記事種別

EC事業者の悩みを解決! 新規顧客の獲得に活用できる「LINE広告」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/05/29 11:00

 自社サイトへの集客や新規顧客を獲得するためのデジタル広告において、「狙っているターゲット層にリーチができない」「新規顧客をより効率良く獲得したい」という悩みをよく耳にする。そうした悩みを解決する手段として注目を集めるのが、コミュニケーションアプリ「LINE」内やLINEのファミリーサービスに広告を出稿できる「LINE広告」だ。8,400万人(2020年3月末時点)のユーザー数を基盤とした「LINE広告」は、EC事業者の抱える課題に対してどのようにその価値を提供するのか。LINE株式会社の担当者に話を聞いた。

8,400万人にリーチ LINEに広告が出せる「LINE広告」

 デジタル広告で高い費用対効果を実現するには、自社製品・サービスのターゲット層と親和性の高い広告配信先を選び、精度の高いターゲティングを行う必要がある。

 そうした課題の解決策として注目を集めているのが「LINE広告」だ。LINE広告は、月間利用者数8,400万人を誇る「LINE」のアプリ内やLINEマンガなどのファミリーサービスに広告が出稿できるサービス。2019年11月からは、オンライン上でアカウント開設から広告出稿・支払いまでを簡単に行えるようになり、少額から運用が可能になったことから、EC事業者で出稿する企業が増加している。

※1:LINE調べ LINEアプリ月間アクティブユーザー(2020年3月末時点)
※2:MAUにおけるDAU=Daily Active User(1日に1回以上利用したユーザー)の割合(2020年3月末時点)
※3:LINEの国内月間アクティブユーザー 8,400万人÷日本の総人口1億2,631万人
(2019年2月1日時点(確定値)総務省系統局)

 実際、EC事業者はLINE広告をどのように活用することができるのか。LINE広告の特長や効果的な運用方法を、EC事業者からよく寄せられる悩みに答えるかたちで紹介する。

始めかたがわからない人へ LINE広告の特徴は?

[質問者] アパレルメーカーで広告運用を担当しているAさん
[回答者] LINE株式会社 大阪オフィス1チーム 泉谷晃佑さん

Aさん LINE広告の特徴と、どのようなユーザーにリーチできるのかを教えてください。

泉谷 LINE広告の特徴は、なんと言ってもLINEを基盤とした莫大なユーザー数です。月間利用者は8,400万人を誇り、他のSNSを利用せずLINEのみを利用しているユーザーは約40%にも上ります。若年層も多く利用していますが、年齢別で見ると、実は40歳以上のユーザーが全体の50%以上を占めています。他のSNSではリーチが困難と思われるユーザーにも届けることができる点が、LINE広告の大きな魅力です。

とくにLINEアプリの中でも、トークリストには多くのユーザーが訪れますが、トークリストの最上部にある広告枠「Smart Channel」へ広告出稿が可能になってからは、LINEを利用するほぼすべてのユーザーに対してリーチできるようになりました。

LINEユーザーのうち、利用しているSNSがLINEのみという人は40.6%。幅広い年齢層に利用されているため、LINE広告を活用することで、これまでリーチが難しかった属性のユーザーにも情報を届けることができる。
(マクロミル・インターネット調査:2020年1月実施/全国15~69歳のスマートフォンユーザーを対象 サンプル数2万)

Aさん 予算が限られているため、ターゲットを絞って広告を出稿したいです。LINE広告ではどのようなターゲティングができますか?

泉谷 LINEの有する豊富な属性データを活用したターゲティング機能があるため、限られた予算の中で最大限のパフォーマンスが発揮できます。たとえば、年齢や性別などの属性だけでなく、ユーザーの興味関心などでターゲティングを行うことが可能です。

年齢や性別、地域のほかユーザーの興味関心に合わせてターゲティングを行うことができる

Aさん 自社のキャンペーンや新商品を広く宣伝するために広告を活用することが多いのですが、LINE広告でおすすめの機能はありますか?

泉谷 LINEの属性データを活用した「類似配信」がおすすめです。類似配信では、既存顧客や過去の広告施策でコンバージョンに至ったユーザーに類似した属性を抽出し、施策の目的に応じて類似度を1~15%までの好きな数値で設定できるため、求めるターゲットユーザーを効率良く獲得できます。2020年2月には、広告主様が保有しているユーザーのメールアドレスをもとに、LINEユーザーに類似したオーディエンスの作成もできるようになるなど、さらに高精度なターゲティングが可能になりました。

また、2019年12月からは、LINE広告やLINE公式アカウントなどのLINEの法人サービス同士でデータの連携が行える「クロスターゲティング機能」をリリースしました(現在は、LINE公式アカウントやLINEポイントADで取得したデータをLINE広告に連携が可能)。データの相互利用を行うことで、ユーザーのリピート購入やクロスセルにつなげ、LTVの最大化を実現できます。

Aさん LINE広告を活用するには、どのような手続きが必要ですか?

泉谷 LINE広告は、申し込みから広告配信、支払いまでをオンラインで簡単に行うことができますので難しい手続きは必要ありません。まずは当社のポータルサイト『LINE for Business』を確認してみてください。

LINE広告を配信開始するまでのおおまかな流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2015年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5