SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.04 特集「2018年こそ! 本気の『LTV』 顧客体験から選び直す ECの仕組み」

本質的なLTV 向上のために
EC歴17年目のGDO ゴルフ好きでなければ描けないシナリオとは

 先進的なデジタル活用で知られるGDO。2013年から自動のシナリオメールを実現していた同社が、 LTV向上に向け2018年に取り組むのは。※本記事は、2018年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.04』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 ゴルフダイジェスト・オンライン(以下、GDO)は、2000年に設立。ゴルフ場予約サービス、メディアサービスから始まり、翌年にはゴルフ用品を販売するリテールビジネスを開始。ECの歴史は、17年目になろうとしている。これにゴルフレッスンの事業を加えた4つが、同社の主要なサービスである。すべてのサービスをあわせたGDO会員は、2018年1月時点で338万人を突破している。

 オンラインに特化した企業として、テクノロジーへの投資も積極的だ。新しいものが登場すれば、事例先としてGDOの名前が出てくるといっても過言ではない。注目のLINEやAI、自社アプリや中国のSNS「We Chat」の導入まで、幅広く発表されている。

 2017年6月には、サービスの相互利用、リピート利用を促進する狙いで、新会員制度「GDOヤードプログラム」を開始。ECやゴルフ場予約サービスに限らず、さまざまなGDOサービスの利用に対して「GDOヤード」という共通指標を付与。保有「GDOヤード」数に応じてブロンズからダイヤモンドまで5段階のグレードに分けられ、ハイグレード≒ロイヤリティの高い顧客がより優遇される制度となった。 

 オンラインに特化したGDOの、とくにECの分野において、今回のテーマであるLTVも含め、2018年はどのようなことに取り組むのか。同社の大友広貞さんに話を聞いた。

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン リテールビジネスユニット 販売企画部 販売促進チーム マネージャー 大友広貞さん
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン リテールビジネスユニット 販売企画部 販売促進チーム マネージャー 大友広貞さん

GDOのECは17年目へ 2013年からシナリオメールを自動化

 今回、取材に応じてくれた大友さんは、同社のEC部門であるリテールビジネスユニットで、販売促進チームのマネージャーを務める。自社ECサイトほか、外部ECモールの新規出店等を経験。2011年から、最近マーケティングオートメーションで注目されている、自動シナリオメールの構築に携わっていた。集客、販促ほか、今回のテーマと関連する、顧客育成にも関与する。大友さんはゴルフ好きが高じて、2008年に同社に入社、GDO歴は10年を数えることになる。

 「かつてはゴルフが好きだけれどECは素人という人たちが集まって、ゼロベースからやってきましたが、ここ数年は、ECに詳しい人がどんどん入ってきて、組織が大きくなってきました。私は、入社からずっと販促まわりのことをやらせてもらっています」

 GDOは、日本のオンラインビジネスの先頭を走る企業のひとつである。そこで10年間、ECを見てきた経験から見た、時代の変遷を聞いてみた。

 「ゴルフ用品のEC化率はほかのジャンルの商品に比べて高くなっています。一方でゴルフ用品は、購入する前に実際に触って試してみたいというお客様が多いので、オンラインに特化してビジネスをやっている我々にとってそれは、10年経った今でも変わらない課題です」

 ECに限らず、GDOのメインユーザーは40、50代のゴルフ愛好者。ウェブに掲載するコンテンツも、玄人向けのものが好評だと言う。

 「サイトのUIも、大きな文字、大きな画像が好まれます。スマートフォンからのアクセスは増えているものの、購入はまだまだPCの割合が多いです」

 もちろん、新規顧客の獲得にも積極的だ。とくに、話題のLINE活用については、EC単体で見ると、ほかの施策ほど規模の拡大に貢献してはいないそうだが、LINE IDを使ってサービスにログインできるLINEログインや、LINEの運用型広告である、LINE Ads Platformも活用。当然、そこからECに流れてくるユーザーもいるだろう。

 「LINE経由のお客様は、当社のメインユーザーの方たちよりは、若い世代の方が多く、従来のメールマガジンとは、異なる商品に反響があります」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
強制的なサービス併用より ゴルフに熱中してもらうこと

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.04 特集「2018年こそ! 本気の『LTV』 顧客体験から選び直す ECの仕組み」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5520 2019/09/11 17:21

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング