせることによって、新たな可能性を見いだせること。[シーズ]軸では、技術革新により生み出された、新素材・新技術によって初めて具体化ができるようになった、ということです。

 新たな[アイデア][シーズ]によって、「〇〇したい」というニーズを叶えられる製品プランに仕上がると、その製品は「〇〇できる」=製品ベネフィットを持つ、オリジナリティのある製品となることができます。

 このようにフレームに沿ってコトバで定義していくと、「企画しようとしている製品プランは顧客にとって価値があるのか」、「競合と比べても価値があるのか」が客観的にチェックできます。少なくとも製品に自信を持って送り出せるようになります。もし、セルフチェックでそれが不足していると感じるのであれば、真摯に製品課題として取り組み、製品力を向上させることにまずは力を注いでください。

 書いてみるととても当たり前のことなのですが、本来は製品課題として解決すべき課題を、販促課題として何とか表現手法で間に合わせようとするケースが事業者サイドで散見されます。もしそういった場合は、応急処置として変化球的な応対方法を過去の連載記事で公開していますので、しっかりと製品課題として取り組んでください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:どこまでもロジカルに EC・通販事業の全貌を徹底究明

もっと読む

2016年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5