SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2021 Autumn レポート(PR)

集中せずに行える消費行動「タグる」 顧客の需要からECサイトの鮮度と価値を保つビジュアル活用を考える

 これまでのECサイトは、商品画像と説明文を工夫しながらいかにUIを工夫し、スムーズに買い物かごに入れ、決済していただくかが鍵を握っていた。しかし、生活様式の変化により顧客の購入スタイルにも変化が生じる中では、よりわかりやすい新たな訴求方法が求められている。2021年9月3日開催の「ECzine Day 2021 Autumn」にて、株式会社visumo 取締役の井上純氏が「ワークマン、シップス、加茂商事が進めるECサイトの新しいビジュアルコンテンツ活用~アフターコロナを見据えたデジタル接客強化術を最新事例で紹介~」をテーマにセッションを実施。ECサイトにおけるビジュアル訴求の重要性や活用事例を紹介した。

多様化するビジュアル活用の鍵は「タグる」という感覚の理解から

株式会社visumo 取締役 井上純氏

 井上氏はセッション冒頭で、開口一番このように語った。

「Googleによれば、ネットショッピングをする人の50%が、『意思決定にビジュアルが役立つ』と答えています」(井上氏)

 こうした結果を踏まえ、すでにGoogleでは検索におけるビジュアル訴求を重視している。たとえば『NIKE スニーカー』と検索すると、検索結果一覧にはさまざまな商品の写真とともに、商品名や商品を掲載しているECサイトのリンクが出現する。「ショッピング」「画像」タブにおいては、テキスト情報よりも画像情報が大半を占めている状況だ。

「ひと昔前はテキストベースの検索結果が主流でした。しかし、今は画像がメインとなっています。当社のクライアント各社と話をしていても、今はビジュアルを重要視する事業者が大半です」(井上氏)

 もちろんGoogleも事業者側も利用者のニーズに合わせて対応した結果、このような変化が生じていると言えるが、この動きは検索の代名詞とも言える「ググる」という言葉をもはや過去のものへと押しやっている。井上氏も「今は『ググる』だけではなく、『タグる』という消費者行動は想像以上に普遍的になっている」と説明する。

 「タグる」とは、「ハッシュタグ(#)で検索する」と「手繰る」の意味合いを持ち、InstagramなどのSNSでもの・ことを探す際に用いられる検索手法だ。直感的なビジュアルをきっかけに情報を深掘りする行動は、いまや通勤時間や仕事の合間、余暇の時間などいつ何時も欠かさず所持するスマートフォンで行われている。

「文字を読むのは、集中力を使います。生活の合間で行う『タグる』は、集中せずとも行える消費行動です。事業者は、直感的に得ることができる情報にフォーカスを当てる必要があるでしょう。ただし、決してテキストが不要になったわけではありません」(井上氏)

 「タグる」行動が浸透した背景には、情報のリアルタイム性も関係している。「ググる」という行動により得た情報はSEOによる結果であり、そこに最新の情報が掲載されているとは限らない。対する「タグる」ことで得た情報は、SNSの利用者が投稿した鮮度高いものと言え、最新の情報をより素早く見つけることができる。こうした利便性により、10代・20代といった若年層だけではなく、30代・40代・50代にも「タグる」行動が浸透しつつあると言える。

「『タグる』という行動は、いわばウィンドウショッピングをしている状態です。そこから購入検討の段階に入った際には、スペック・レビュー・ショッピングガイドを読むといった行動を起こすため、文字情報は欠かせません。しかし、そこに至るまでに直感的な情報、つまりビジュアルを届ける必要があるのです」(井上氏)

ECサイトのコンテンツ充実を叶えたい方は必見!

 Instagram連携ツール/UGCマーケ、スタッフ投稿、動画コマースなどのEC施策が月5万円から。Instagramへ投稿された写真や動画をEC/ウェブサイトに活用し、売上アップにつなげるツールです。本記事でご興味を持たれた方はvisumoホームページからお問い合わせください。

次のページ
10の文章より真実味と価値あるひとつの画を ワークマンのビジュアル活用

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2021 Autumn レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥野 大児(オクノ ダイジ)

1971年生まれのライター・ブロガー。20年ほど企業内でデータベースエンジニアや社内SEを経験してからフリーに。 執筆ジャンルは、IT・ガジェット・歴史・ドラマ・グルメ・将棋・旅など。ブロガーを活用したPR施策も受け付けています。●Blog:https://www.odaiji.com/blog/ Tw...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9638 2021/10/01 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング