SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

「検索同様、決済も世代で変わるかもしれない」PayPal新カントリーマネージャーに訊く「新しい決済」

PayPalを壊すかも?新たなサービスを買収し、発展を続ける

――今後の成長戦略として、オムニチャネル、オフラインのほうへチャネルを増やしていく、という展望も出ていました。

そうですね。2020年には東京オリンピックも開催され、インバウンド観光客のさらなる増加が想定されます。消費者の利便性を考慮すると、日本の事業者側が抱える解決のために、PayPalができることはまだあると思います。オムニチャネル、オフラインのマーケットが賑やかになってきているのは肌で感じているので、PayPalが提供できる付加価値があると確信できるタイミングがきたら、そういったことも考えていきたいと思っています。

――海外ではすでに展開済み、日本ではまだ……というサービスについて、おもしろいものがあればご紹介ください。

いくつかあるのですが、3つ紹介します。まず「Braintree(ブレインツリー)」。「Stripe(ストライプ)」さんのような、簡単なAPIでつなげ、デバイスごと最適なUXでセキュアに決済できる、決済代行プロダクトです。

次に「Venmo(ベンモ)」。P2Pの送受金のプラットフォームで、わかりやすく日本のサービスに例えると「LINE Pay」のようなものです。PayPalでも、個人間送金サービスを提供していますが、Venmoはより若年層にフォーカスし、SNSやMessenger的な視点を加えています。「Xoom(ズーム)」は国際間送金サービスです。たとえば、アメリカからメキシコに送金する際に、従来よりも早く、簡易に送金ができます。

PayPalはそもそも、代引き、銀行振込、コンビニ支払いなどと並列する、決済手段のひとつです。消費者の方はいずれか都合の良いものを選択しますから、すべての決済をPayPalで占めることはできません。ほかの決済オプションも、PayPalを通じて取引を行っていけるようにしたいというのが、これらのサービスを傘下におさめた理由です。

――将来、今の若者が高額な買い物をするようになったときに、私たちが知っている決済手段がピンとこないということもあるんでしょうね。

だんだん、そういうふうになっていくかもしれないですね。私たちの世代は、何か調べようと思ったらGoogleで検索しますが、日本の若者はTwitterやInstagramで検索すると言われていますよね。「Venmo」の場合も、アメリカの若者の間では「Venmoする」というと、送金することを意味するように、ある行動を表す単語にもなってきているほどです。行動が、ジェネレーションによって変わってきている。決済のマーケットも、違うニーズや手段で、今後発展していく可能性が十分にあると考えています。

PayPalは、自らを自らがディストラクト、破壊する。それを進めていこうと考えている会社です。決済手段として並んでいる、PayPalボタンを破壊する可能性のあるBraintreeを買収したのは、自らPayPalボタンを壊していこうという意思表示です。決済、マーケットが変わっていくのをウォッチし、既存のサービスで対応できないのであれば壊し、新しいものをやっていく。これからもそれが続いていくと思います。

――ありがとうございました。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3951 2017/01/11 10:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング