記事種別

本質的なLTV 向上のために
EC歴17年目のGDO ゴルフ好きでなければ描けないシナリオとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/04/11 08:00

 先進的なデジタル活用で知られるGDO。2013年から自動のシナリオメールを実現していた同社が、 LTV向上に向け2018年に取り組むのは。※本記事は、2018年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.04』に掲載したものです。

 ゴルフダイジェスト・オンライン(以下、GDO)は、2000年に設立。ゴルフ場予約サービス、メディアサービスから始まり、翌年にはゴルフ用品を販売するリテールビジネスを開始。ECの歴史は、17年目になろうとしている。これにゴルフレッスンの事業を加えた4つが、同社の主要なサービスである。すべてのサービスをあわせたGDO会員は、2018年1月時点で338万人を突破している。

 オンラインに特化した企業として、テクノロジーへの投資も積極的だ。新しいものが登場すれば、事例先としてGDOの名前が出てくるといっても過言ではない。注目のLINEやAI、自社アプリや中国のSNS「We Chat」の導入まで、幅広く発表されている。

 2017年6月には、サービスの相互利用、リピート利用を促進する狙いで、新会員制度「GDOヤードプログラム」を開始。ECやゴルフ場予約サービスに限らず、さまざまなGDOサービスの利用に対して「GDOヤード」という共通指標を付与。保有「GDOヤード」数に応じてブロンズからダイヤモンドまで5段階のグレードに分けられ、ハイグレード≒ロイヤリティの高い顧客がより優遇される制度となった。 

 オンラインに特化したGDOの、とくにECの分野において、今回のテーマであるLTVも含め、2018年はどのようなことに取り組むのか。同社の大友広貞さんに話を聞いた。

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン リテールビジネスユニット 販売企画部 販売促進チーム マネージャー 大友広貞さん
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン リテールビジネスユニット 販売企画部 販売促進チーム マネージャー 大友広貞さん

GDOのECは17年目へ 2013年からシナリオメールを自動化

 今回、取材に応じてくれた大友さんは、同社のEC部門であるリテールビジネスユニットで、販売促進チームのマネージャーを務める。自社ECサイトほか、外部ECモールの新規出店等を経験。2011年から、最近マーケティングオートメーションで注目されている、自動シナリオメールの構築に携わっていた。集客、販促ほか、今回のテーマと関連する、顧客育成にも関与する。大友さんはゴルフ好きが高じて、2008年に同社に入社、GDO歴は10年を数えることになる。

 「かつてはゴルフが好きだけれどECは素人という人たちが集まって、ゼロベースからやってきましたが、ここ数年は、ECに詳しい人がどんどん入ってきて、組織が大きくなってきました。私は、入社からずっと販促まわりのことをやらせてもらっています」

 GDOは、日本のオンラインビジネスの先頭を走る企業のひとつである。そこで10年間、ECを見てきた経験から見た、時代の変遷を聞いてみた。

 「ゴルフ用品のEC化率はほかのジャンルの商品に比べて高くなっています。一方でゴルフ用品は、購入する前に実際に触って試してみたいというお客様が多いので、オンラインに特化してビジネスをやっている我々にとってそれは、10年経った今でも変わらない課題です」

 ECに限らず、GDOのメインユーザーは40、50代のゴルフ愛好者。ウェブに掲載するコンテンツも、玄人向けのものが好評だと言う。

 「サイトのUIも、大きな文字、大きな画像が好まれます。スマートフォンからのアクセスは増えているものの、購入はまだまだPCの割合が多いです」

 もちろん、新規顧客の獲得にも積極的だ。とくに、話題のLINE活用については、EC単体で見ると、ほかの施策ほど規模の拡大に貢献してはいないそうだが、LINE IDを使ってサービスにログインできるLINEログインや、LINEの運用型広告である、LINE Ads Platformも活用。当然、そこからECに流れてくるユーザーもいるだろう。

 「LINE経由のお客様は、当社のメインユーザーの方たちよりは、若い世代の方が多く、従来のメールマガジンとは、異なる商品に反響があります」

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみ閲覧いただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きを閲覧いただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.04 特集「2018年こそ! 本気の『LTV』 顧客体験から選び直す ECの仕組み」

2015年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5