SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

多彩なブランドを有するパルの「PAL CLOSET」を令和の商店街へ EC商品検索改善で実現を目指す

顧客インサイトを読み解き、ブランドを跨ぐ包括的な“つながり”を

 検索パフォーマンスの改善を進め、「PAL CLOSET」を進化させていくパルは今後、各ブランドが構築してきた顧客エンゲージメントを、パル全体のものに昇華。ブランドを跨いだ包括的な“つながり”を形成し、新たな顧客体験を提供することを目指している。堀田氏は「PAL CLOSET」のあるべき姿として、「令和の商店街」というイメージを持っていると話し、次のように続けた。

堀田(パル) コロナ禍を経て、お客様がデジタルに触れる機会が増えました。実店舗に来訪する前に、ウェブで事前情報を仕入れる方も多いでしょう。お客様が「PAL CLOSET」を訪れた際、パル全体のイメージを左右するプラットフォームとして最適なパフォーマンスを発揮し、実店舗を訪れるきっかけを提供することも同サイトが担う大きな役割のひとつです。

 こうした役割を果たすために、検索パフォーマンスをはじめとしたUI/UX改善を急いでいますが、一定のクオリティが担保されるようになってきた現在、改めて顧客エンゲージメントにフォーカスしました。お客様が求めているものを把握するために、「ZETA SEARCH」導入前にご提案いただいていた、検索を起点とした顧客インサイトの読み解きに着手するフェーズに入っています。

 「ZETA SEARCH」導入前に抱いていた将来構想が現実味を帯びてきたパルでは、次なる一手として顧客インサイトをもとにした商品企画やMD設計を強化していく。堀田氏はその施策の一環として、「ZETA SEARCH」のオプション機能である「ZETA Tag」の導入も検討していると言う。サイト内での顧客の行動データを取得し、ビッグデータで解析。検索パフォーマンスのさらなる改善および、顧客インサイトの獲得に貢献する同機能を活用することで、より深い顧客理解が可能となる。これもまた、堀田氏が描く「PAL CLOSET」を「令和の商店街」にするという構想につながっていく。

堀田(パル) リアルの商店街をイメージしていただくとわかりやすいのですが、商店街にはさまざまな商店が立ち並び、ふらっと訪れた方も気軽にそれぞれの商店を周遊。購買を楽しむことができるコミュニティーが形成されています。50以上のブランドを扱う「PAL CLOSET」では、各ブランドが個性ある“商店”でありながら、ひとつのコミュニティーとしてまとまっており、そこを目指して自然と人が集まってくるという構図が理想の姿です。まさに「令和の商店街」として、「立ち寄るとおもしろいものがある」という高揚感を提供しつつ、身近な存在としていつでも来訪していただけるような場所にしていきたいです。

出張(ZETA) EC・実店舗のクロスユースが一般化しつつある中、自社ECを介してさまざまなブランドを知ることは、結果として実店舗の客数増加にもつながります。実店舗には物理的な距離がありますが、自社EC上には距離がない。堀田氏が目指す「令和の商店街」構想は、オンラインとオフラインをつなぐ役割としても大きな意味を持つでしょう。

 リアルの商店街で「隣の店にはこんなものが売っている」という発見があるように、自社ECでもいかにスムーズに別の商品を見せることができるかが重要となりますが、ここに貢献するのが検索エンジンだと言えます。顧客インサイトに適した検索結果を表示することができれば、自社ECで見つけた商品を実店舗で確認。新たなお気に入りブランドができ、また自社ECで購買をするというサイクルが出来上がるはずです。このサイクルを実現するために「ZETA SEARCH」の機能を最大限に活用し、今後も新たな提案をし続けていきたいと考えています。

集合写真

▼ZETAが提供するECマーケティング・リテールDXを支援するソリューション「ZETA CX シリーズ」の資料は資料ダウンロードページよりダウンロードいただけます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 髙橋 希望(タカハシノゾム)

革靴販売に約7年間従事後、2021年よりECzineの編集者を務めています。コマースの現場で感じたことを活かしつつ、ECに関するさまざまな情報をお届けしていきます。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10075 2021/12/16 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング