SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzine Day 2022 Winter レポート(AD)

マーケティングにも効果的なAmazon Pay活用 BASE FOODなど成果につなげた好事例を紹介

スムーズな会員・メルマガ登録導線を作り、新規顧客獲得にも貢献

 Amazon Payは、EC事業者の課題解決にも貢献する。井野川氏は、販売事業者へのメリットとして「新規顧客の獲得」「コンバージョンレートの改善」「不正取引対策」の3点を挙げた。その上で井野川氏は新規顧客の獲得について、フューチャーショップ、ecbeing、アイピーロジックの3社による調査データを見せながら、次のように語る。

「ECサイトに新規来訪したお客様が会員登録プロセスに進まずゲスト購入する際、Amazon Payを決済手段に選ぶ割合は40~50%にのぼっています。また、Amazon Payで決済した後に会員登録に至った割合は60~80%です」(井野川氏)

クリックすると拡大します

 さらに井野川氏は、Amazon Pay導入・未導入店舗を100店舗ずつ抜粋し、新規会員登録数増加率を比較したデータを提示し、「65%もの差が現れた」と解説。Amazon Payが新規会員獲得の大きな後押しとなることを示した。

クリックすると拡大します

「また、Amazon Payは会員登録だけでなく、メルマガ購読促進にも貢献します。導入事業者様の多くは、決済時に会員登録とメルマガ購読の両方が完了するようチェックマークを設けていますが、これをわざわざ外すお客様は全体の1~2割程度と非常に少なくなっています。Amazon Payで決済し、購入完了と同時にそのまま会員登録、メルマガ購読をしていただけるケースがほとんどと言えるでしょう」(井野川氏)

次のページ
導入前後でコンバージョンレートが2.5倍以上増加 Amazon Pay活用事例を紹介

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2022 Winter レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

景山 真理(カゲヤマ マリ)

フリーランスのライター。EC店舗、タウン情報誌制作会社、マーケティング支援企業などへの勤務経験を経て、ウェブメディアや雑誌をはじめとする紙媒体のライティングの仕事をしています。専門領域はデジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、ECのセールスメルマガ、仕事・働きかた、デジタルトランスフォーメーションです。 ウェブ●Mari Kageyama Writing Works

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12166 2023/01/13 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング