SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

売上成長に効く! ECサイトのプチ改修

客単価アップをプチ改修で実現 アップセル・クロスセルの鉄板施策と効果につながるECサイトの条件を伝授

 EC運営をする中で、「なかなか成果が伸びない」「思うように売上が上がらない」とお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。ECで成果を上げるために重要なポイントのひとつに「プチ改修」があります。今回はGMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部に所属する今西さんが、プチ改修で客単価アップを図る秘訣をご紹介します。

ECサイトにおける「客単価」を考える

 今回は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部 イノベーション戦略部 集客支援グループに所属する今西が、当社が携わってきたECサイト成長支援プロジェクトの一部をお見せしながら、「プチ改修」の重要性をご紹介いたします。

 前回は、ECサイトの訪問者を「新規ユーザー」と「リピーター」に分け、Googleアナリティクス(以下、GA)でセグメントごとにデータを比較。一般的には数が多いものの、リピーターよりもCVR(Conversion Rate:購入率)が低くなりがちな新規ユーザーに向けた施策と効果検証の方法をご紹介しました。

 今回は、ECサイトを運用する上で重要な指標のひとつである「客単価」に焦点を当てます。客単価とはいったいどういった指標なのか、どのようにして客単価アップを目指していくのか、具体例を挙げながら説明していきます。

 客単価とは、ECサイトの購入ユーザーひとりあたりの平均購入金額を指します。客単価という単語自体は、ECサイトだけでなく実店舗などでも使用されていますが、一般的な計算式は次のとおりとなります。

客単価(平均購入金額)=売上金額の合計÷購入ユーザー数

 客単価は、ECサイト運用時にたいへん重要な指標のひとつとなっています。なぜなら、客単価の向上は、売上の向上に直接的につながるからです。通常多くのECサイトでKGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)としている売上は、次の計算式によって算出されます。

売上=セッション数×CVR×客単価(平均購入金額)

 客単価に関しては、ECサイトで取り扱う商品そのものの平均単価や特性に大きく依拠します。そのため、客単価を上げるのはCVRやセッション数の向上よりも難易度が高いことだと言えるでしょう。

 たとえば、Tシャツを販売するECサイトがあったとします。同サイトで施策を行い、顧客ひとりあたりの平均購入枚数を1枚から2~3枚に増やすことは可能かもしれませんが、全顧客が一度に10枚購入してくれる状況を生み出すのはかなり困難です。また、急に客単価を2倍にする、あるいは客単価を上げ続けることも至難の業と言えます。

 しかし客単価の変化がわずかであったとしても、セッション数やCVRの値によっては、全体の売上に大きなインパクトを与える可能性があります。そのため、客単価が注視して追うべき指標であることは間違いありません。

 なお、客単価はGAでも次の手順で知ることが可能です。

コンバージョン>eコマース>概要

 概要ページの「平均注文額」という項目に、任意の期間の客単価が表示されます。

クリックすると拡大します

 前回の記事でもお伝えしたように、GAのデータはセグメントを適用することで任意のユーザーに絞った客単価を調べることも可能です。たとえば、客単価は新規ユーザーとリピーターで大きく差が出ることもあるので、ユーザー区分別に把握しておくことをお勧めします。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
客単価向上に寄与するクロスセルとアップセル ECでできる施策とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
売上成長に効く! ECサイトのプチ改修連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部 今西もえ(イマニシ モエ)

前職にて、自社ECサイトの立ち上げから企画運営までを経験。これまでの経験から、運営側とユーザー側の両軸でECサイトを分析し、改善に繋げていくことを得意とする。上級ウェブ解析士資格保持者

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11875 2022/11/09 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング