SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Summer

2023年6月14日(水)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

日米中のスマホユーザー比較 普段の買い物時の決済方法は中国のQRコード決済が突出/MMD研究所調査

 MMD研究所は、「日米中3ヵ国都市部スマートフォンユーザー比較調査」を実施。同調査結果の詳細を発表した。

 なお、同調査においては調査設計時のレートを採用しており、アメリカの金額に関しては「1ドル=133.3円」、中国の金額に関しては「1元=20円」で計算している。

普段店頭で買い物する際にもっとも利用する支払方法は国によって差異あり

 すべての回答者に普段店頭で買い物する際にもっとも利用する支払方法を聞いたところ、日本(n=557)は「クレジットカード」がもっとも多く37.2%、次いで「現金」が28.2%、「スマホ決済(QRコード決済)」が20.1%となった。アメリカ(n=562)は「デビットカード」がもっとも多く32.9%、次いで「クレジットカード」が32.6%、「現金」が20.6%。中国(n=552)は「スマホ決済(QRコード決済)」がもっとも多く78.1%、次いで「クレジットカード」が7.2%、「スマホ決済(QRコード決済以外)」が6.3%だった。

現在金融商品を投資している割合 日本40.8%、アメリカ61.7%、中国73.2%

 回答者に、現在投資している金融商品を聞いたところ(複数回答可)、日本(n=557)の40.8%、アメリカ(n=562)の61.7%、中国(n=552)の73.2%が何らかの投資をしていることがわかった。投資をしている金融商品は、日本(n=557)は「株式」がもっとも多く29.3%、次いで「投資信託(REIT、ETFなど含む)」が23.0%、「外貨」が7.2%。アメリカ(n=562)は「株式」がもっとも多く38.3%、次いで「仮想通貨」が22.6%、「投資信託(REIT、ETFなど含む)」が16.9%。中国(n=552)は「株式」がもっとも多く47.6%、次いで「投資信託(REIT、ETFなど含む)」が27.4%、「金・プラチナ」が21.2%という結果となった。

月々の通信料金、日本「2,000~3,000円未満」、中国「1,000~2,000円未満」がそれぞれ最多 アメリカは「10,000~20,000円未満」で高額傾向

 スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女で自身の携帯電話料金を支払っており、支払い額を把握している人に月々の通信料金を聞いたところ、日本(n=501)は「2,000~3,000円未満」がもっとも多く17.2%、次いで「1,000~2,000円未満」が16.2%、「3,000~4,000円未満」が13.4%となった。アメリカ(n=497)は「10,000~20,000円未満」がもっとも多く21.7%、「20,000円以上」が14.3%、「6,000~7,000円未満」が12.1%となった。中国(n=541)は「1,000~2,000円未満」がもっとも多く32.2%、次いで「2,000~3,000円未満」が25.5%、「1,000円未満」が13.7%となった。

3ヵ国の世帯年収 日本は「200万円未満~500万円未満」、中国は「300~600万円未満」アメリカは収入格差が2極化

 すべての回答者に世帯年収を聞いたところ、日本(n=557)の84.9%、アメリカ(n=562)の93.4%、中国(n=552)の97.8%が世帯年収を把握していた。具体的な世帯年収は、日本(n=473)は「400~500万円未満」がもっとも多く13.5%、次いで「300~400万円未満」が11.6%、「200万円未満」が10.6%となった。アメリカ(n=525)は「2,000万円以上」がもっとも多く12.2%、次いで「200万円未満」が10.3%、「1,500~2,000万円未満」が9.5%となった。中国(n=540)は「400~500万円未満」がもっとも多く16.5%、次いで「500~600万円未満」が13.9%、「300~400万円未満」が10.7%となった。

調査概要
  • 調査都市:日本(東京、大阪)、アメリカ(ニューヨーク州、カリフォルニア州ロサンゼルス、カリフォルニア州サンフランシスコ)、中国(北京、上海)
  • 調査対象:調査都市在住の15歳~69歳のスマートフォンを所有する男女
  • 調査期間:2022年8月23日~8月28日
  • 有効回答:日本557人、アメリカ562人、中国552人 ※人口構成比に合わせて回収
  • 調査方法:インターネット調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11915 2022/10/22 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング