SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

運営堂がゆくEC業界対談

問題解決は組織論、売上アップはn=1 ECでよくある質問をコマースデザインの坂本悟史さんに聞いてみた

 「モールか自社ECのどちらを選べば良いのか」「売上を伸ばすにはどうするのか」など、EC業界ではよくある質問。規模によって回答は変わるはずですが、ひとまとめにされてモヤモヤすることも多いですよね。本企画ではそのモヤモヤを解消すべく、売上規模別にECのスペシャリストに気になる質問をお聞きします。最後となる第3回は、コマースデザイン株式会社 代表取締役 坂本悟史さんです。

モールでもブランドは確立できる

森野 ECでよくある質問を売上規模ごとに聞いてみようという企画です。前々回のミウラタクヤさんはひとりEC、前回のフューチャーショップさんは年商数千万円から数億円規模が対象でした。

森野 今回は年商10億円以上のEC事業者からよくある質問を、坂本さんにお聞きしたいと思います。この規模になると、モールか自社ECかといった判断ではなく、どちらも運営した上でどこに注力するかだと思います。このあたりはいかがでしょうか。

坂本 年商が10億円以上の場合は、モールでの売上比率が高いはずです。モールは上手くはまったときに売上が上がりやすいですから。これがメーカーECか、仕入れ型ECかによって、打ち手が変わります。

 メーカーECは自社ECでの販売が良いと思われがちですが、そんなことはありません。モールでもブランドは育ちます。世界的に有名な事例だと、モバイルバッテリーを中心に扱っている「Anker」がありますよね。このブランドはAmazon育ちです。楽天市場育ちのメーカーだと、「スカルプD」などを販売するアンファーがあります。

 仕入れ型だと、モノとコトのうちコトの比率が高い場合は、自社ECが向いています。コトというのは、奥深さなどコンテンツで商品を語る余地があるということですね。

コマースデザイン株式会社 代表取締役 坂本悟史さん
コマースデザイン株式会社 代表取締役 坂本悟史さん

森野 なるほど。メーカーECは語ることが多いので自社ECと考えてしまいそうですが、モールでもブランドを確立できる。逆に仕入れ型ECはモールが向いているようでも、語る余地があれば自社ECでも売れると。

坂本 僕は帆船と汽船の違いという言い方もしています。モールは風が吹いているので、上手に帆を広げれば進むけれども、風が吹いていないと止まります。汽船は造るのに手間がかかりますが、安定しやすいです。その組み合わせをどうするかですね。

森野 次の質問は、SNSをやったほうが良いのか、どのSNSを選べば良いのか問題です。

坂本 ここはミウラさんと真反対になると思っていまして、SNSが上手くいっているケースはあるものの、売上に対する貢献度はあまり高くないです。コト比率が高くて共感を呼ぶなど、SNSアカウントをフォローして顧客が積極的にコンテンツを消費し続ける理由があれば、それなりに貢献するのですが。

森野 まさにその通りだと思います。ミウラさんはSNSを使ったDM営業が良いと話していましたが、ひとりEC規模ならSNSで発信するコンテンツに共感して商品が売れることはあり得ます。一方で、年商10億円以上だと当たり前にSNSを運用している前提ですし、SNS経由で急に売上が上がるわけでもないので、ちょっと難しいですよね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
外部委託の前に社内の部署連携とフェーズの洗い出しを

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
運営堂がゆくEC業界対談連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森野 誠之(モリノ セイジ)

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12614 2023/05/17 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング