SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.19特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

マイクロマーケット開拓で利便性向上 無人決済店舗で出店ハードルを下げるファミリーマートの店舗DX推進

 コンビニエンスストアが身近にある便利さを、マーケットの隅々にまでいかにして届けるか。 ※本記事は、2021年12月24日刊行の『季刊ECzine vol.19』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 セルフレジ、キャッシュレス決済導入など、コンビニエンスストア(コンビニ)の店頭にテクノロジーが導入されている姿は、日常生活の中で身近な光景となりつつある。人口減少、少子高齢化が進む日本では、店舗DX推進による小売業の現場改革が喫緊の課題となっている。24時間365日の営業が基本となるコンビニにおいては、働き方改革や人材確保の文脈においても、省人化・無人化が有効な解決策となり得ることは想像に容易い。そこで、新たな店舗形態として無人決済システムを用いた店舗の開発に取り組んでいるのが、日本国内に1万6,600店以上の店舗網を有するファミリーマートだ。今回は、そのミッションを担う同社のライン・法人室で副室長を務める太田裕資さんに、店舗DX実現の舞台裏と今後の施策展開について聞いた。

株式会社ファミリーマート ライン・法人室 副室長 太田裕資さん

レジ接客の業務負荷を解消 マーケット開拓と店舗DXの関係性

 2021年3月、東京・丸の内に無人決済店舗の第1号店「ファミマ!!サピアタワー/S店」を出店、その後西武新宿線中井駅、東武アーバンパークライン岩槻駅、川越西郵便局と駅ナカ、郵便局内へフォーマットを拡張し、すでに計4店舗の出店に成功しているファミリーマート。これらの店舗の特徴は店内で商品を手に取り、出口でタッチパネルの表示内容を確認して決済するだけで買い物が完結する─つまり、人の手を介することなく、顧客自身で商品選択から購入までをコントロールできる点にある。このような省力化・無人化に着手した理由を太田さんに聞いたところ、このような答えが返ってきた。

「ファミリーマートに限らず、世の中の多くの企業が『人手不足の解消』を経営の重要課題として挙げています。当社としても、いかに店舗オペレーションを省力化していくかは注力すべき課題であり、実現するためのステップとして無人決済店舗の展開を開始しました」

 コンビニの店舗オペレーションには、レジ接客などの業務と、商品陳列、発注・在庫管理、清掃などの業務の2種類が主に存在するが、太田さんは「業務の3割近くを占めるのがレジ接客」だと説明する。同社はこれをテクノロジーに置き換えることで、大幅な省力化が実現できると考えた。

「単純に人の作業を削るのではなく、テクノロジーで代替できるものは替えていき、創出できた時間を使って店舗環境を整えるなど、お客様の利便性向上につなげたい。そう考えています」

 同社が新形態の店舗展開を重視する理由は、人手不足の解消だけに留まらない。太田さんが省力化・無人化に挑む理由は、ライン・法人室が持つミッションとも大きくかかわっている。とくに今後の事業の鍵を握るのは、大学や企業のオフィスや工場、病院などといった特定施設内を商圏とするマイクロマーケットであるととらえ、同社のみならず、コンビニ業界各社がさまざまな形で出店を推進している状況だ。

「創業以来、当社は商圏内において一定数の来店が見込める立地を対象に出店を進めていました。従来の店舗フォーマットで開拓できるエリアもまだ存在しますが、店舗数が増え、エリアを網羅するにともない、それだけで成長曲線を描き続けることは難しくなりつつあります。

 しかし、当社としてはフランチャイズオーナーやお客様にメリットを感じていただけるよう、成長を続けなくてはなりません。そこで、これまでの出店のやりかたでは成立しない立地にも、商機を見出す必要があると考えました」

 コンビニ運営において、人件費は大きな割合を占めるため、人材の確保と人件費を賄うだけの売上を生み出せるかどうかは、出店の判断を大きく左右する。テクノロジーの力で双方を解消した店舗展開ができるのならば、これまで出店が難しかった場所や、そこにいる人々にもコンビニの利便性を提供することが可能だ。技術活用で新たなマーケットを獲得し、出店スピードや各店の収益性を上げていく。マイクロマーケットの開拓には、こうした視点が欠かせない。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
スピード感を持って課題解決 共感を軸に店舗の利便性を高める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.19特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

景山 真理(カゲヤマ マリ)

フリーランスのライター。EC店舗、タウン情報誌制作会社、マーケティング支援企業などへの勤務経験を経て、ウェブメディアや雑誌をはじめとする紙媒体のライティングの仕事をしています。専門領域はデジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、ECのセールスメルマガ、仕事・働きかた、デジタルトランスフォーメーションです。 ウェブ●Mari Kageyama Writing Works

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/10615 2022/02/03 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング