SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

売上成長に効く! ECサイトのプチ改修

購入に向かう入り口・カート画面のカゴ落ち対策はどうする?実際のECサイトプチ改修事例をご紹介

 EC運営をする中で、「なかなか成果が伸びない」「思うように売上が上がらない」とお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。ECで成果を上げるために重要なポイントのひとつに「プチ改修」があります。今回はGMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部に所属する菅原さんが、カート画面のプチ改修事例と実施後の効果についてご紹介します。

 はじめまして。GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部 マーケティング支援部 サイト改善チームの菅原です。当記事では、第2回に続き当社が携わってきたECサイト成長支援プロジェクトの一部をお見せしながら、「プチ改修」の重要性をご紹介いたします。

前回記事のおさらい

 前回は、ECサイトの大規模な改修(リニューアル)の前にぜひ着手いただきたいプチ改修のターゲットとして、「カート」「顧客情報入力」「決済方法選択」「確認画面」といった要素から成り立つページ群「購入導線」がお薦めである旨をお伝えしました。同時に、顧客情報入力欄をプチ改修した事例もご紹介しています。

 購入導線において、当社では購入完了画面(CV画面、コンバージョン画面)に近い画面から順にプチ改修を行うのが効果的だと考えています。確認画面→決済方法選択→顧客情報入力……といったように、顧客の動きと逆の流れでプチ改修することで、CVR(Conversion Rate:コンバージョンレート)を高めていくことが可能です。

 前回は「顧客情報入力欄」をプチ改修した事例をご紹介しましたので、今回は顧客情報入力画面のもうひとつ手前、カート画面のプチ改修について、課題点と実際の改修事例をご紹介いたします。

クリックすると拡大します

 カゴ落ち対策の要として、カート画面を重要視する方は多くいるでしょう。カート画面は購入導線の入り口にあたります。そのため、商品を検討中のユーザーが購入したいと思ったタイミングですぐに手続きを開始することができるデザインにしておく必要があります。

 ただし、ひと口に「カゴ落ち対策」と言ってもさまざまな手段があり、具体的な対策案については、それぞれのECサイトに合った手法を検討しなくてはなりません。ここでは、ECサイト改善の切り口から、実際の改修事例を交えて進めかたをお伝えします。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
カート画面にありがちな課題点とは? 3つの視点からプチ改修を行おう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
売上成長に効く! ECサイトのプチ改修連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部 菅原悠(スガワラユウ)

秋葉原の有名店にて、PC周辺機器販売のEC事業の売上を2年間で約3倍に伸ばし、黒字化を達成した実績を持つ。現職では当時の経験から、実効性だけでなくECサイト運用の持続可能性をも考慮した施策提案を心掛けている。上級ウェブ解析士資格、統計検定2級保持者。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11320 2022/05/27 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング