SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

飲食店・食品業界のEC進出を考える

コロナ禍の開業でも成功へ 福岡発「Cheesecake Lemon」がブランド作りで経たステップとは

 情勢に応じて臨機応変な対応が求められてきたコロナ禍を契機に、ビジネスの存続とおいしい食べものを求める顧客の要望に応えるため、ECに商機を見出す飲食店・食品系企業が増えています。当連載では、「食」をテーマに新たな販路拡大を模索する方々に向けて、注意点や売場作りのポイント、成功事例などをお伝えします。第3回はブランド構築で事業を成功に導いた福岡県のチーズケーキ専門店「Cheesecake Lemon」の事例紹介です。

 ECzine読者の皆様、こんにちは。株式会社インクワイアリー 代表の後藤です。当連載では、これまで2回に分けて「飲食店・食品業界×ECの可能性と失敗しないポイント」と「飲食店・食品業界のデジタル・SNS活用」についてお伝えしてきました。連載最終回の今回は、飲食店・食品業界で上手にECやSNSを活用する企業・ブランドを、当社が担当する事例からご紹介します。

コロナ禍に独立を決心 チーズケーキブランドの事例紹介

 今回ご紹介するのは、福岡県福岡市城南区別府の中村学園大学前にあるチーズケーキ専門店「Cheesecake Lemon」です。店舗は2021年にオープンしましたが、プロジェクトが発足したのはその1年前の2020年。当社にいただいた1件のお問い合わせから始まりました。

 オーナーは当時まだ料理人として会社勤めをしていました。コロナ禍が始まったばかりで飲食業界の行く先が見えない状況の中でも独立を意識し、これまでの経験からチーズケーキ事業を展開したいという想いを持って、当社へ相談にいらしたというのが、プロジェクト発足の経緯です。

 当初は物件を工場として借り、リアル店舗を持たずにEC専門店として運営・商品販売をする考えでした。融資先へ提出する提案書や事業計画書、オープンからの売上予測などの詳細を拝見した上で、売上に関しては「ECの場合、強い話題性や広告活用がないかぎり、初月から大きな売上を上げることは難しい」と実情を正直にお伝えしたことを覚えています。代替案として「地元での認知をまずリアル店舗で広げてからECへ注力する」という提案を行い、互いに意見交換をした結果、テイクアウトとイートインを兼ね備えたリアル店舗の展開から行う方向性が決まり、次のステップへと進むことになりました。

ブランド構築はプロジェクト化するのがおすすめ

 「地元での認知獲得」と言っても、ただオープンすれば自然と広がるものではありません。リアル店舗を認知してもらい、今後ECでもD2Cで事業展開をする上では「ブランド構築」が重要になります。オーナーが当社に相談をしてきたように、自らの手で0からさまざまな分野の業務を依頼する事業者を探して個別に案件を進めるよりも、すべてのセクションを取りまとめてひとつのプロジェクトとして進めたほうがブランドとして統一性を保つことが可能です。そこで、当社のこれまでの繋がりを活かしてさまざまな事業者を紹介しながら、プロジェクトの企画からオーナーと当社が中心となり進めていくことになりました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ブランド構築の4ステップ 大事なのは最初の地固め

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
飲食店・食品業界のEC進出を考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社インクワイアリー 代表取締役 後藤 淳(インクワイアリー ゴトウアツシ)

 福島県いわき市出身、福岡県福岡市在住。2010年からWEB制作会社・EC事業会社、計5社に従事。これまでにWEBデザイナー・コーダー・ディレクターとして幅広い業種を経験。EC事業会社ではWEBデザイナー以外にショップ運営、販促企画立案等を担当。 2015年にホームページ制作・デザイン事務所「INQUIRY」を立ち上げ独立。その後法人化、株式会社インクワイアリーを設立、代表取締役に就任。メイン事業はECサイト案件を中心にコンセプト設計・デザイン・コーディング・コンサルティング・撮影などを行っている。モール制作運用サービス「ショップヘルプ」を提供中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11374 2022/06/13 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング