記事種別

UNIQLOアプリをもっとも利用しているのは50代/ジャストシステム調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/04/19 13:45

 ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年3月度)』の結果を発表。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象に実施された。

 本調査結果の概要は下記のとおり。

10~30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40~60代は「ヤフオク!」

現在、最も利用されているCtoC(個人間商取引)サービスを年代別に調べたところ、10代、20代、30代は「メルカリ」(10代:48.3%、20代:62.8%、30代:51.9%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」だった(40代:52.6%、50代:48.1%、60代:68.8%)。 

また、物品の販売に利用したことがあるCtoCサービスに限ってみた場合でも、10代、20代、30代は「メルカリ」を挙げた人がもっとも多く(10代:73.6%、20代:69.6%、30代:66.7%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」だった(40代:66.1%、50代:77.8%、60代:63.8%)。

若年層で、「化粧品やファッション系サブスクEC」利用率が増加

ECの利用経験がある人のうち、月々一定額を支払うことで、特定の商品や店舗側でセレクトした商品が届く「サブスクリプション(定期購入)型EC」を「利用したことがある」人は38.8%で、2018年3月度調査の31.3%から、利用率は増加した。「化粧品やファッションアイテムのサブスクEC」の利用率に限って見てみると、10代は16.3%から21.2%、20代は18.6%から20.9%と、若年層では増加が見られた。

ハイブランド商品の購入は、約2割が「スマホアプリ」で

「CHANEL」「ROLEX」といったファッション関連のハイブランド商品を購入した経験がある人に、その購入方法を聞いたところ、「リアル店舗」がもっとも多く(55.2%)、次いで「パソコンのインターネット」(29.0%)、「スマートフォンのアプリ」(21.8%)、「スマートフォンのインターネット」(21.5%)、「カタログ通販」(12.8%)だった。

「UNIQLOアプリ」を最も利用しているのは、50代

スマホアプリからECを利用する人のうち、「UNIQLOアプリ」を利用している人は26.2%。年代別の利用率は、10代(27.8%)、20代(24.6%)、30代(22.4%)、40代(26.2%)、50代(35.6%)、60代(21.2%)。全世代において2割以上、特に50代は3割強が利用していることがわかった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5