SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2015 Autumnレポート(PR)

日本マイクロソフトが語る「超低予算で実現できるEC向け人工知能とは」

2015年10月14日(水)に目黒雅叙園で開催した「ECzine Day 2015 Autumn」のセミナーレポートをお届けします。日本マイクロソフト増渕大輔さんが、「超低予算で実現できるEC向け人工知能とは?インテリジェントな事例をご紹介」と題し講演。ゲストスピーカーとして、オークファン得上竜一さんも登壇しました。

クラウド、人工知能で進む、ECビジネス基盤の変化

 人工知能と、EC/Webビジネスのかかわりかたには、大きく2パターンあると増渕さん。ひとつは人工知能を用いて、自ら新しいサービスを作るというもの。もうひとつは、人工知能が使われているサービスを調達し、利用するというパターンだ。

 これまで、人工知能を活用して自らサービスを作り出すのは、先進企業にだけ許される特権のように考えられてきたが、環境の変化により、非常にカジュアルにできるようになってきたと言う。今回の増渕さんのセッションテーマも、「超低予算で実現できるEC向け人工知能」だ。

日本マイクロソフト株式会社 デベロッパーエバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト 増渕大輔さん

 そもそも、人工知能はすでにWeb制作と密接にかかわっており、知らずに利用しているパターンもある。海外発の「Squarespace」「Macaw」などのWeb制作ツールは、デザイン、コーディング不要で、人間の仕事を奪いかねない勢いだ。

 「HTML5に代表されるように、Webそのものがデータベースになっています。その中を機械がクローリングすることで、優れたデザインを覚えることができます。数年後には、デザインの作業自体が、人工知能に代替されるようになると言われているのは、こういった仕組みによるものです」

 同様の流れで、従来のECビジネスに必要とされていたIT基盤も、変化しつつあると増渕さん。従来は、Webサーバーや会員データベースを管理するインフラ環境に大きなコストがかかっていたが、その問題をクラウドが解決。これまで分断されていた「分析」をより高度なレベルでつなぎ、人工知能が将来の予測も可能にする。会員データベースやWebフロントとは、人工知能を用いた新たなサービスで連携していくわけだ。

従来の仕組み

新しい仕組み

人工知能の機能のひとつ、機械学習でできること

 さらに今、注目されている人工知能の活用例のひとつが「人工知能」だ。人間が自然に行っている学習能力と同様の機能を、コンピューターで実現しようとする技術・手法で、以下の用途にすでに用いられている。

機械学習の活用例

  • スパムフィルター
  • 音声認識・画像認識・顔認識・文字認識(OCR)
  • 検索エンジン・結果ランキング
  • リコメンデーション
  • DNA解析・病気の予測診断
  • 保険・証券取引

 マイクロソフトでは、既存の例とは異なる形で機械学習を利用したサービスを提供。月130万ユーザーにフォローされ、Twitterを賑わせるLINEアカウント「りんな」だ。相手に対してパーソナライズし、会話のキャッチボールを楽しむことができるというもの。

 「こうしたEQの高い人工知能によるマーケティング活動は、今後非常に重要になってくるとの考えから、一般企業様にもご利用いただけるよう『りんな API for Business』を開始しています。会話のデータベースを作る必要があるので、その分だけハードルが高いかもしれませんが、それでも人工知能を用いるのに、ひと昔前はサイエンティストのような存在が必要だったことを考えると、非常にカジュアルに導入できるようになってきています」

 そして、実際に機械学習を用い、EC事業者向けにサービスとして提供しようとしているのがオークファンだ。同社で執行役員 技術統括部長 得上竜一さんが、ゲストスピーカーとして登壇した。

◆[ECzineDay講演資料ダウンロード]トレンドの人工知能・機械学習の活用例、海外では進んでいるプライス・オプティマイゼーションという概念、そしてデータプラットフォームとして進化するMicrosoft Azureのうち、EC事業者がチェックしておきたい機能とは? 日本マイクロソフトの講演資料ダウンロードはこちら

次のページ
機械学習で価格戦略を データを見ることから始めよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2015 Autumnレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2326 2016/06/15 17:54

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング