SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

季刊ECzine vol.16定点観測

分析データありきのDX推進はNG 正しい手順で成功に導こう

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。プリンシプル木田さんに、分析について聞きました。 ※本記事は、2021年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.16』に掲載したものです。

DXを成功に導く「リターンドリブンDX」とは

 2020年から2021年にかけて、さまざまな場所で見聞きする機会が増えた「デジタルトランスフォーメーション(DX)」というキーワード。デジタルツール活用やオンラインでのビジネスにも注目が集まり、DXを推進すべく新たな役割を与えられた人も少なからずいるのではないだろうか。

 しかし、「『DX推進をする』という目標ありきで進めてしまうのは、NGです」と木田さんは警鐘を鳴らす。

「DXを推進するにあたり、データ整備は非常に重要です。ところが、『データ整備』『データ蓄積』『データ統合』の順に進めようとすることは、失敗の原因にもなり得ます。まずは『自社にとってのDXとは何なのか』と定義をするところから始めることをお勧めします」

 木田さんは、DXを成功に導くために「リターンドリブンDX(ベネフィットドリブンDX)」というコンセプトを提唱する。定義としては、次の通りだ。

  1. それまでにつないでいなかったデータを使い
  2. それまでの業務を変革することで
  3. 社内外に受益者を生むこと

 つまり、DXは「データによるトランスフォーメーション」であり、いくらデータを活用したりつないだりしても、「そこに受益者がいなければDXではない」と木田さんは言う。

「持っているデータをCDP(Customer Data Platform)にまとめれば、誰かしらがうまく使ってくれるだろう。このような考えかたではうまくいきません。DX推進は、関係部署を積極的に巻き込んでいく必要があります。多くの人にかかわってもらう以上、途中で軸を大きくぶらしてはいけませんし、きちんと関連する人たちにメリットを提供しなくてはなりません」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
受益者の想定から進めるDX 売上アップ以外の目標実現でも可

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.16定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8905 2021/03/15 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング