SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

おさえておきたいEC・通販先進企業

大塚商会ならワンストップで問題解決!独立系ITベンダーだからできるサービス

 株式会社大塚商会は、オフィス用品や介護用品をオンライン注文できる「たのめーる」をはじめとした、多様なサービスを展開する企業です。ユーザーが抱える課題解決のため、ワンストップで対応できる仕組みを整えています。今回は、大塚商会の特徴や事業の強み、最新の動向などを紹介します。

 システムインテグレーション(SI)事業やサービス&サポート事業を展開する株式会社大塚商会は、独立系のマルチITベンダーです。ソフトウェアからハードウェア、インフラ環境までワンストップで提供できる点が強みであり、低コストで業

 システムインテグレーション(SI)事業やサービス&サポート事業を展開する株式会社大塚商会は、独立系のマルチITベンダーです。ソフトウェアからハードウェア、インフラ環境までワンストップで提供できる点が強みであり、低コストで業務改善をサポートするサービスを展開しています。

 本記事では、大塚商会の基本情報や事業の特徴、強み、最近の動向などを解説します。

大塚商会の企業情報・事業内容の概要

たのめーる 大塚商会のオフィス

 株式会社大塚商会では、システムインテグレーション事業とサービス&サポート事業を事業の柱としています。 ここでは、大塚商会の企業情報や事業内容を紹介します。

大塚商会の企業情報

 株式会社大塚商会がどのような企業なのか、まずは基本的な企業情報から見ていきましょう。

社名 株式会社大塚商会
本社所在地 〒102-8573 東京都千代田区飯田橋2-18-4
設立年月日 1961年7月17日
代表者名 代表取締役社長 大塚裕司
資本金 103億7,485万円
おもなグループ会社 株式会社OSK
株式会社アルファテクノ
株式会社アルファネット
株式会社ネットワールド など

 株式会社大塚商会はBtoBビジネスを中心とし、全国の企業にサービスを提供しています。2021年売上高は7,667億円です。

大塚商会の事業内容

 株式会社大塚商会は、システムインテグレーション事業やサービス&サポート事業を中心に事業展開を行っています。

 システムインテグレーション事業においては、コンピューターや複合機、通信機器、ソフトウェアの販売や設置、システムの企画や開発など、企業のDX推進支援を行っています。

 サービス&サポート事業では、企業の総務や人事、経理、情報システムなどへのITサポートで効率化を図る「たよれーる」、オフィス用品の通販サービス「たのめーる」といった、業務改善につながるサービスも展開しています。また、子会社と連携してオフィス機器の修理サポートや教育支援などを展開しており、ユーザーの課題解決につながるサービスを行っています。

大塚商会の沿革

沿革のイメージ

 株式会社大塚商会の創業から現在までをまとめると、次のとおりです。

年代 沿革
1961年7月 東京・秋葉原で複写機事業を創業
1961年12月 株式会社として発足
1968年 リコーとの取引開始
1978年 コピー機・オフィスコンピューター・ファクシミリの3種を取り扱う「COF戦略」スタート
1981年 自社開発のPC用表計算ソフト「PC-PAL」発売
1982年 OAセンター、OAショップ、PCスクール開設
1987年 ネットワーク事業進出
1990年 「トータルαサービス」(現 たよれーる保守サービス)開始
1999年 オフィスサプライ通販事業「たのめーる」開始
2000年 東証一部上場
2006年 サービス&サポート事業を「たのめーる」と「たよれーる」の2大ブランドに集約
2020年 DX推進委員会を設置し社内体制を強化
2021年 経済産業省指針にもとづく「DX認定事業者」の認定取得

 大塚商会は1961年に創業し、OAの専門商社からワンストップソリューションを実現するソリューションプロバイダに成長しています。

 創業から60年を超え、DX認定取得事業者として国内企業のDX推進支援を行うなど、既存事業にとらわれず、新たな挑戦を続けている企業です。

大塚商会の強みや特徴

 株式会社大塚商会は、システムインテグレーション事業においては多くの導入実績があります。また、サービス&サポート事業においては、「たよれーる」「たのめーる」などのサービスを展開しています。 ここでは、大塚商会が強みとしていることやサービスの特徴について見ていきましょう。

大塚商会の強みのイメージ

大塚商会の強み①:独立系マルチITベンダーという強み

 株式会社大塚商会は独立系のマルチITベンダーであるため、課題解決を1社で完結させられることを強みとしています。ソフトウェアやハードウェアだけでなく、インフラ環境の整備に至るまで総合的なサービスを提供している点が特徴です。

  システムを有効活用するには、アプリケーションとそれを利用するインフラ環境を整えることが重要です。ITサービスの種類が増え、取捨選択が難しい状況だからこそ、企業の課題を踏まえたうえで適切な提案ができる大塚商会が選ばれているといえるでしょう。

  独立系マルチITベンダーであることにより、特定のメーカーに偏ることなく顧客に合ったサービスを提供できる点も強みのひとつです。業務効率化やコスト削減といった「守りのIT投資」だけでなく、ビジネスモデルの変革や新たな製品やサービスを開発するための「攻めのIT投資」を望む企業のサポートまで行っている企業といえます。

大塚商会の強み②:取引実績が豊富

 株式会社大塚商会には120万社以上の取引実績があり、さまざまな業種や業務の課題解決に役立つノウハウを提供しています。また、全都道府県に280のサポート拠点を持っているため、迅速な訪問対応が可能な点も特徴です。

  単にシステムを販売するだけでなく、検討段階での提案から設置や設定、運用支援やアフターサポートに至るまで、ワンストップサポートの体制を整えています。さらに、経済産業省が定めたDX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度にもとづき、DX認定事業者として認定を取得している点も強みといえるでしょう。

  基幹系システムと情報系システムのデータベースを統合する「DX統合パッケージ」を中心とした総合的なデジタルソリューションの提案によって、国内企業のDX推進を積極的に支援しています。

通販サービス「たのめーる」の特徴

 「たのめーる」は、1999年にオフィスサプライ事業部として始めた通販サービスです。オフィス用品から生活用品、介護用品や環境対応商品など200万点以上のアイテムを豊富に取り扱っています。また、税込200円以上の注文で送料無料のため少額からでも注文しやすい点や、大量のまとめ買い時には割引サービスを利用できる点などが特徴です。

  Webからの注文の場合、通常の2倍のポイントが付与される仕組みなので、繰り返し利用するユーザーにとってお得なサービスだといえます。さらに、平日午前11時までの注文であれば最短で当日午後に届くとあって、多くの企業や組織に利用されています。

  メーカー商品の販売のほかにも、オリジナルブランド「TANOSEE(タノシー)」では、顧客ニーズを踏まえた商品開発を行っています。低価格の「スタンダード」、環境にやさしい「エコロジー」、高品質の「プレミアム」という3つのカテゴリに分類した商品を取り扱っており、専門業種のニーズにも対応した品揃えです。

  ほかにも「たのめーるオフィスデザインサービス」では、コストパフォーマンスに優れた快適なオフィス空間の提案を行っています。加えて「たのめーるオーダーメニューサービス」では、印鑑や名刺の作成、封筒やノベルティグッズへの名入れなど、多彩なメニューを提供しています。

大塚商会の最近の動き

大塚商会の最近のEコマース関連の動きのイメージ

 株式会社大塚商会では、既存事業を充実させる取り組みだけでなく、新たな分野にも挑戦しています。最近の動向について、3つほど紹介します。

「たのめーるプラス」を大幅に一新

 2021年1月12日に、利用者や対象物のマスタ登録や承認ルート設定が可能なクラウド型の調達・購買業務支援サービス「たのめーるプラス」について、サイトのデザインや表示サイズをリニューアルしました。これによって、視認性や操作性が向上し、利便性・セキュリティ性も高まっています。

 新たに「グローバルIP認証オプション」を設けており、社内やテレワーク環境におけるセキュリティ性の向上につなげています。また、部署ごとの発注管理が可能な「MAたのめーる」やグループ企業内の一括購買が可能な「調達たのめーる」などのサービスとも連携を強化し、顧客が購入する商品の標準化やコスト削減にも貢献しているのです。

教育機関向けのオンラインストア「EDUSeed」を開設

 2021年10月25日、教育機関向けのオンラインストア「EDUSeed(エデュシード)」を開始することを発表しました。国のGIGAスクール構想によって、小中学校では端末の整備や教室のネットワーク化が進む一方、多くの高等学校においては未整備となっていたことが背景となりました。

  EDUSeedではオンラインストアを通じて、保護者がWebから端末を購入できます。教育機関と連携しているため、機種選びで迷うことがなく、スムーズな購入が可能です。

dotDataと戦略的アライアンスの締結

 2022年4月12日に、株式会社大塚商会はdotData社と戦略的アライアンスを締結したことを発表しました。この資本業務提携によって、中堅・中小企業がAIを活用して事業を高度化・効率化するためのDXを支援する取り組みを行っていくことが示されています。

  クライアント企業のユーザーが本来の業務に注力しながら、ITソリューションの利用を通じて自然にAIの価値を享受できる仕組みを提供することを目指すものです。蓄積したビッグデータをAIで分析して営業力の強化を図ったり、業界・業種に応じた機能をサポートしたりする取り組みを進めています。

目を通しておきたい大塚商会のトピックス

まとめ

 株式会社大塚商会は、システムインテグレーション事業やサービス&サポート事業を柱とする企業です。独立系のITベンダーである強みを活かし、特定メーカーに偏ることなく顧客のニーズに合ったサービスやサポートを提供しています。

  DX認定事業者として、国内企業のDX推進を積極的にサポートしており、コストを抑えた業務改善提案を行っている点も特徴です。多くの業種で導入実績があるからこそ、さまざまなニーズに対応可能な企業だといえるでしょう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
おさえておきたいEC・通販先進企業連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EC研究所(イーシーケンキュウジョ)

ECについての情報を調べ、まとめてお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11658 2022/08/28 00:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング