SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

中小企業のキャッシュレス決済導入は6割で昨年末から横ばい 手数料やコストが課題に/エキテン総研調査

 デザインワン・ジャパンが運営する中小事業者の調査・研究開発部門「エキテン総研」は、全国の店舗関係者に対して「中小事業者におけるキャッシュレス決済導入実態調査・第三弾」を実施した。同調査は2019年7月、12月におこなったキャッシュレス決済導入実態調査の追加調査で、9月に開始されるマイナポイント事業を前に、中小事業者においてキャッシュレス決済の運用実態を調査したものとなる。

 同調査結果の詳細は、次のとおり。

キャッシュレス決済を導入している店舗

コロナ感染防止策として一定の評価 一方、現金化までのタイムラグがデメリットに

 キャッシュレス決済を導入して良かった点として、「新型コロナウイルスの感染防止策となった」と半数近くの店舗が回答。新型コロナウイルスは付着したものに触れても感染するといわれているため、現金のやり取りではなく非接触型決済の利用が感染防止策として多くの店舗から一定の評価を得ていることがわかる。

 政府が発表した「新しい生活様式」の中にも、「キャッシュレス決済を利用」という項目が記載されており、withコロナのニューノーマルとしてキャッシュレス決済の定着がうかがえる。

 一方、キャッシュレス決済を導入して悪かった点として、「売上が現金化するまでのタイムラグが発生した」と回答した店舗が半数以上となった。

 QRコード決済は、売上金の入金サイクルが決済ブランドにより異なり、タイムラグにデメリットを感じている店舗が多くいることがわかった。

6割以上が導入も利用歓迎は半数以下 手数料などでの収入減が懸念点に

 中小事業者においては、6割以上の店舗がキャッシュレス決済を導入しているにも関わらず、そのうち利用を歓迎しているのは半数に満たない。

 消費者のキャッシュレス決済利用を「歓迎する」と回答した店舗は、導入して感じているメリットと同じように、「新型コロナウイルスの感染防止策になるから」と回答した店舗が多数となった。

 前回の調査では、「キャッシュレス事業者によるキャンペーンでの集客増」・「キャッシュレス・ポイント還元事業による利用客増」などを期待してキャッシュレス決済を導入している店舗が半数近くにのぼったが、今回の調査では、マイナポイント事業が始まることを理由にキャッシュレス決済利用を歓迎すると回答した店舗は1割程度にとどまった。

 キャッシュレス決済を導入しているにも関わらず、消費者のキャッシュレス決済利用を歓迎しない、もしくはどちらともいえないと回答した店舗は、8割以上の店舗が「手数料などで利益が減ってしまうから」と回答した。

 キャッシュレス決済導入拡大のために各社条件付きで手数料無料キャンペーンなどを実施して導入店舗を増やしたが、すでに手数料がかかるようになってきている決済ブランドも。

 消費者の利便性が向上やコロナ対策となることはメリットとなるが、売上規模の小さな中小事業者においては、売上金に対して手数料がかかるのは大きなデメリットになると推察される。

キャッシュレス決済を導入していない店舗

一定程度は前向きな意向示すも半数以上が今後も導入予定なし

 キャッシュレス決済を導入していない店舗に対して今後の導入意向を聞いたところ、「導入する気はない」が55.9%という結果に。一方、40%は導入について一定程度、前向きな意向を示している。

 「一度は導入したが、やめた」と回答した店舗が4.2%となり、前回の調査からは1ポイント増えた。

導入の障壁「加盟店手数料」「導入コスト」「運用コスト」で前回と変わらず

 キャッシュレス決済導入の障壁としては、「加盟店手数料」「導入コスト」「運用コスト(端末)」が多数を占め、前回調査と同じ結果となった。

一度は導入するもやめた理由「加盟店手数料の負担」「思ったほど集客につながらない」

 キャッシュレス決済を一度は導入したがやめたと回答した店舗に理由を聞くと、「加盟店手数料の負担が大きかったから」「思ったよりも集客につながらなかったから」と回答した店舗が多数となりました。

フリーコメント

 各設問のフリーコメントの一部を抜粋。前回調査のフリーコメントと比較すると、「お客様の利便性が向上した」という内容のコメントをする店舗が多い一方、「還元事業やキャンペーンが終了し手数料で利益を圧迫している」という内容のコメントも多くなった。

  • キャッシュレス決済は海外の方を中心に利用される方が多い。国内の方もコロナ後は利用される方が増えた。(静岡県/美術館)
  • 新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で作品のネット売り上げが増えた。(三重県/フラワーアレンジメント教室)
  • 消費者には嬉しいかもしれないですが、経営者にとっては手数料がもったいない。経理も面倒になった。(宮城県/整体院)
  • 新規客がお店選びをする際に、まずキャッシュレス導入店かどうかで選別しているように感じている。(群馬県/理容室)
  • 今後、手数料がかかるようになったら、取り扱いの中止を考える。(和歌山県/整体院)
  • 手数料を引かれるので実質売上減少につながった。(鹿児島県/パソコンショップ)
  • 各決済事業者で色々なキャンペーンを打ち出しています。お得なキャンペーンの話題でお客様と会話も弾みますし、喜んでくださるので良かったと思います。(福島県/理容室)
調査概要
  • 調査名:中小事業者におけるキャッシュレス決済導入の実態調査・第三弾
  • 対象者:店舗の口コミ・ランキングサイト「エキテン」に掲載中の全国の店舗経営者および集客・販促担当者
  • 回答数:3,175
  • 調査時期:2020年8月7日~2020年8月11日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査機関:エキテン総研(株式会社デザインワン・ジャパン)
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8237 2020/08/28 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング