SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.18特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手~」

顧客の声が事業展開のヒントに ワークウェアにも機能性を ミズノが作業着にもたらす変革とは

 立ち上げから右肩上がりで成長する新規事業。部署を越えた連携でシナジーを創出。 ※本記事は、2021年9月24日刊行の『季刊ECzine vol.18』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 日本発の総合スポーツメーカーとしてグローバル展開を行い、強力なブランド力を誇るミズノ株式会社。競技スポーツ事業で培った強みや知見を活かし、トレーニングウェアやライフスタイルウェアの開発・製造・販売、スポーツ施設の運営やスクールビジネス展開など、幅広く事業を行っている。そんな同社が2016年度より本格展開を始めたワークビジネス事業は右肩上がりの成長を続け、2019年度には事業部化。ミズノのビジネスの新たな柱として、コロナ禍でも最前線で働く建設・運輸業、医療・介護、製造業向けの制服・ユニフォームやシューズを提供している。顧客の声を踏まえながら着実にビジネスとして形にすることができた経緯や、新ビジネスから得た新たな気づき、デジタル・ECの活用と未来への展望について、同社ワークビジネス事業部 次長の香山信哉さんに聞いた。

ミズノ株式会社 ワークビジネス事業部 次長 香山信哉さん

実業団ユニフォーム制作から広がったワークビジネス事業

 さまざまなスポーツ競技で、プロ・アマチュアを問わず多くの選手が愛用するミズノ製品。スポーツ用品のイメージが強い同社だが、既存事業の製品開発力を武器に2016年度からはワークビジネスにも進出。3年後の2019年4月には事業部に昇格し、社内においても世の中においても着実に頭角を現している。ミズノが同ビジネスを始めた経緯について、香山さんはこう説明する。

「実は、企業のスポーツチームや実業団向けウェアを担当する法人営業部宛に、『ユニフォームの素材を使って、社員が着用する制服をつくることはできないか』というご相談を度々いただいていました。最初にご依頼をいただいたのはスポーツチームのウェアを提供していた佐川急便で、もう30年以上前のことです。最初はこうした付き合いがあるお客様に対し個別対応を行っていたのですが、依頼が増えるにつれ『機能性の高いワークウェアは今後ますます需要が高くなるのでは』と確信しました。そこで、新たな時代の戦略的ドメインのひとつとして位置づけ、ワークビジネスに本格的に取り組むことになったのです」

 もともとスポーツウェアは選手のパフォーマンスを最大化させるため、動きやすさやフィット感、速乾性や通気性といった柔軟性・快適性が重視される。当然ながら、開発においてはさまざまな技術やノウハウが必要だ。「創業から110年以上かけて蓄積してきたノウハウを活かす場所はスポーツ以外にもあるはず」─そう考えながら歩みを進め、2年後の2018年2月にはワークビジネス商品のみのカタログ展開を開始。伸びゆく需要をとらえて事業部化すると同時に営業体制も強化され、開始当初は27.7億円であった売上が2020年度には68.9億円と、約2.5倍にまで成長している。

「toB向けのビジネスですから、いくら良い製品をつくっても企業との出会いを増やさなくては事業拡大にはつながりません。そこで、ワークビジネス事業部が発足すると同時に法人営業部の体制強化も行い、部員が約20人から80人へと増員されました。スポーツチーム・実業団のユニフォームを担当する社員が、事業母体である企業の制服・ユニフォームもご提案する。行政や教育施設に対しては、従来から付き合いがある外商部の社員がワークウェアも併せて提案しています。商品ラインナップの増加や世の中の需要の変化以上に、社内組織の枠組みを越えた団結が売上増という成果に結びついていると言えます」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
同じ「身体を動かす」でも求められる機能性の違い

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.18特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/9568 2021/10/07 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング