SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

インバウンドビジネス最前線

コロナ禍でも日本の魅力をバーチャル旅で オンラインガイドツアー「JAPONISME(ジャポニスム)」


 コロナ禍の今、外国人の入国は規制されています。そんな中でも「日本の価値」を伝えるためオンラインガイドツアーを始めたM&Company代表の白石達史さん。実は、このビジネスの構想はコロナ以前からあったとか。インバウンドビジネスが逆風の中、果敢に前進する白石さんにお話を聞きました。

バーチャルツアーと古民家移築という、新しいインバウンドビジネス

――オンラインガイドツアー「JAPONISME(ジャポニスム)」が今、話題です。どんなツアーですか?

 単純に、オンラインで観光地の映像を見ながらガイドが解説していくツアーではありません。「JAPONISME(ジャポニスム)」では、ガイドはスタジオにいながらリアルタイムでお客様とお話したり、日本文化について解説したりといったことを行います。解説は随所随所で行っており、たとえば高山の場合、酒蔵の映像や神社の映像を流し、日本人の宗教観など外国人が興味を持つ内容も織り込んでいます。1時間程度のツアーですが、一度体験すると、高山の町はもちろん「日本文化」についても理解することができます。現在提供しているのは「高山ツアー」と「浮世絵ツアー」のふたつですが、順次増えていく予定です。基本的に、全編英語でのツアーになります。

――それ以外にも古民家の移築サービスを行っているとか。

 古民家の移築事業のサービス名は「M」と言います。名前の由来は、民家の頭文字の「M」です。海外のお客様も多いため、わかりやすくアルファベット1文字でいこうと考えました。国内外の富裕層向けに古民家を紹介し、移築まで行います。飛騨エリアにある古民家は、今では材料の入手が難しいものもあり、貴重なものばかりです。当然ながら、一般的な不動産屋では扱っていないものも多く、私が飛騨に住んでいるからこそ得られる情報もあります。本事業を通じ、貴重な古民家を次の世代に引き継いでいけたらと思っています。

――たとえば、飛騨の古民家を東京のどこかに移すこともできるということですか?

 海外にも持っていくことはできます。大工さんの派遣など、お金がかかることはさまざま出てきますけれども。現に、海外のお客様からお問い合わせをいただくことが増えています。このビジネスの目的は、先ほどお話しした古民家の存続のほか、大工さんの技術継承もあります。大工さんの技術には地域ごとに特色があるのですが、飛騨の大工さんはとくに技術力が高いんです。今では、高齢の大工さんが多くなってきていますから、若い大工さんにその技術を受け継いでほしいという願いがあります。年々、古民家は減少しています。移築し、事業として活用していくことで、古民家自体も残していければと考えています。

――やはり自分で住むよりも、カフェのようなお店にするなど、事業目的の方が多いのですか?

 飛騨の民家はとても大きく、450平方メートル以上のものもあります。一般的なコンビニエンスストアが100平方メートルほどと言うと、大きさがわかっていただけると思います。そのため、今の時代に住居目的にするのは難しい面もあり、どちらかというと商業施設にされる企業様が多いですね。

株式会社M&Company 代表 白石達史さん

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
綺麗な景色は見られても 質の高いガイドにこだわる理由

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
インバウンドビジネス最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

浦澤 修(ウラサワ オサム)

ライター・編集/株式会社オージャパン 代表取締役 浦澤修

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8847 2021/03/16 19:11

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング