SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

「検索同様、決済も世代で変わるかもしれない」PayPal新カントリーマネージャーに訊く「新しい決済」

変化するEC、ビジネス。FinTechの老舗・PayPalも変わる

――曽根さんがPayPalに入社した2013年から3年間、日本のECの変化をどのように見ていますか?

3つあると考えています。ひとつは「新しいビジネスモデルが増えてきた」こと。ふたつめが、そうしたビジネスの影響を受け、「大手企業も新しい付加価値を提供し始めている」こと。最後に、あらゆる企業が「自分のフィールドを超えて新しいことに挑戦し始めている」ことです。

まず、「新しいビジネスモデルが増えてきた」についてですが、メルカリさんを代表するCtoCのマーケットや、物販のECではないですがクラウドソーシングのような、従来と違う形で人と人をつなぐビジネスモデルがここ数年で急成長しているなと感じています。ECにフォーカスすると、BASEさんやSTORES.jpのような、誰でも簡単にEコマースを始められるビジネスが急成長していて、「国民総EC販売者」が可能になるような環境になってきています。

次の「大手企業も新しい付加価値を提供し始めている」「自分のフィールドを超えて新しいことに挑戦し始めている」については、2013年のYahoo!ショッピングの無料化に始まり、楽天さんもフリマアプリ「ラクマ」や、新しいポイントアップキャンペーンを始めたりしていますよね。Amazonさんも、ID決済の「Amazonログイン&ペイメント」を始めるなど、自社のこれまでのビジネスの範疇を超えたところで、新しいビジネスを展開されていますよね。

こうした変化を促進する基盤として「モバイル」があると考えていますが、消費者側の利用形態の変化に下支えされながら、大手企業も変化して、新しい付加価値を提供し始めているのでしょう。

――Amazonログイン&ペイメントについては、ID決済という点でPayPalと競合するのではと思うのですが、どのようにお考えでしょうか。

ID決済自体がまだそれほど浸透していないので、競合ではなく一緒に盛り上げていければという考えです。どちらも採用されている事業者さんにお話を聞いても、「どちらかを導入したら済むわけではなく、両方あれば、どちらもそれぞれコンバージョンに貢献する」とおっしゃいます。違いとしてPayPalの場合は、販売者として得たお金を消費者として利用する際に、銀行口座に移したりせず、PayPalのアカウントに留めたまま行うことができます。これができるか否かは、法令的に適応されている業種の違いです。

Amazonログイン&ペイメントは、Amazonさんが自社のサイトで抱えているコンシューマーの基盤があるため、導入すると短期的な売上アップにつながるでしょう。PayPalは決済だけをやってきた老舗企業ですから、長期的な視点でお役に立てると思います。

――海外のユーザーには、どのように利用されているのでしょうか。

インバウンド観光客の決済には、旅前・旅中・旅後と3つのステージがあり、それぞれPayPalの活用シーンが異なります。旅前なら、宿泊施設の予約や移動機関の事前決済。旅中では、「座禅」や「日本料理を作ってみよう」といった、アクティビティの購入にご利用いただいています。旅後では、帰国後の越境ECがありますよね。

次のページ
PayPalを壊すかも?新たなサービスを買収し、発展を続ける

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3951 2017/01/11 10:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング