記事種別

日本マイクロソフトが語る「超低予算で実現できるEC向け人工知能とは」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/11/10 08:00

機械学習で価格戦略を データを見ることから始めよう

 オークファン得上さんは、EC×機械学習分野における第一人者だ。その経歴を振り返ると、家電をECで販売する「PCボンバー」で価格自動算出システムを作り、マイニングブラウニーを起業。Webサイトのクローリング、画面キャプチャの自動化、テキストマイニング等のツールを提供し、EC-CUBEそのものの開発にもかかわった。そのマイニングブラウニーが、2014年12月にオークファンの傘下に入り、得上さんは同社の技術統括部 執行役員部長というポジションについている。

株式会社オークファン 執行役員 技術統括部長 得上竜一さん

 「オークファンのビジネスの軸は3つで、まずはその名のとおり、ネットオークションの市場を横断して検索できるメディアを持っています。次に、ネット上で仕入れができるサイト『NETSEA』を運営しています。もともとは、DeNAさんが運営していたのを譲っていただきました。最後に、データを軸にした法人向けサービスに取り組もうとしていまして、私がジョインしたのもそのためです」

 オークファンが3つ目の軸としようとしている、データを軸としたビジネスに、得上さんのこれまでの経験と、機械学習とが密接にかかわっている。

 「これまでECで行われてきたマーケティングは、プロモーション、ランディング、コンバージョンを最適化するという考えかただったと思いますが、これからはその先にある『利益』も見据えていくべきだと思います。今の日本のEC市場は、コンバージョンだけを考えて価格を下げ続け、利益を圧迫しているという問題があるのではないでしょうか」

 そのような状況の日本に対して、海外では利益とコンバージョンのバランスをとるために、「プライス・オプティマイゼーション(価格最適化)」に注目が集まっていると得上さん。有名なツールベンダーが専用ツールをローンチするほか、最先端のEC企業として注目が集まるAmazonはそれを自ら行っている。そのために、プロモーションから物流まで最適化を続け、結果として、その時、その人に最適な価格を自動で表示することに成功している。

 「日本では、ITを駆使した価格戦略に、価値が置かれていないように感じます。一度価格を決めたら変更しない、セールの時期だけ一時的に下げてもとに戻すといった具合です。競合他社が価格を下げたから、自社は下げたくないけれど下げざるを得ないというのは、いちばん避けたいところですが、実際に行われていることではないでしょうか。そうではなくて、毎日適切な価格を算出して、競合のセールにも動じない、自信を持った価格設定ができるようにならなくては」

 しかし、すべての商品で継続して価格を調整し続けるというのは、とても人間にできる仕事ではない。そこで必要になってくるのが、プライス・オプティマイゼーション・ツールであったり、機械学習を使ったサービスの開発だったりするのだ。

 「日本向けのプライス・オプティマイゼーション・ツールは、数年のうちにオークファンが提供する予定です。その頃には、機械学習も今よりは使いやすくなっているでしょう。それまでにEC事業者さんに取り組んでいただきたいのは、データを見始めること。商品のマスターデータ、注文データ、アクセス状況をExcelで見るだけでも、さまざまなことが見えてきます。BIツールを使って集計を行い、ダッシュボードを毎日見る習慣がついてくると、機械学習の必要性に気づくはずです」

◆[ECzineDay講演資料ダウンロード]トレンドの人工知能・機械学習の活用例、海外では進んでいるプライス・オプティマイゼーションという概念、そしてデータプラットフォームとして進化するMicrosoft Azureのうち、EC事業者がチェックしておきたい機能とは? 日本マイクロソフトの講演資料ダウンロードはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECzine Day 2015 Autumnレポート

2014年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5