SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

運営堂がゆくEC業界対談

ShopifyありきのEC構築は失敗のもと!?  よくある失敗事例をコマースメディア井澤さんに聞く


 運営堂の森野さんが日々の情報収集で気になったことをインタビューしていきます。今回はコマースメディアの井澤さんにShopifyでの失敗事例についてお聞きしました。流行っているから、聞いたことがあるからといって構築してしまうと大失敗することもあるそうです。

Shopifyの知名度は上がったけれど…… 便利なものも使い手次第

森野(運営堂) ちょうど1年ぐらい前に、Shopifyの強みがどこにあるのかというインタビューをさせていただきました。その後、あっという間に広がってShopifyのニュースを見ない日もなくなりましたし、EC業界ではShopifyでの構築がどんどん増えています。しかし、広がったがゆえに、トラブルやうまくいかない事例も増えていますよね。今日はこのあたりのお聞きできればと思っています。

井澤(コマースメディア) 弊社がShopifyを使い始めたのは2016年ぐらいで、その当時はShopifyを知っている人が少なかったため、そもそもShopifyとは何かを教えることから始まっていました。当時と比較すると大きく変わりましたね。

コマースメディア株式会社 代表取締役/Shopifyエバンジェリスト 井澤孝宏さん
コマースメディア株式会社 代表取締役/Shopifyエバンジェリスト 井澤孝宏さん

森野 ここまで広がってくると、「よくわからないけれど、ShopifyでECサイトを作れば売れそうだから」というパターンが増えていそうです。「とりあえずShopifyでやりたい」といった問い合わせは増えていますか?

井澤 最近はShopifyありきの依頼が増えていますね。何となくよさそうだから、よく聞くからという理由が主なもので、弊社にいただくお問い合わせの7,8割はこれにあたります。

森野 7,8割とはかなり多いですね! この理由で作りたい人が増えているということは、制作会社さんはウハウハというか、とりあえず作ってしまえば売上が増えていきますよね。でも、これって……。

井澤 良くないですよね。ECサイトの構築は作る前の要件定義がとても重要だと思っていまして、リプレースの時はさらに重要というか、要件定義をしないとほぼ事故になります。

森野 ほぼ事故になるというのはわかりますね。前の仕組みと同じことができるわけでもないですし、外部の連携ツールや社内の基幹システムとつながるかもわからないので、その確認をしないと120%うまくいかない感じです。

井澤 リプレースの理由で一番多いのは、今のプラットフォームの機能に満足していないから良くしたいというものなんですが、何となくリプレースというのも増えてきています。有名な経済紙で取り上げられたというのもありますし、誰もが知っているような企業でのShopifyの成功事例を経営者が見て、Shopifyにしろとお達しを出すとかです。現場はそんな必要性は感じていないけれども、やらざるを得ないみたいな流れですね。

森野 よくあるというか、ありすぎるというか……。現場の人は本当に動きたくないでしょうね。

井澤 このプロジェクトだと成功確率はものすごく低いので、作る前に「失敗しますよ」とちゃんと説明すると9割がたのお客様でストップしますね。「ありがとうございます。私から社長に説明します」という流れです。ストップする明確な理由を提供するのも我々の仕事だと思っています。

森野 後になってみんなが困るのであれば、自社の利益よりも止めるほうが優先ですよね。これ以外で私の周りで多いのは、代理店がShopifyをすすめているけど、実は代理店もそこから発注される制作会社さんもあまり詳しくなくてトラブルになるパターンです。

井澤 代理店様から弊社にかかわってほしいという御要望は多いですね。Shopifyを導入するので一緒に提案してほしいというものです。同じくここでも「ちょっと待ってください」と。Shopifyが良いかどうかの判断はECの知見がないとできませんよね? ECに詳しくなくて、これが良さそうだからやっておけば良いんでしょうというのが本当に多くなっていると感じています。

森野 同じような流れで、「補助金が出るからそれでECをやりましょう。Shopifyにしましょう」というパターンも増えてきましたよね。

井澤 弊社にいただくお問い合わせの中でも10%ほどは補助金関連なのですが、目的と手段が反対になってしまっているのがほとんどです。数年前はIT補助金のベンダー登録はしていましたが、やってみたところ、補助金があるからECサイトを作りたいというものばかりでした。売上を上げたいとか、新しい事業に投資をしたいからシステム開発するとか、前向きなチャレンジに補助があるというのが本来あるべき姿なのですが……。補助がなかったらやらないのですか?と思ってしまいますよね。

森野 補助金が欲しくてECサイトを作りたいだけなのであれば、それで満足なのかもしれませんけど、何のためにやっているのかと考えたくなりますよね。

井澤 その続きもありまして、補助金で作ったECサイトが結局のところ売れないとか、ここの機能をもっとこうしたいという要望が、最初に作った企業様ではなくて弊社に来るといったのが増えましたね。

運営堂・森野誠之さん
運営堂 森野誠之さん

森野 う~ん、なんだかんだでECサイトを作ったらそこで売りたいんですね。であれば、最初からその目的で始めればいいものを……。それにしても、他の人がShopifyで作ったものを直すことはできるのでしょうか?

井澤 そこはこれまでの経験から、「こういうパターンでつくったよね」という傾向がわかるため対応は可能です。直すよりもテーマごと入れ替えてしまったほうが早いこともありますけどね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Shopifyアプリ、重要なものは情報のキャッチアップを!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
運営堂がゆくEC業界対談連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森野 誠之(モリノ セイジ)

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9301 2021/08/04 08:27

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング