SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

おさえておきたいEC・通販先進企業

EC連動型店舗などDXを強化!オンワードホールディングスの特徴・強み

 多くのブランドを持ち、アパレルを中心としたさまざまな事業を行うオンワードホールディングス。ウェルネスやコスメなどの事業にも取り組んでおり、コロナ禍においてはオンラインストアでの販売に注力しています。今回は、同社の企業情報や事業内容などを詳しく解説します。

 アパレル事業を中核とした株式会社オンワードホールディングスは、ウェルネスやコスメ、グルメなど幅広い分野で事業展開を行っています。近年ではオンラインサイトの強化や実店舗との連携に力を入れており、DXの取り組みにも積極的です。

 本記事では、同社の企業情報や事業内容、強みや最近の動向などを解説します。

オンワードホールディングスの企業情報・事業内容の概要

画像はイメージです(以下同)

 株式会社オンワードホールディングスは、日本の大手アパレル・宝飾品会社である株式会社オンワード樫山などの企業から構成されるグループです。基本的な企業情報や事業内容について解説します。

オンワードホールディングスの企業情報

 株式会社オンワードホールディングスの企業情報について、基本的な部分をまとめると次のとおりです。

社名 株式会社オンワードホールディングス
本社所在地 東京都中央区日本橋3丁目10番5号 オンワードパークビルディング
設立年月日 1947年9月4日
代表者名 代表取締役社長 保元道宣
株式公開 東証プライム市場上場
資本金 300億7,900万円
おもなグループ会社 株式会社オンワード樫山
オンワード商事株式会社
株式会社アイランド
ティアクラッセ株式会社
株式会社オンワードデジタルラボ
株式会社大和 など

 オンワードホールディングスは、紳士服や婦人服、子供服、雑貨などの企画・製造・販売を手がけるオンワード樫山や、ユニフォームやメンズウェア、ジュエリーなどを取り扱うオンワード商事などをグループ関連企業として抱える持株会社です。

 海外においては、ヨーロッパやアジア、アメリカなどの各地域でアパレル事業を展開しています。

オンワードホールディングスのおもな事業内容

 株式会社オンワードホールディングスは、中核となる株式会社オンワード樫山をはじめとした国内アパレル事業と海外アパレル事業を行っています。

 そのほかにもグループの商品開発力や販売力を活かし、アパレル以外のさまざまな分野においてファッションを提案するライフスタイル関連事業にも取り組んでいる点が特徴です。ライフスタイル関連事業には、ウェルネス事業、ビューティー・コスメ事業、ペット・ホームライフ事業、グルメ事業、ギフト事業があり、強みとするアパレル事業との相乗効果やブランド価値の向上を図っています。

オンワードホールディングスの沿革

 株式会社オンワードホールディングスの創業から現在までの流れをまとめると、次のとおりです。

年代 沿革
1927年10月 樫山純三氏、樫山商店を創業
1947年9月 樫山株式会社(現 株式会社オンワードホールディングス)設立
1962年4月 オンワード販売株式会社(現 オンワード商事株式会社)設立
1972年9月 ONWARD KASHIYAMA U.S.A. INC. 設立
1988年9月 株式会社オンワード樫山(現 株式会社オンワードホールディングス)に社名変更
2007年9月 株式会社オンワードホールディングスに商号変更(アパレル事業部門を株式会社オンワード樫山が継承、商事事業部門をオンワード商事株式会社が継承)
2009年12月 株式会社アイランド株式取得
2016年4月 ティアクラッセ株式会社株式取得
2019年3月 株式会社オンワードデジタルラボ設立

 このように、オンワードホールディングスは積極的なM&Aを行っており、アパレル事業を中核としつつも、事業領域を次第に広げています。

 1972年の「ONWARD KASHIYAMA U.S.A. INC.」設立からもわかるように海外への進出も比較的早い段階で行っており、国内外において強いブランド力を誇っている会社です。

おもなブランドの紹介

 株式会社オンワードホールディングスは、中核事業会社であるオンワード樫山をはじめとした国内アパレル事業と、ヨーロッパ、アジア、アメリカの各地域での海外アパレル事業を展開しています。国内アパレル事業では、多くのブランドを百貨店やショッピングセンターなどの商業施設、直営路面店、自社オンラインサイト、他社ECモールなどで展開しています。

 百貨店では「23区」「ICB(アイ・シー・ビー)」「自由区」「J.プレス」「五大陸」などのレディース・メンズの主力ブランドを販売し、ショッピングセンターでは「any SiS(エニィ・スィス)」「any FAM(エニィ・ファム)」などのブランドを展開しています。

 また、「JOSEPH(ジョゼフ)」「Paul Smith(ポール・スミス)」「TOCCA(トッカ)」などは直営店を商業施設などに出店し、ブランドの世界観やメッセージを顧客に伝えています。

 ECを販路とするブランドには「uncrave(アンクレイヴ)」「#Newans(ハッシュニュアンス)」「ANEVER(アンエバー)」「UNFILO(アンフィーロ)」などがあります。実店舗と融合させたOMO型店舗を通じて、顧客の利便性向上につなげている点が特徴です。

 オンワードホールディングスはブランド力に強みを持っており、ターゲットに合わせた販路を開拓することに注力しています。強力な商品開発力と販売力が、競合他社との差をつける大きな要因になっているといえるでしょう。

オンワードホールディングスの強みや特徴

 株式会社オンワードホールディングスは、オーバーストア状態を大胆に改善する一方で、ECサイトやEC連動型店舗を強化しています。企業としてどのような強みや特徴を備えているのかを見ていきましょう。

ECサイト「ONWARD CROSSET」の高い伸び率

 テレワークの増加やインバウンド消費の減少などの影響により、アパレル業界は都心の商業施設などでの集客に苦戦している傾向にあります。一方で、株式会社オンワードホールディングスが運営する自社ECサイト「ONWARD CROSSET」(オンワード・クローゼット)では、売上全体の3割程度を維持しています。

 現状の販路の構成比は、EC、百貨店、ショッピングセンター、その他直営店でそれぞれ3分の1ずつとなっています。従来の主力販路は百貨店でしたが、時代の変化に合わせて販路の見直しに取り組み、DXを推進してきた効果が表れているといえるでしょう。

オーバーストアの大胆な改善 

 株式会社オンワードホールディングスでは、経営課題だったオーバーストアの改善に向けて2019年に700店舗を閉鎖し、2020年にはさらに700店舗を閉鎖しています。アフターコロナの状況においても、世界的に消費者の価値観やライフスタイル、消費行動が大きく変化することが予見されるため、従来の考え方にとらわれない柔軟な発想が重要であると捉えている様子です。

 今後も店舗の質を重視しながら統合を進め、オンライン専用商品の開発や新規顧客の開拓を進めていくとしています。

EC連動型店舗の強化

 株式会社オンワードホールディングスのメンバーシッププログラムである「オンワードメンバーズ(ONWARD MEMBERS)」の会員は360万人規模です。主要なグループ会社であるオンワード樫山では自社EC比率が89.1%(2022年2月期)を占めており、グループ全体の2023年度EC目標売上高は480億円です。

 将来的には、売上の半分を占める1,000億円規模までECの比率を高めることを目標にしており、オムニチャネル対応の郊外型店舗の出店なども計画しています。実店舗とオンラインストアの垣根をなくし、販売チャネルの多角化によって顧客との接点を増やす施策に取り組んでいます。

オンワードホールディングスの最近の動き

 株式会社オンワードホールディングスの近年の動向として、デジタル領域に力を入れていることがうかがえます。最近の動向について見ていきましょう。

アパレルの再生を行う法人向けサービス『リペア工房』をオープン

 2022年5月20日、法人向けのサービスである「芝浦リペア工房」をオープンしました。「着れない服を、捨てない服へ」というコンセプトのもと、生産工程でついたキズや汚れが原因となり販売できない製品の修理や仕様の変更、補修などを行うサービスです。

 アパレル・ファッション業界のサステナビリティや環境保全に寄与することを目的としており、オンワードが長年培ってきた品質管理に関する豊富なノウハウや経験を活かすビジネスとして注目されています。

AIによるバーチャル試着サービスのトライアルスタート

 2022年6月16日オンラインストア「ONWARD CROSSET」において、AIによるバーチャル試着サービスである「kitemiru(キテミル)」のトライアルがスタートしました。顧客体験価値のさらなる向上を目的としたサービスで、自分の写真を使ってスマートフォンひとつでバーチャル試着ができます。

 今後も本格導入を進め、トライアルによって収集したデータなどを分析してサービスの質向上や課題解決に努める方針です。

リモート採寸システムの導入

 2022年7月5日、株式会社オンワードホールディングスはバーチャル3Dアバターの活用でサンプル作製数を削減し、リモート採寸システムの導入によって、採寸コストの削減に成功したことを発表しました。

 3D着装シミュレーションシステム「CLO(クロ)」と、サイズ推奨からオーダー集計業務までのリモート採寸を実現する「UOS(ウオス)」を導入し、サイズ違いなどのロスを減少させています。

目を通しておきたいオンワードホールディングスのトピックス

まとめ

 顧客の消費行動の変化などによって、アパレル業界全体には大胆な変革が求められています。そんななか、国内外でアパレル事業を幅広く展開する株式会社オンワードホールディングスはオンラインストアでの売上が好調で、EC関連事業の強化を今後の成長戦略として位置付けています。

 オンラインストア専用商品の開発やAIによるバーチャル試着実験のスタート、リモート採寸システムの導入など、同社では新たな手法で新規顧客を開拓しようとする動きが活発化しています。デジタル領域に力を入れるオンワードホールディングスは、競合他社にとっても今後さらに注目される存在となるでしょう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
おさえておきたいEC・通販先進企業連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EC研究所(イーシーケンキュウジョ)

ECについての情報を調べ、まとめてお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11790 2022/09/18 00:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング