SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2020 Spring レポート(PR)

表示速度改善で流入2倍増 IDOMが説く「5G時代に必要な顧客体験」

まずは「ウェブパフォーマンスの見える化」から 目を背けず現実と向き合おう

 それでは実際に、どのようにして速度改善に取り組んでいけばいいのか。まず行うべきは、「ウェブパフォーマンスの見える化」だと言う。

 ここで村田氏は、2010年に行われた「Google Developer Day 2010 Japan」で披露された「Don't Guess! Measure!(推測するな!計測せよ!)」という言葉を引用した。そして、「測定結果からボトルネックを特定し修正するという原則は、10年前から変わっていない」と語ったうえで、こう続けた。

「測定して十分に高速であれば、その施策は完了とすることができます。アメリカでは、1秒以内で表示完了できれば十分と言えるレベルであり、日本では3秒と言われているが、今後は日本もアメリカレベルを指標にすべきです」(村田氏)

 また、ウェブパフォーマンス業界に伝わる「エンドユーザーに対するレスポンスタイムのうち、80~90%はウェブフロントエンドで発生している」という言葉に対し、村田氏は「実際には、ウェブサイトやビジネスによって異なるのではないか」と疑問を呈した。IDOMの場合、フロント領域がボトルネックになっているケースは、半数ほどだと言う。

 さらに、パフォーマンス向上のための指標として、速度計測をウォーターフォールで表したものがあるが、それについても村田氏は「その場限りの計測で、瞬間最高速でしかない可能性が高い。他の時間や状況で異なる可能性もあり、真のボトルネックを見出しにくい」と評した。

「IDOMでは、Spelldata が提供する『Catchpoint』で15分に1回測定する累積分布関数のグラフを用いました。改善は歪みを正し、高いところを抑制していく。24時間365日、可能な限り同じ水準でサービスを提供することが目的ゆえ、理にかなっています」(村田氏)

「360024365」は「3600秒、24時間、365日」の意(キャプチャは講演資料の原文ママ)

 ※品質管理上、ウェブパフォーマンスや通信速度は左右非対称分布となるため、標準偏差ではなく、パーセンタイルを使うのが一般的である。15分に1回の頻度で計測することで、1ヵ月あたり2,880回の観測値となり、それらの観測値を累積分布関数を使い、速い順に並べることで1ヵ月あたりの配信品質を確認することができる。1パーセンタイルは1ヵ月の観測値で最も速かった値、100パーセンタイルが最も遅かった値となる。98パーセンタイルで1秒以内とは、1ヵ月あたり98%の確率で、1秒以内に表示完了を経験するという意味になる。

 Catchpointでは接続環境の違いごとに測定した分布図を作成することもできる。場所によってのパフォーマンスのばらつきをなくすためだ。

 村田氏は、「見える化すると、目を背けたくなるような数字がたくさん出てくる。残酷かもしれないが、そこから直せることはきっとある」とまずは測定から始めることを勧めた。

次のページ
ゆくゆくはサイトの流入に直接影響 表示速度1秒以内を目指し施策開始を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2020 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7579 2020/04/28 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング