SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

みんなでA-Commerce(Aグレードコマース)

ECのトップランナーにオススメする「手当たり次第」「他業種マーク」 そして二番手以下は


CVRの向上をキホンに、ネットショップのコンサルティングを行うA-Commerceの笹本さんによる、ECに関するコラムをお届けします。今回は、ECのトップランナーがトップランナーであり続けるためにやるべきこと、そして二番手以下のショップが取り組むべき3つの施策について。

ECのトップランナーにコンサルしている2つのこと

 さまざまな業種、あるいはジャンルにおいて、トップランナーが存在します。特にネットの世界では、リアルの商売に比べてトップランナーの「先行者利益」が大きく、そのジャンルの市場の半分以上をトップランナーが占めているような例も少なくありません。一方でトップランナーは、「最初の開拓者」であり、課題を乗り越えるためには多くの試行錯誤をしなければならない立場にあります。

 先頭を行く人とは「初めてその課題に直面する人」であり、同時に「誰からも教えてもらえない人」でもあるのです。つまり、次のステップや現在の課題について、「自ら」「考え出さなければならない環境」にいるわけです。

 今までに通販以外の商用サイトも含め、すでにトップランナーの状態にあるECサイトのコンサルティングも数多くさせていただきましたが、一般的にトップランナーは「やるべきこと」はすでにやっています。逆に言えば、やるべきことをひと通りやり尽くしたからこそ、トップランナーになったとも言えます。だから、トップランナーは次に何をしたらいいのかが見えない場合が多いのです。

 この観点から、笹本がトップランナーのコンサルティングをする際には、多くの場合、以下の2つを併用する形をとっています。

戦略立案

大きな漏れや大きく不足しているところを補うよりは、次のステップを見つけ出す。

徹底

すでに合格点のレベルにはあるが、さらにストイックに100点満点を目指す。

 2位以下のライバルをさらに大きく引き離すには、笹本の今までの経験からすると、「徹底」のほうが効果は出やすいと思っています。「徹底」の方策は「すでに」試行錯誤が終わった手法であり、どの程度の業務負荷が必要か?も期待できる効果も見えるからです。

 一方でコンサルタントの立場から言えば、「戦略立案」よりも「徹底」のほうがはるかに難しい「お題」です。「徹底」はすでに合格点のレベルのものについて、さらなる課題を見つけるということを意味します。すでに合格点のレベルのものは「問題」になっているわけではないので看過しやすいのです。

 またトップランナーのクライアントは、大変勉強熱心ではありながらも、「やるだけのことはやった」というプライドとある意味での満足感を持っているわけですが、これにケチをつけるのが「徹底」ですので(笑)

 したがって、コンサルタントが「徹底」をさせようとすると、クライアントは「頭では理解しているが、気持ちがそれを許さない」的な状態になりがちです。この葛藤をクライアントに乗り越えていただかないと行動につながらず、当然ながら売上や利益にも結びつきません。

 このような場面では、ネットの知識というよりはコーチングやプレゼンテーションのスキルも必要となってくるかと思います。ちなみに笹本がとる手法は、「2〜3年に渡ってそのメリットを言い続ける」なのですが(笑)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
トップランナーにオススメする「手当たり次第トライ」の継続

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
みんなでA-Commerce(Aグレードコマース)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

有限会社A-コマース 取締役社長 笹本 克(ササモト カツ)

ECコンサルタント&プランナー、(社)日本ECコンサルタント協会(JECCICA)参事・特別講師。コンサルタントおよびWEBプロデューサーとして全国各地で有名ネットショップを輩出。クライアントや講座受講生には、オンラインショッピング大賞の受賞ショップも複数存在。上場企業から中小企業、通販サイトはもとより、製造業やサービス業を含め、コンサルティングサイトの累計は約600社、多岐に渡る業種で大きな成果を出している...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2260 2016/11/10 11:52

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング