SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

対談「規模は年内に3倍に、決済サービス事業者としての成功をお約束する」Paidy杉江社長が描く未来

 メールアドレスと携帯電話番号を入力するだけで決済できる「Paidy」。2017年11月に、新生フィナンシャル株式会社の代表取締役社長を経験した杉江 陸さんが社長に就任し、それと時期を同じくして、Paidyのエンドユーザー数は100万口座を突破した。「決済サービス事業者として成功することをお約束する」と明言する杉江さん。ブームの最中にフィンテックの世界に飛び込んだ金融のプロが描く未来について、決済専門メディアを運営するTIプランニング・池谷貴さんと対談を行った。

100万口座突破!カードのいらないカンタン決済「Paidy」が約束するECでの成功

 メールアドレスと携帯電話番号を入力するだけで決済できる「Paidy」。ショッピングごとではなく、翌月にまとめて支払う仕組みで、分割払いも可能だ。2014年10月のサービス開始以降、クレジットカードを持たない・利用しない層を中心に支持を得て、エンドユーザー数(口座数)は2017年11月に100万を突破。導入ウェブサイトも、インナー通販EC「PEACH JOHN」 や東京ガールズコレクション公式通販サイト「SELECT STORE by TGC」、ソーシャルライブコマース「Live Shop!」、ニキビケア「プロアクティブ」など、若年層向けサービスを中心に70万(2017年11月)を超えた。EC事業者が導入しやすいよう、代表的なカートASPやEC構築パッケージとも連携している。

 折しも、フィンテックブームが到来。ATMや銀行窓口でしか行えなかった決済手続きがオンラインでも可能になっただけではない。ECのみならずリアル店舗でも、スマートフォンで全ての金融取引を完結できる時代が来ようとしている。財布を持ち歩くという概念も、既に揺らぎかけている。 

 クレジットカードを利用しない後払い決済サービスのカテゴリーに加えられることも多いPaidyを「時代の半歩先をゆくサービス」と表現するのは、Paidyの代表取締役社長兼CEO、杉江 陸さん。新生フィナンシャル代表取締役社長、新生銀行常務などを歴任した人物だ。

 Paidyが目指す世界とは。これから決済業界にどんな一石を投じるのか。目の前のECサイトがPaidyを導入するメリットから対面決済など決済の未来まで、決済に詳しいTIプランニングの池谷貴さんと語ってもらった。

Paidyのユニークさはメールアドレスと携帯電話番号で「機器認証」

――杉江さんは銀行数社を経た金融のプロであり、池谷さんは取材を通じてたくさんのオンライン決済を見てこられました。おふたりから見たPaidyについて、改めてお聞かせください。

株式会社エクスチェンジコーポレーション 代表取締役社長兼 CEO 杉江陸さん富士銀行(現みずほ FG)に入行後、アクセンチュアおよび GE コンシューマーファイナンスジャパンを経て、新生フィナンシャル代表取締役社長兼 CEO および新生銀行常務執行役員等を歴任。

株式会社Paidy 代表取締役社長兼 CEO 杉江 陸さん
富士銀行(現みずほ FG)に入行後、アクセンチュアおよび GE コンシューマーファイナンスジャパンを経て、
新生フィナンシャル代表取締役社長兼 CEO および新生銀行常務執行役員等を歴任。

杉江(Paidy) ID決済のひとつとしてとらえています。世の中に数多あるメールアドレスと携帯電話番号をIDにして決済が行えるサービスです。しかしIDには2種類ありまして、ひとつは本人認証するもの、もうひとつは機器認証で、Paidyは後者にあたります。メールアドレスと携帯電話番号という公知の情報を使う。これが非常にユニークですよね。よくこれで貸倒損失がコントロールできているなぁと驚いていたのですが、中に入って数字も見せてもらってさらに驚いた。単純に、興味深いサービスだと感じていました。

池谷(TIプランニング) 商品が届いてからクレジットカード以外の手段で支払う「後払い決済」は、2002年にネットプロテクションズが開始し、その後、決済代行や配送会社など提供会社が増え、2016年11月のZOZOTOWNのツケ払いで注目されました。そんな中Paidyは、一般的な後払い決済サービスのユーザビリティや与信金額などの限界を打ち破るべく、2014年にサービスを開始したということですが、杉江さんがおっしゃったように機器認証であり、分割払いにも対応している。非常にユニークなサービスだと感じています。機器認証は、昨今増加するクレジットカードの不正利用防止のため、クレジットカード会社が実施している検知のひとつでもあります。

杉江(Paidy) エンドユーザーの方にとっては、クレジットカードのようなものが、いつでもどこでも安全に、カードなしで使えるのがPaidyである。私たちはそう、訴え続けています。

次のページ
データを蓄積してさらなるリアルタイム与信へ 対面決済も

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5540 2018/05/29 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング