SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.19特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

機能的価値だけでOMOはできない TSIホールディングスが挑む事業の再設計とストーリーを語る接客

 ナノ・ユニバースから始まる新店舗体験。顧客起点の意思表示で、求める情報を的確に提供する。 ※本記事は、2021年12月24日刊行の『季刊ECzine vol.19』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 2020年に、中期改革プロジェクト「TSI INNOVATION PROGRAM 2024」を発表し、2024年までに企業全体で「常に生き残れる事業体になる」ための変化を遂げると宣言した株式会社TSI ホールディングス。「1st Phase」として掲げていた組織統合を終え、2021年以降は「未来への投資」として人財や事業を育てる仕組み作りやEC・デジタルシフト、新規投資などに取り組んでいる。

 同社の中でも先進的な取り組みを行うブランド「ナノ・ユニバース」では、自社アプリを2021年9月にリニューアル。顧客起点でオンラインとオフラインを統合した新たな店舗体験の構築に着手している。同アプリリニューアルと11月から首都圏3店舗を起点に導入を開始する新装置、これらからどう新時代の店舗体験を作り上げるのかを、同社にてDX推進に携わる岸さん、中川さんに聞いた。

(写真左)株式会社 TSIホールディングス デジタルビジネスディビジョン ユニファイドプラットフォーム部/
デジタルマーケティング部 部長 岸武洋さん
(写真右)デジタルマーケティング部 中川大介さん

2024年までに課題を乗り越え新たな成長を目指す

 最も幸せなファッションカンパニー」を目指し、変化を続ける意思表明として発表した「TSI INNOVATION PROGRAM 2024」。同プログラムでは、コロナ禍以前からアパレル業界全体が直面していた市場規模の縮小、店舗売上の減少、大量消費・大量廃棄問題などさまざまな課題を乗り越えた上で、新たな成長を遂げる指針が記されている。

「ブランドや提供する商品だけでなく、企業全体のリデザインを意図してこのプログラムは発表されています。変化することを恐れず、顧客への提供価値をきちんと見直そう。TSIホールディングスの各ブランドが持つ価値を改めて見直し、体現しながらさまざまなアクションを起こしていこう。そのひとつに、ユニファイドコマース戦略が掲げられ、私たちは店舗とECの体験作りの見直しを行っています」(岸さん)

 アパレル企業に属する立場から、岸さんは「この5年から10年ほどで、顧客の価値観に大きな変化が起きている」と続ける。自身が感じる「良いもの」を吟味し、長く使えるもの、生活に寄り添ってくれるものを求める顧客が増え、端的に言えば「無駄遣いをしなくなった」と言えるが、商品を販売する視点から見れば、選ばれる努力なしには生き残ることが難しい世の中になっているということでもある。

「必要としてくれている顧客に対し、必要なだけの服を作る。良いものを作り、的確に顧客にお届けする。こうした考えかたに私たちも切り替えなければなりません。当社は多数のブランドを有するため、ブランドごとにきちんと顧客と向き合ったビジネスを作り上げていく必要があります。顧客を知る有用な手段のひとつにデジタルがあると考え、きちんと行動で返していくためにも、デジタル推進を進めています」(岸さん)

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
新たなチェックイン機能で提供する体験を充実化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.19特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/10610 2021/12/24 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング