SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.11定点観測

手元にある素材で数作る 動画の内製化が本格化

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。H&Wのおふたりに、動画について聞きました。※本記事は、2019年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.11』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

手元にある素材で複数制作 短尺動画のニーズ増える

 コミュニケーション手段として動画の活用がますます浸透していった2019年。クライアントのニーズや制作実績から、この1年の動向を振り返ってもらった。

 「SNSでの活用が広がるにつれ、短尺動画の制作が増えてきました。以前はウェブ動画と言えばYouTubeの動画広告が中心で、60秒、短くても30秒程度の依頼がほとんどでした。しかし最近は、15秒の動画を10本くらい作りたいといった依頼が多くなってきています。テレビCMと違い、ウェブ動画に関してはダイレクトマーケティング的に活用することで、コンバージョンを高めていきたいとの要望です。予算をかけて1本を作り込むよりは、手元にある素材を活かして1本あたりは安価におさえて数を揃え、A/Bテストを回して効果の高いものを残す、というやりかたのクライアントが多くなってきています」

 動画というとすぐに撮影シーンが脳裏をよぎるが、こういった依頼ではその動画のために新たに撮影することは稀だと言う。それよりも、すでにあるLPやチラシの素材、商品写真のデータなどを利用し、スライドショーとアニメーションの間のような動画を作ることが多いそうだ。このやりかただと、一度構成を決めてしまえば動画の量産は難しくない。テロップの出しかたひとつ工夫するだけで、動画のクオリティを高めることもできると言う。

 ビジュアルに重きをおく商材であれば、Instagramを最優先して正方形サイズで動画を制作し、YouTubeやFacebookには流用する形をとることで、制作コストを下げ、できるだけ多くのメディアに展開することができる。「媒体ごとに動画広告の再生のされかたは異なります。制作コストを下げたいのであれば、メインとなるメディアをひとつ決めることは重要です。YouTubeは5秒の強制視聴があり、FacebookやInstagramはフィード上で再生されるため、スクロールされることが多い。こうした違いを含めて、YouTubeは5秒で言いたいことをしっかり詰め込もう、Facebookは流し見される可能性があるから3秒以内のビジュアルやコピーにして目に留まるようにしよう、といったことを制作前に意識するようにしています」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
あえて長尺の選択も YouTubeの巻き返し

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.11定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/7276 2020/01/09 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング