SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

データポータルでオムニチャネル分析を実現!社内共有ダッシュボードを構築したUNiCASEの取り組み

もっと売るために自分が見たかったデータだから、使い続けられる

――今回のプロジェクトのご経験から、EC/小売事業者がオムニチャネルなマーケティングを実現するためにアドバイスがあれば教えてください。

辻本(GMO-PG) 今回のデータポータル活用プロジェクトは、現場で販売を行う方々から、「こんな分析がしたい」「こんなデータが見たい」という要望をたくさんいただいたため、短期間で形にできたと考えています。事業者様側に「こうしたい」がないと、見た目はきれいだけれど実務に使えないダッシュボードになってしまうのではと懸念しています。

データポータルは、作業中に他のメンバーが閲覧するとわかる仕組みになっています。リリースするまでの間に、岡部さんが何度も見に来てくださいました。「ここを修正してほしい」とご指示があった後は、修正した箇所をきちんとチェックされていることもわかりました。プレッシャーも感じましたが、作るのをお手伝いした側としてはうれしかったです。リリースした後も、ダッシュボードを使い続けていただける熱量を感じました。事業者様側の、使い続ける情熱も必要ではないかと思います。

岡部(UNiCASE) 当社はG Suiteを使っているのですが、アカウント管理にとても便利でした。GAやサーチコンソールの権限を気にせずに、店舗のスタッフもすでに持っているアカウントで見ることができたのは大きかったと思います。アカウントによってフィルタをかけて、見るべきデータを分けられるのもいいですね。

ものを売ることに対してモチベーションは高いのだけれど、システムが苦手でデータを利用するまでに至らないスタッフはたくさんいます。しかし、データポータルはビジュアライズされていて見やすいのでしょう。最初に出来上がった際に「めっちゃいいですね!」といった声が、現場からたくさん寄せられました。リリースから時間が経ったので、いかに使い続けてもらうかという視点でのアップデートは重要だと考えています。データポータルを活用すればさまざまなことが安価に実現できるので、オススメです。

UNiCASEが実店舗でデータポータルを活用するプロジェクトを進めた皆さん

――今後のご展望をお聞かせください。

上田(UNiCASE) データポータルを活用するノウハウが、ようやく貯まってきたと感じています。それを活かし、ほかの小売業様のMDやスタッフ教育などのご支援が行えればと考えています。小売業の課題は共通していると思いますので、コンサルティングやCCCフロンティアラボのシステム開発での支援もご提供していきたいです。

岡部(UNiCASE) すでにほかの小売業様へのご支援は行っているのですが、ECだけでなく実店舗も含めたデータポータルの構築事例はそう多くないでしょう。今回のプロジェクトで得られたノウハウで、実店舗をお持ちの小売業様のお役にも立てるのではと考えています。

小沼(GMO-PG) 私どもGMO-PGも、お客様のイノベーションパートナーとして、広告運用やオンライン/オフラインにかかわらず総合的に支援していくべきであり、また実現できると今回のプロジェクトで感じました。オムニチャネル施策は複数ご提案できるのですが、実店舗とECのデータが連携していない企業様が多いです。UNiCASE様に関しては、今回基盤を整えることはできたので、実店舗来店ユーザーとECのデモグラフィックデータを複合的に分析したり、分析結果を活かしたジオターゲティング広告や来店促進広告による成果拡大にも挑戦していきたいです。

辻本(GMO-PG) お客様は実店舗とECを、またいで活用されています。デジタルの施策によってデジタルでコンバージョンしなかったけれど、実店舗の来店につながったといったことは実際に起きています。その動きを、いかにデータで捉え、施策に活かせるか。オムニチャネルでとらえた会社全体の売上拡大につながる施策を、我々もレベルアップして実現していきたいと考えています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6423 2019/03/13 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング