SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

理想の購買体験がここにある タマチャンショップが「タマリバ」で築く新時代のブランドとコミュニティ


 「しあわせ食を、九州から。」というスローガンを掲げ、健康食品を全国各地へ届ける「タマチャンショップ」。今では自社EC・モールのみならず実店舗の展開も行っているが、各チャネルに集う顧客とより交流を深めるために、2022年8月よりコミュニティサイト「タマリバ」の運営を開始している。同サイトのオープンを決めた理由やオープン後の顧客交流の変化を、有限会社九南サービス タマチャンショップ 副社長の田中耕太郎さんに聞いた。

愛ある顧客の声を集め、密度高い「村」のような交流を生む

 2003年に自社EC、2004年に楽天市場への出店を開始し、まもなく販売開始から20年を迎える「タマチャンショップ」。コミュニティサイト「タマリバ」については、2019年頃から構想を練っていたと言う。

「楽天市場では、年に1回『楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー』という表彰制度があります。タマチャンショップは長年いくつかの賞をいただいていますが、これらはお客様の投票がなければ受賞にはつながりません。また、SNSの普及・発達によりお客様自身が情報発信をしてくださる機会が増えていることにも着目しました。当社でもこうした投稿を『しあわシェア』と名付け、スタッフ間で共有しているのですが、『これはもっと多くのお客様に知ってほしい商品の活用法だ』『お客様同士でもシェアできたら共感がより広がり、愛着にもつながるのではないか』と思う機会が次第に増えていったのです。

 今はSNSの種類も増え、その分情報が埋もれやすくなっています。ハッシュタグなどで共通項のある人々が集まることもできますが、タマチャンショップのお客様同士がより密な交流ができるようになると、発信しているお客様も受け取る側のお客様もさらに発見や理解が深まるのではないかと考えたのです。さらに、僕らもこうした投稿に反応することで作り手と受け手という関係ではなく、同じ『村人』のような感覚で垣根のないつながりを生み出せるようになるのではないか。これが、タマリバ開設のきっかけです」

有限会社九南サービス タマチャンショップ 副社長 田中耕太郎さん

 タマリバには現在、大きく分けて5つのコーナーが存在している。田中さんがひとつめに紹介したのは、読みものコーナー「食通新聞」だ。

「ここでは、僕も『キャプテン』という名前で投稿をしています。オープン時に『タマリバへの想い』を語らせていただいたり、当社社員が新商品の情報や開発秘話、アレンジレシピを投稿するなど、タマチャンショップからタマリバにいるお客様へ愛着がより深まるようなコンテンツを発信するコーナーとなっています。

 タマチャンショップでは年に複数の新商品を発売していますが、これまでなかなかお客様にリアルタイムで開発過程を見せたり、想いを語ったりする機会がありませんでした。交流を深めるにはこうした情報もしっかり発信する必要があると考え、コーナーを設けています。実は、食通新聞はお客様へ商品を配達する際に同梱物としてお届けしていたものなので、商品購入時以外にも僕らの想いが常に届けられるようになったと言えます」

 田中さんがふたつめに紹介したのは、お知らせを届ける「回覧板」コーナーだ。キャンペーン・イベント告知、店舗情報に加え、アンケート実施の案内も同コーナーから行っている。

「このほかに、『しあわシェア』『わたしのひとさら』『目安箱』というコーナーを設けていますが、こちらはお客様主導の交流が軸となる場です。わたしのひとさらは、タマチャンショップの商品を使ったアレンジレシピを投稿してもらうコーナー、目安箱は『こんな商品があったら良いのに』『既存商品のここをもう少し改善してほしい』といった忌憚のない意見を寄せていただくコーナーとなっています。

 とくにタマリバの中で軸足を置いているのは、しあわシェアです。これまでお客様がSNSに上げていた情報などを、タマチャンショップ愛の強いお客様が集まる空間に投稿していただき、コメントのやり取りなどからさらに交流を深めていただいています。すでに気になる商品についての質問や、わたしのひとさらコーナーに掲載されたアレンジレシピの作ってみた報告などが投稿され、活発なコミュニケーションが生まれている状況です」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
導線がなくても商品が売れる スタッフのモチベーションアップにも

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12016 2022/12/06 12:32

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング