SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

運営堂がゆくEC業界対談

お客様に話しかける最適なタイミングも導き出す 実店舗分析ツール「RetailNext」インタビュー


 運営堂の森野さんが日々の情報収集で気になったことをインタビューしていきます。今回は、実店舗分析ツールを提供する、RetailNextの前田さんにサービスの詳細と店舗分析の最先端をお聞きします。

実店舗もEコマースのように分析できる!RetailNextインタビュー

 店舗分析の第2弾は、海外で300社以上の導入実績を誇るRetailNextさんです。3Dカメラを用いて属性分析もできる、高性能ツールの詳細をお聞きしました。

写真左がRetailNextの前田さん。写真右が筆者・森野さん

森野(運営堂) RetailNextさんの店舗分析のツールはいったい何ができるのか、まずはそのあたりのことをお教えください。

前田(RetailNext) ひとことで申しますと、Eコマースの分析手法を実店舗に適用することを目的としたソリューションです。たとえば、Eコマースであれば1日にどれだけの人数がページに訪れ、どのページをどの程度の時間をかけて閲覧し、何を買った・買わなかったといったデータを正確にとったうえで、改善していくと思います。しかし、実店舗に関しては、売上やお客様の満足度を上げたいと思っても、何をするべきかを測る指標が比較的少ないと思います。そこにフォーカスを当てたのが当社のソリューションです。

具体的には、センサーあるいはカメラを設置し、お客様が1日にどれくらい来店したかというデータを取ります。販売員などのスタッフデータを区別するテクノロジーも採用(※)しているため、純粋な「お客様の入店数」を取得することができます。そこからPOSデータと紐づけ、入ってきたお客様の何%が購入に至ったかというコンバージョンを出します。ヒートマップのように、どのゾーンによくお客様が来られ、どのゾーンがデッドスペースになっているかといったような情報収集も行えます。

※スタッフの行動に関するデータは別途取得可能

森野(運営堂) 入店数に加え、性別や年齢といった属性のデータも取れるということですね。お客様とスタッフを判別できる機能は、接客の改善に効果を発揮しそうです。新規/リピートといったこともわかるのでしょうか。

前田(RetailNext) そうですね。入店数は絶対値、新規・リピーターは割合値です。

森野(運営堂) データの反映は、リアルタイムなのか何時間後なのか、どれくらいのスパンになるのでしょう。

前田(RetailNext) ほぼリアルタイムです。時間別に入店数を確認し、入店率が低めのところにヘルプを出そうといった施策も行えます。 

森野(運営堂) カメラを設置しないといけないと思うのですが、計測専用カメラを用意しないといけないのでしょうか。

前田(RetailNext) カメラ自体は、IPカメラであればほぼ対応可能です。その他、当社で用意している「Aurora(オーロラ)」というセンサーであれば、店内にサーバーを立てる必要がなく、センサー内で映像からデータ抽出を行うことが可能です。

RetailNext社のカメラ「Aurora(オーロラ)」

森野(運営堂) Auroraは、通常の監視カメラのようにも使えるんですか?

前田(RetailNext) はい。セールスエリアでの防犯、レジ周りでの不正防止にも活用されています。つまり、お客様を分析して売上を上げるのと同時に、防犯や不正防止でマイナスを避けられる。両面から、利益アップにつなげられるというわけです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
入り口にカメラを設置し、入店数の計測から始める

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
運営堂がゆくEC業界対談連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森野 誠之(モリノ セイジ)

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3965 2016/12/28 09:12

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング