記事種別

人材不足はマネジメント層の経験不足? 理想のデジタルチーム育成と、適切な評価とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/04/07 09:00

 慢性的な人材不足が叫ばれる昨今、EC業界もその例外ではない。むしろテクノロジーやスキルといった測定が難しい指標の存在により、優秀な人材の確保および正当な評価がより難しいと言えるかもしれない。ECzine Day 2017 Springでは、この課題に問題意識を抱える株式会社フラクタ 代表取締役 河野貴伸氏、およびオイシックス株式会社 執行役員 奥谷孝司氏をゲストに迎え、ECzine編集長 倭田をモデレーターとして議論が行われた。

EC業界にはびこる慢性的な人材不足。原因は評価方法の誤りか

 国内、海外を問わずECの市場は拡大を続けるが、一方で慢性的な人材不足は続いている。多くの企業が、「優秀なエンジニアやデザイナーが足りない」と嘆き、その採用に頭を悩ませているのだ。

 2017年3月17日に開催された「ECzine Day 2017 Spring」では、「適正な人材が採用できないのは、適正な評価がなされていないからではないか」と投げかける、株式会社フラクタ 代表取締役 河野貴伸氏、およびオイシックス株式会社 執行役員 奥谷孝司氏の両名が登壇。「ECの枠組みを超えた、デジタルチームの育成と評価のあるべき姿」と題し、ECzine編集長 倭田をモデレーターとして、それぞれの考え方について語った。

 口火を切ったのは、今回のセッションを提案した河野氏。EC、およびIT業界が広く直面している人材不足の現状を明かした。

オイシックス執行役員の奥谷孝司氏(左)、フラクタ代表取締役の河野貴伸氏
オイシックス執行役員の奥谷孝司氏(左)、フラクタ代表取締役の河野貴伸氏

河野(フラクタ):当社はさまざまなEC企業様のお手伝いをしておりますが、とにかくみなさん「人材不足」に喘いでいます。これは実は、ただ採用が難しいという問題に留まりません。裏には、マネジメント層が現場スタッフを正当に評価できてない、満足度を高められていないという現状があります。業態はデジタルでも、動かしているのは人間。評価する側、される側は、実際どのような課題を抱えているのかについてお話しいたします。

スーパーマンを求めすぎ。それぞれの業種への理解が進んでいない

 すべての企業が優秀な人材を確保したいと考えている。しかしその多くが、採用がうまくいっていないと感じているのも事実だ。河野氏はこれに対し、採用側が多くを求めすぎているのではないかと指摘する。

河野:みなさん、エンジニアやデザイナーが不足しているとおっしゃるのですが、お話を伺うかぎり、根本的に求めている人物像を間違えているのでは、と感じます。具体的には、求めるレベルが高過ぎるのです。一般的な区分と、マネジメント層が求めている領域は非常に乖離しており、スーパーマンを求めすぎているように思います。

IT技術者の一般的な区分とニーズのギャップ
IT技術者の一般的な区分とニーズのギャップ

 しかし日本人の性なのか、頑張ってしまう人がいる。心当たりがある方もいるでしょうが、1人や2人ですべて回してしまっている現場が結構あります。EC、デジタルの世界はこういったスーパーマンが基準にされてしまうことが多いのですが、それではチーム全体が疲弊するんですよね。

奥谷(オイシックス):おっしゃる通りで、デジタル業界は業種の細分化が日に日に進んでおり、それぞれのプロフェッショナルが分業する時代です。「UXデザイナーって実際何するの?」を正確に理解している人はあまり多くない。採用する側も面接で何を聞けばいいかわからないから、採用後に「思っていた人材と違う」といった事態が起こるのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECzine Day 2017 Spring レポート

2017年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5