SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.06特集「Make Ambassador~愛されるブランドづくりに必要なこと~」

あなたのECのLTVが伸びない理由 「人として」顧客と向き合うのが アンバサダープログラム

 大手メーカーやブランド向けの印象がある『アンバサダープログラム』だが、 根底にある考えかたはECにとっても重要なものだった。※本記事は、2018年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.06』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

EC事業者に立ちはだかるアンバサダープログラム4つの壁

 アンバサダーを語るには、「インフルエンサー」と比較するとわかりやすい。ソーシャルメディアでフォロワーが多く、その投稿がフォロワーを中心に行動に影響を与え、ECで言えばモノが売れる人たちを「インフルエンサー」と呼んでいる。中国のECでは、KOLというインフルエンサーと組まずして、モノは売れないと言われるほどである。一方でインフルエンサー活用は、LTVの視点では疑問の声も上がるほか、やりかたを間違うと「ステマ」として炎上しかねないリスクもはらんでいる。

 一方の「アンバサダー」は、「ブランドについて積極的に関わり、発言・推奨する熱量の高いユーザー」である。彼らは、企業が100%コントロールできない存在だ。好意的な投稿はうれしいけれど、日々、数字に追われるEC担当者にとっては、時間を割きがたい存在かもしれない。しかし、インターネットやSNSが登場した時点から、企業が100%情報をコントロールすることは不可能になっている。「広告は無視される」と言われて久しい。日々運用している担当者は、以前ほどその効果が万能ではないと感じているはずだ。

 しかしながらそういった現実と向き合いながらも、日々の業務にSNSアカウントを活用した顧客とのコミュニケーションを組み込めるかというと、すぐには難しい。

 「アンバサダープログラム的なアプローチの特徴についてお話しする前に、まずマスマーケティングのアプローチから整理しておきましょう。通常マスマーケティングでよく使われるのが、認知から行動や購入まで、下に向かって狭くなっていく逆三角形のファネルです。ECにおけるダイレクトマーケティングの手法は、インターネットを活用しているものの、マスマーケティング的な考えかたで行われるのが通常ではないでしょうか。バナー広告を幅広い層に向けて出し、メルマガを大量に出して知らせ、最終的には数%が購入してくれればいいという考えかたが軸になっている企業は多いはず。そういった従来のマスマーケティング的なやりかたでやってきたところに、アンバサダープログラムを入れようとすると、大抵4つの壁が立ちはだかります」

アジャイルメディア・ ネットワーク株式会社 取締役 CMO ブロガー 徳力基彦さん

 ひとつは、アンバサダープログラムが「既存顧客」向けの取り組みであること。従来のマスマーケティング的ECの販促手法は、主に新規獲得を目的とした手法である。

「従来のマス手法は、できるだけ多くの見込み顧客に自分たちの製品を知ってもらおうとするので、大量の露出量や認知を取りにいく選択をすることになります。一方でアンバサダープログラムは、既存顧客が商品を利用して感動したことによってクチコミし、結果的に新規顧客を連れてきてくれるかもしれないけれど、投資先はあくまで既存顧客。言葉を選ばず言えば、『釣った魚に餌をやる』活動なわけです。コミュニケーションする数のケタが圧倒的に違う。1,000万人を対象に広告を打っていた人に、『今日から1,000人のお客様と丁寧にコミュニケーションしてください』と言ったらどうでしょう。『それって意味あるの?』となりますよね」

 ふたつめが、アンバサダープログラムが「アーンドメディア」で行う活動であること。

「ECでは、露出に対する売上の確率がある程度見えているはずです。ですから、お金を払えば確実に露出できる広告のような『ペイドメディア』を活用するのは予測が容易で安全です。100万人に広告を表示したり1万クリックが欲しいとなれば、それで広告の投資金額も予想できるからです。一方のクチコミなどの『アーンドメディア』は予測が難しい。担当者の人にはリスクしかない施策だと思われてもしかたない」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
Instagram大ブーム!に見る プラットフォームの選びかた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.06特集「Make Ambassador~愛されるブランドづくりに必要なこと~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/6012 2019/09/11 17:46

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング