SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

改善を続ける自社ECの世界へようこそ

Amazonはなぜ変化に強いのか?海外大規模ECが採用する「マイクロサービスアーキテクチャ」の仕組み

 コマーブル代表の橋本さんに、自社ECサイトを構築するシステムにおけるテクノロジーの使い方や、考え方の定石を紹介していただく本連載。第2回は、マイクロサービスを紹介。システムを分割することで複雑性を減らし、変化に強いシステム構築を進める方法について解説します。

 前回は、ECに関連するシステムをSoR(正しく記録するシステム)とSoE(顧客との絆を深めるシステム)という2つの観点から見て、「ECシステムの改善を続けるため、それぞれの特性に合わせた取り組みをしよう」という話をした。今回はAmazonを例に、ECシステムの改善を進めるためのシステム構成として、「マイクロサービス」を紹介する。

 1つのパッケージやスクラッチ(新規開発)のシステムでSoEを実現するのは難しい。一度システムを導入したからと思考停止せず、自社にあった適切なサービスを組み合わせて構築・運用する方法に触れてみよう。

Amazonは大量のサービスから構成されている

 Amazonで「Nike shoes」とタイプするだけでバックグラウンドでは170以上のサービスが動く(※1)という。1つのプログラムではなく、複数のプログラムが複数のサーバーでサービスとして動いているのだ。実際に内部を知っているわけではないため想像ではあるが、各機能がサービスとして以下のように分かれているはずだ。

  • 検索を実行するサービス
  • 商品情報を表示するサービス
  • 関連商品を表示するサービス
  • ユーザーのアカウント情報を管理するサービス
  • ユーザーの行動履歴を取るサービス
  • カートの情報を表示するサービス
  • カートの情報や行動履歴を元にレコメンド情報を表示するサービス
  • レビュー情報を表示するサービス

 このように、「複数のサービスを組み合わせてシステムを構築する手法」をマイクロサービスという。

 今回は、マイクロサービスの導入がどのようなケースに有効で、自社ECにどのようなメリットをもたらすかを説明する。マイクロサービスを導入している日本のEC事業者は多くないが、概要を把握するだけでも自社ECの改善のヒントになるので、システム担当以外の方にも是非読んでいただきたい。

※1:Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
マイクロサービスアーキテクチャの身近な例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
改善を続ける自社ECの世界へようこそ連載記事一覧
この記事の著者

株式会社Commerble CEO 橋本圭一(ハシモト ケイイチ)

「改善を続ける自社ECの世界」が世のEC事業者に浸透するように、継続的な改善に重きを置いたクラウドECプラットフォームCommerbleを提供している。自社ECのビジネス背景に合わせて、個別に継続改善を実現することの有用性を信じている。クラウド技術を駆使、テクノロジーとうまく付き合うことによって、EC業界に...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4074 2017/01/31 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング