記事種別

Amazonがマケプレプライムを推進するワケとは

巨大流通網の利用や優良顧客へのリーチが可能に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/07/13 08:00

 国内でもすでに多くの利用者を抱える、アメリカ発の大手ECサイトAmazon。 同サイトでは近年、事業者に向けた物流関連プログラムの強化に力を入れている。 果たして、その真意とはどこにあるのだろうか(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

 すでに日本人の生活に深く根付いている、大手ECサイトAmazon。もはやこれなくしては生活できない、という方も多いのではないだろうか。そのAmazonが近年活発に推進しているのが、「フルフィルメント by Amazon(FBA)」と「マケプレプライム」という物流にかかわる2つのプログラムだ。

 これらは、Amazonで販売する事業者に向けた配送・販売関連プログラムだが、その裏には、顧客を巻き込む壮大な戦略が存在していた。

洗練された物流システムを 小売事業者にも

 自社ECサイト保有の有無にかかわらず、EC事業者が大手サイトに出品して売上アップを図ることは、今や当前の選択肢だ。しかし、サイトに出品することで大幅な集客に成功すれば、マンパワーが必要になる物流業務が煽りを受けることとなる。

 EC大手のAmazonがこの課題の解決策として提案するのが、「フルフィルメント by Amazon(FBA)」である。今回取材に応じてくださった、セラーサービス事業本部営業本部長の石橋憲人さんに、まずはFBAの概要について伺った。

アマゾンジャパン セラーサービス事業本部営業本部長の石橋憲人さん

アマゾンジャパン セラーサービス事業本部営業本部長の石橋憲人さん

 「一般的にEC事業者様は、商品の受注からピックアップ、梱包、物流業者様への依頼といった一連の流れを、自社の配送網を使って運用されています。それに対し、『Amazonが倉庫業と配送業の部分をサービスとして請け負います』というのがFBAのプログラム内容です。具体的には、事業者様の商品を我々が運用するフルフィルメントセンター(物流倉庫)に納品していただくことで、Amazonが、商品保管・管理に加え、お客様への配送、さらには返品や商品交換に関するカスタマーサポートを代行します。Amazonに出品いただいていることが前提となりますが、他のECサイトでの発注にも対応しています」(石橋さん、以下同)

 配送業務が重荷になっている事業者にとって、Amazonの配送システムを活用できることは大きな利点と言えるだろう。Amazonは現在、全国8都府県・13ヵ所にフルフィルメントセンターを保有しており、そこで、自社で販売している商品もFBAの商品も管理している。さらにはそのサービスレベル向上のため、導線やレイアウトなどに日々改善が加えられているという。

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみ閲覧いただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きを閲覧いただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.01 特集

2014年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5