SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

アトモスが採用!不正検知ソリューションForterとは 売上につながる「承認率」へのこだわりを聞く

 スニーカーセレクトショップの「atmos(アトモス)」が、ECサイトにおける不正対策にForterのソリューションを導入した。2021年に日本オフィスを開設したばかりのForterについて詳しく聞くとともに、atmosに導入理由を尋ねた。

グローバル企業が多数採用する機械学習の不正検知Forterとは

━━まずはForterの説明をお願いします。

野田(Forter) コロナ禍もあり、ここ10年でEコマースは大きく変わったと感じています。10年ほど前は、小売業であれば実店舗が中心でECはまだまだ小さかった。それが今後はさらにECが大きくなっていくだろうと見ています。そんな中、デジタルは非対面特有の課題が出てきている。不正や悪用が増えてしまっています。そこで私たちは2013年にForterを創業し、9年間歩んできました。まずはマイケルから、Forterについての詳しいお話をさせていただきます。

マイケル(Forter) 私はイスラエルの小さな街に育ちました。子どもの頃はお店で欲しいものを選んで受け取り、その後両親がお店に来てお金を払うという取引をしていました。子どもにも両親にもお店にとっても都合が良く、商いの根底に信頼がありました。

 ECは非対面であることから信頼を築くのが難しくなり、残念ながら不正決済が増加しています。各事業者様ごと対策をされており、ある一定の基準を定め目視で行うルールベースの施策が主流です。その場合、誤判定が起きたり、問題ない決済にもかかわらず承認されずに販売の機会損失が起きたりしています。私たちは不正はもちろん、商いにおける機会損失が大きな問題だと考えています。

 非対面においても信頼ある商いができないだろうか。その考えからサイバーセキュリティの専門家として2013年にイスラエルで創業し、2014年にプロダクトリリースしました。リソースの半分以上はプロダクトに割き、日々精度を高めています。目指すのは、Eコマースすべての信頼を提供するプラットフォームです。事業者様が個別に、この取引は良い・悪いと判断する必要がないところまで持っていきたいと考えています。

 創業時の2013年にForterを経由した流通総額が約115億円(グローバル総計、日本円換算)だったところ、2021年は約27兆円に成長しています。2021年にチャージバックを防いだ金額が約900億円、機会損失を防いだ金額は約6,200億円です。これらの成果を評価され、直近で500億円以上の資金調達を行っています。

Forter, Inc. Co-Founder & CEO Michael Reitblat
Forter, Inc. Co-Founder & CEO Michael Reitblat

━━システムの特徴をご説明いただけますか。

マイケル(Forter) 基本的にはエンタープライズ向けに提供しています。ユーザーにデジタルIDを付与し、振る舞いや属性データを蓄積しています。IDは12億に上り、日々増加しています。機械学習を用いて日々判定の精度を高め、それぞれの事業者様用にモデリングして提供します。業種業態ごとにユーザーの振る舞いは異なりますが、業種業態問わず対応できるのが特徴です。

 サードパーティからデータを買うことはありませんが、機械学習の精度を上げるにはデータは多ければ多いほど有効です。ECプラットフォームや決済代行業者とパートナーとなることで、データを増やすことができています。ECサイトAのデータをECサイトBに提供するといったことはありません。私たちの一元的なデータとお客様のご要望から、ECサイトAで購入したユーザーがECサイトBで購入する際に取引を成立させるべきか判定を行います。

 Eコマースは以前はただ購入の取引を行うだけの場所でしたが、今では中長期的な関係を築くことが重要になっています。それはEコマースにおける大きな変化です。しかし、中長期的な関係を築くために行う施策がさらなるリスクを生む可能性もあります。

 たとえばユーザーに利便性を提供するため、アカウントにクレジットカード情報を紐づけると、アカウントを乗っ取る不正が起きやすくなります。新規ユーザーにアプローチするためにお得なクーポンを発行すれば、新規アカウントを無数に作って都度クーポンを受け取ろうとするユーザーもいます。さらに返品のハードルを下げた場合、たとえばアパレルであれば購入して一度着用しただけでその後返品するといった行為も実際に起きています。

 このような悪用・濫用を行うユーザーに対し、事業者様ごとどのようにお付き合いをされたいかの基準に基づいてコントロールできるようなプラットフォームになっています。

━━機械学習となるとやはりデータは大きいほうが良いので、グローバル企業であることは重要ですね。

野田(Forter) データの面ではもちろん、事業者様のグローバル展開、越境ECなどにも対応できます。また、たとえ事業者様が国内事業のみの場合でも、不正組織はグローバルに展開していますから、国内ソリューションの場合、不正の対策が限定的になる可能性もあります。もちろん、日本は独自の商習慣もありますからローカライズは重要だと考えています。ありがたいことに引き合いも多数いただいておりますので、日本のビジネスにより柔軟に適応していきたいと考えています。

Forter, Inc. 日本カントリーマネージャー 野田陽介氏
Forter, Inc. 日本カントリーマネージャー 野田陽介氏

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
注文後すぐに出荷できないストレス改善へ atmosがForter採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11873 2022/10/28 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング