SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

編集部インタビュー

ECで生き残るために今やるべきこととは 「アンジェ」運営セレクチュアー洞本さんインタビュー


「参考にしているECサイトは?」と聞くとよく名前のあがるアンジェ web shop。10年以上前から各モールの賞を受賞し続ける同サイトは、今何に注目し、EC市場をどう見ているのか。アンジェを運営するセレクチュアー代表・洞本さんにお話をうかがった。

ECを取り巻く環境、キーワードは「センス」と「Amazon」

――もはや老舗サイトですが、最近は何に注力していらっしゃいますか?

 「今は、ブランディングに注力しています。ご存じのように、ブランドというのは本来的には決まっていて、その位置から動かないものなのですが、アンジェではあえて感覚値を上げました。

 もともと実店舗があり、ネットショップは後から始めています。実店舗の商圏マーケットは限られていますが、ネットはマスマーケットなので、ブランドの感覚値を少しだけ下げていました。それを徐々に戻していっているのが、ここ数年の施策です。

アンジェ web shop(本店)
http://www.angers-web.com/

 上げている理由は、経済がいろいろ言われながらも一定の安定感があり、関心がセンスや空間、居心地といったところに移動してきているからです。分かりやすく言えば、おじさんたちもオシャレに興味を持っていたり、家の中をステキにしたい人が増えたり、世の中の感覚値が上がってきているからです。

 また、コマース自体の成熟もあります。ネットで売られていなかった物を扱うから売れる世界観から、何でもあるけどその中から自分のセンスにあったものを選ぶといった形に変わってきている。オーソリティやセグメンテーション、そういう環境変化にアジャストさせる必要も出てきています」

――そうした背景から、注目しているECサイトはありますか?

セレクチュアー株式会社
代表取締役
洞本昌明さん

 「やはりAmazonですかね。これまでは利便性追求型のECだと位置付けていたのですが、最近のAmazonは顧客満足も高いんじゃないかと。ハートフルということを抜きにすれば、とても便利で親切に作られている。小売業ではなく、『インターネット通販』という役割でいくと、非常に即した形になっているんです。

 例えば、システム的に可能な細かい気遣いが至るところに張られていながら、自動販売機的な簡便さを維持している。お客様も必要以上の接客やページなど、EC特有の装飾が排除されていても、即発送、確実な在庫が存在する買い物の仕組みに納得感が出ている。もともと量で勝負、検索が主体というシンプルさに、後からEC上で本当に必要なサービスを追加したことが功を奏して、一度使えば、その後はAmazonばかりでリピートという方が増えているのだろうと思っています」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Yahoo!ショッピング無料化や価格競争の中で生き残るためには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
編集部インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/580 2014/12/09 11:59

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング