SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

AIにより製品が人を見つける時代へ――Facebookの小売担当が描く「人ベースのマーケティング」とは

 「FacebookとInstagramはショップの新しいショーウィンドウになる」。Facebookでグローバルリテール&EC戦略のトップを務めるMartin Barthel氏が、1月米ニューヨークで開催された小売業界最大のイベント「NRF 2018」で基調講演を行った。

 消費者が常時持ち歩くスマートフォン、消費者にリーチできるソーシャルネットワーク、大量のデータから重要な情報や洞察を効率よく得られるデータ分析、そしてAI――これら技術が手に入る現在は、マーケッターにとって、またとない時代だ。これらを駆使することで何ができるのか――「これからマーケティングは人ベースになる」というのは、Facebookでグローバルリテール&EC戦略のトップを務めるMartin Barthel氏だ。「FacebookとInstagramはショップの新しいショーウィンドウになる」と約束する。

 Barthel氏は、1月米ニューヨークで開催された小売業界最大のイベント「NRF 2018」で基調講演を行った。Barthel氏はここで、企業が持つ顧客情報とFacebookやInstagramが持つソーシャルの情報を組み合わせることで可能になる新しいマーケティング、“人ベースのマーケティング”について話した。

オンラインとオフラインを1つに
――カスタマージャーニー全体で役立つソーシャルメディア

 人ベースのマーケティングとはどのようなものか――。ファッションブランドなら、コートを検索した人が自分たちのウェブサイトを訪問すれば、この顧客がコートを探していることは明白だ。顧客に合わせた対話を通じて関係を構築することで、エンゲージのレベルを引き上げることができる。

 これらは、Facebookが構築している新しいソリューションにより実現できるとBarthel氏は言う。また、子会社のInstagramとともに「人ベースのマーケティングを加速できる」と続ける。

 人ベースのマーケティングの第一歩は、顧客がいるところで顧客とやりとりすることだ。小売にとって、FacebookやInstagraはオンライン(EC)の支援役というイメージかもしれないが、Barthel氏はオフラインでも活用できると言う。「オンラインとオフラインは別々のものではなく、1つの世界。小売はどうやってオンラインとオフラインを一緒にするかを考える必要がある」と述べる。

 Facebookがオフラインを支援できる理由は、「モバイルは顧客にとって常に持ち歩くコンパニオン」であるからだ。「店舗購入の56%が、デジタルでのインタラクションの影響を受けている」とBarthel氏、もちろん“デジタル”においてスマートフォンなどモバイル端末は大きい。「Facebookは顧客が自社製品を発見するショーウインドウ、店頭の役割を果たす」(Barthel氏)。

 オフラインを支援する具体的な技術としては、位置情報に基づくコンテンツ(広告)の表示がある。そのほか、ストアまでの道順を表示した地図、Facebook上でストアに電話したり、メッセージを送ることができる。Facebookは、これらオフラインソリューションを2017年に発表している。

 「誰がFacebook上で自社の広告を見たのか、お店に来たのか、購入したのか――店舗のビジネスにおけるデジタルのインパクトを測定できる。オンラインとオフラインでカスタマージャーニー全体を見ることができる」とBarthel氏はいう。実際、小売によるオフラインソリューションの利用は増えており、属性に基づく広告の支出は33%増加しているという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
“デジタルコマース”から“コマース”へ、3つの課題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5452 2018/02/23 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング