SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

運営堂がゆくEC業界対談

Amazon広告がほかと決定的に違うのはここだ!『Amazon広告“打ち手”大全』著者に聞く

 Google広告、Facebook広告に次ぐ第3の勢力と言われているAmazon広告。使ってみたいけどどうすればいいのかわからない、使ったけど結果が出なかった、という人も多いのではないのでしょうか?Amazon広告はAmazonの思想を理解しないと攻略できませんので、攻略本を書かれた鳴海さんと寳さんにお話をお聞きしました。

出品していなくてもAmazon広告は出せる?出稿金額はいくら?
まずは基本のQ&A

森野(運営堂) 今回は鳴海さんと寳さんにAmazon広告の攻略方法をお聞きしたいと思います。詳しくは『Amazon広告“打ち手”大全』(インプレス)を読めばわかると思うのですが、書籍を買おうかどうか悩んでいる人に向けて、よくある質問形式でおふたりにお話をおうかがいしていきます。

『Amazon広告”打ち手”大全』著者の鳴海 拓也さん(写真・右)&寳 洋平さん(写真・中央)、運営堂の森野さん(写真・左)
『Amazon広告”打ち手”大全』著者の鳴海拓也さん(写真・右)&寳洋平さん(写真・中央)、
運営堂の森野さん(写真・左)

まずAmazon広告は、商品以外を出稿することはできるのでしょうか? Amazon広告だけにAmazonに商品がないと出稿できないイメージがあります。

鳴海 Amazon広告にはAmazonスポンサー広告と、Amazon DSPの2種類があることを理解しておかないといけません。スポンサー広告はAmazonに出品している企業だけが出稿できるもので、検索結果や商品詳細ページに広告を出すことができます。Amazon DSPは出品していなくても出稿できて、広告もAmazon以外のサイトに表示されます。

 商品に関しては、たとえばカタログやチケットなどを販売することができるため、その商品に対する広告を出稿することもできます。資生堂さんの「就活メイク講座」参加チケットなどです。詳しくは書籍の打ち手75を読んでみてください。

森野 商品自体を工夫することでクーポンみたいなものも広告でアピールできるんですね。広告というよりもAmazonの出品の裏技的な感じです。

次はよく聞かれると思うんですが、最低出稿金額はあるのでしょうか? 30万円とか50万円と決まっている広告商品ってありますよね。

鳴海 出稿金額は決まっていません。「いくら出せばいいの?」という質問が出てきがちですが、そこは投資の発想で「いくらのリターンが欲しいのか?」を考えるべきだと思います。とはいえ、いきなりDSPで大きく使うのはリスクが高いので、自然とスポンサー広告を少額で始めることになると思いますが。これは打ち手の17に詳しく書いています。

森野 ありがとうございます。これも絶対に聞かれるはずの質問です。Amazon広告ってGoogle広告とかYahoo!プロモーション広告と比べて、CVR・ROASは低いのでしょうか、高いのでしょうか?

 運用していて感じるのは、CVRはめちゃくちゃ良いです。スポンサー広告のROASもGoogle広告などと比較したりするんですけれども、自分が今やっている中ではAmazon広告のほうが勝っています。

森野 「めちゃくちゃ良い」んですね! DSP広告はどうなんでしょうか?

 DSPは単体で使うというよりも、Amazon広告を使ってAmazon内の売上を最大化するために使うという役割があるので、単体でROASをKPIに置くことは本の中にも書いていないです。多くの場合、商品詳細ページに連れてくることが目的になると思いますので、単純には比較しない感じですね。

森野 では、YDNとかGDNと比較するものでもないということですね。そもそもの目的が違う。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
広告を出して欲しいGoogle広告、商品が売れて欲しいAmazon広告

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
運営堂がゆくEC業界対談連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森野 誠之(モリノ セイジ)

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6802 2019/07/04 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング