SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

Instagramへの投稿写真からワンクリックで商品詳細へ 「パーツクラブ」のvisumo活用事例

visumo導入の想定外のメリット
コミュニケーションが増え、リピート促進に

 ECサイトに写真を掲載するまでのフローとしては、ハッシュタグ「#パーツクラブファン」のついた投稿から、魅力的でECサイトに掲載するものとして適した写真について、管理画面からユーザーに二次利用を申請。許可が降りたら関連アイテムを設定し、サイトへ掲載する。

 「visumoを導入した想定外の効果として、お客様とのコミュニケーションが増えたことがあります。写真の掲載許可を打診すると、『ぜひお願いします』と喜んでご快諾いただけることが多い。導入以前はそういった打診を行っていなかったので、断られることが多いのか、ご快諾いただけたとしてもどのような反応か、まったくわからなかったんです。

 でも、実際にはじめてみたら、打診したうちの9割くらいの方からご快諾いただき、とても喜んでくださいます。そうやって考えてみると、弊社のパーツを使ってアクセサリーを作り、ハッシュタグをつけて投稿してくださるというのは、パーツクラブに好意を持ってくださっているということ。そのサイトにご自身の写真が掲載されることを、喜んでいただけているのかなと。写真が掲載されたら見に来てくださることも多いでしょうから、またサイトに来ていただくきっかけにもなっているのかなと思います」

 パーツクラブ・オンラインがユーザーのコンテンツの二次利用で徹底しているのは、「絶対にお客様に迷惑をかけないこと」だそうだ。加えて「打診した以上は、許可をいただければ必ず掲載する」ということも。ソーシャルメディアの運営に関しては、パーツクラブ・オンラインを運営する通信販売課のほか、販売推進課などEC以外の部署もかかわっている。他部署との連携も含め、細部にまで気を遣うことがファンとのコミュニケーションには欠かせないのだ。

写真からワンクリックで商品詳細へ
問い合わせ減はユーザーにもメリット

 visumo導入の目的のひとつでもあった、ユーザーからの問い合わせ対応についても、成果につながっていると言う。

「Instagramなどの写真を見て、『このネックレス素敵!私も作りたい』という気持ちになり、実際に作るためのパーツが気になって、弊社のサイトに来てくださるというお客様が多数いらっしゃいます。自分が素敵だと思ったネックレスの写真からワンクリックで、使用しているパーツの商品詳細を見ることができるというのは、単に弊社の対応が減るというだけでなく、お客様にとってもメリットがあるツールだと考えています」

 ユーザーが投稿する完成形のアクセサリーからどのパーツが利用されているかは、星野さんを筆頭に、パーツクラブ・オンラインの複数名のスタッフが一つひとつチェック。場合によっては、そのパーツ単独の商品詳細ページでなく、カテゴリ一覧にリンクを張るなど、ユーザーの利便性を追求した工夫を行っている。

 パーツクラブ・オンラインでは、visumo単体での分析はしていないそうだが、サービスを提供するecbeingの担当者によれば、visumo導入後にPV数がサイト全体の1割程度増加しており、写真を見て商品詳細ページに遷移する割合も、15%以上アップしているという。ユーザーにとって魅力的なコンテンツとなり、ECサイトの利便性向上に繋がっているひとつの成果だろう。

次のページ
動画の活用やクリエイティブ制作のヒントにも EC事業者がInstagramを使いこなす未来へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5517 2018/04/02 15:41

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング