SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.07特集「キャッシュレスのゆくえ~決済でコマースは変わるのか~」

もはや現金で価値を示すべき理由はない 「BASE」が描く未来の経済活動のありかた

ネットショップ作成サービスからスタートしたBASE。代表取締役をつとめる鶴岡さんが考える、決済の本質とは。※本記事は、2018年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.07』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 2012年に設立された「BASE」は、「お母さんも使える」をコンセプトに、誰もが簡単にECサイトを作成できるサービスとしてスタートした。これまでに開設されたネットショップは60万店舗、ショッピングアプリ「BASE」のダウンロード数は400万件を超えている。

 そのBASEが決済事業に参入したのは2015年のこと。開発者向けのオンライン決済サービス「PAY.JP」で、シンプルなAPIと柔軟な料金体系を打ち出した。

 さらに2017年には、スマホ決済アプリ「PAY ID」をリリースし、オフライン決済サービスにも進出。BASEの店舗およびPAY.JP導入事業者は、オンライン・オフラインを問わずPAY ID決済が利用できるようになり、また登録ユーザー同士の個人間決済も可能になった。現在、全国のPAY ID導入店舗は、オンライン・オフラインあわせて60万件以上、登録ユーザー数は100万人を突破している。

 ネットショップ作成サービスからスタートし、PAY.JPやPAY IDで決済事業にも参入したBASE。代表取締役の鶴岡裕太さんに、決済サービスへの思いやキャッシュレス化とコマースのゆくえ、BASEの今後の展望を聞いた。

BASE 株式会社 代表取締役 CEO 鶴岡裕太さん
BASE 株式会社 代表取締役 CEO 鶴岡裕太さん

決済を取り巻く環境は大きく変化 
いずれは支払い方法もお店選びの基準に

 BASEが決済サービスに参入した3年前と比べて、決済を取り巻く環境は大きく変わったと鶴岡さんは語る。

「決済サービスは昔からある伝統的な業界ですし、王者がすでに決まっていたところにPAY.JPやStripeが参入しました。その後プレイヤーもずいぶん増えて、よりスタートアップフレンドリーになった3年間だったと思います。各プレイヤーが直近でやりたいことはバラバラだと思いますが、少し離れて眺めると、実は同じようなものを作っているようにも見える。決済を取り巻いている社会全体の状況も、大きく変わったなと感じますね」

 キャッシュレスへの注目度も、3年前とは比べものにならないほど高まった。BASEでもPAY IDリリース後、スマホ決済のトランザクションが大きく伸びている。

「BASEはオンラインから入るショップさんが多いので、そもそも現金を扱いたくない人もいる。そこは相性がいいというか、インターネット上で買ってもらうことがスタンダードな人が多いので、キャッシュレス化がより顕著なのだと思います」

 経済産業省は、2025年にはキャッシュレス決済の比率を40%に、さらに将来的には世界最高水準の80%を目指すビジョンを掲げているが、鶴岡さんは十分に実現可能だと考えている。

「キャッシュレスのほうが価値の交換がスムーズになる、コストが減って合理的になるというのは明確だと思います。逆にいうと、現金が必要な理由がないんですよね。僕が持っている価値を、現金というモノでしか証明できなかった時代はありましたが、今はモノで表す時代じゃなくなっている。僕に紐付いたIDはいっぱいありますし、リアルだけではなく、オンライン上にも僕という存在がある。インターネットテクノロジーの発展が大きな要因ですが、価値を交換するうえで、現金という質量で価値を示すべき理由がもうない、ということだと思っています。トイレに行くときにお財布は持っていかなくてもスマホは持っていくという人が増えているように、すでに多くの人にとってお財布よりもスマホのほうが大事なものになっていますよね。お財布の役割はスマホで担える。それが二次元コードなのかSuicaのようなNFC技術なのかは、今後いろいろなサービスが出たり消えたりしながら切り替わっていくと思いますが、基本的にはキャッシュレス化にいく方向しかないと思います。あとは遅いか早いかの問題でしょうね」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
創業時から決済に未来を感じていた理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.07特集「キャッシュレスのゆくえ~決済でコマースは変わるのか~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松岡 亜希(マツオカ アキ)

フリーランスのライター&エディター。出版社勤務を経て独立。雑誌、書籍、Webサイト、企業広報などさまざまな分野で活動中。● http://pubapart.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/6335 2019/09/13 12:03

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング