SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ecニュース&人気記事ランキング

2023年10月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10

 2023年10月にいちばん読まれたEC関連の記事は? アクセストップ10は次のとおりです。

2023年10月のEC関連の記事は? アクセスランキングトップ10

第1位 米国ではお酒を飲みながら靴が選べる百貨店も 購入以上の体験が求められる今、生き残れるビジネスとは

第2位 「私たちのTwitter」はもう消えた 今後のSNS運用は「選択と集中」「コミュニティ成長」が鍵に

第3位 ⾃分たちが成⻑してもブランド自体には年を取らせない yutoriが経営体制を強化したワケ

第4位 メタバースネイティブなZ世代・α世代へ種まきを アダストリアが約1年展開して見えた顧客接点の可能性

第5位 D2Cは魔法ではない 台湾発ブランド「DAYLILY」が語る本質と対等なコミュニケーション

第6位 モノを売る場でマーケティングも可能に 楽天に国内リテールメディアの課題と未来を問う

第7位 クラシコムとfoufouの“ギャップ”に興味がある マール・コウサカ氏が見るブランドの未来

第8位 商品が届くのは6~8週間後、ECモールには出店しない “当たり前”の逆を攻めるnairoの戦略

第9位 顧客やチャネルの変化に素早く対応するには サンドラッグが見つけた解とリテールDXの取り組みを紹介

第10位 マーケティング・分析の勘所を掴めば「迷わないEC運営」ができる10のコツから売上アップにつなげよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ecニュース&人気記事ランキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13735 2023/11/16 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング