SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

海外トレンドを徹底解剖~中国編~

“安い”だけで勝負できない現代の中国EC市場 国民の関心は市場価格と販売価格のギャップにある

 一般社団法人深セン市越境EC協会日本支部代表理事 成嶋祐介氏が、中国の最新トレンドを解説する本連載。第1回・前編では、AIを搭載した防犯カメラや信用スコアの普及など、中国のDXについてお伝えしました。後編のテーマは、「中国の宅配サービスと国民性」です。

前回の記事はこちら

 DXを推し進め、国民性やサービスレベルが劇的に変化している中国。今回は、同国におけるEC市場の今を解説します。

宅配サービスが中国EC市場の中核に

 中国には、日本で利用されている楽天市場やAmazonのようなECモールも数多く、世界最大のマーケットの一つに成長しています。その中で中国の特徴を表すのが、「宅配サービス」です。特に、飲食店の宅配網が発達しており、ほとんどの商品は15~30分で届きます

 飲食店の宅配だけでなく、薬局などでは薬を注文したり、薬剤師にオンライン上で相談したりできます。フルーツはカットフルーツやスムージーに、食肉はステーキ丼に、お刺し身は海鮮丼にして届けてくれます。靴や水着、スマートフォンですら30分以内に届きます。そして何よりも、価格が安いのです。

 一方、日本では中国ほど宅配サービスが進んでいません。なぜでしょうか。

 日本の場合、コンビニエンスストアが非常に発達しています。消費者の需要をコンビニエンスストアが満たしているため、宅配サービスが普及しづらいのでしょう。

 中国の宅配サービスが様々な商品を迅速に提供できるのには、いくつかの理由があります。日本と比較してみましょう。

  • ビジネスモデルの違い

中国の宅配サービスは多くの場合、配達員の数を増やし、低価格で提供することに重点が置かれています。しかし日本では、高品質なカスタマーサポートやサービス品質が重視されます。

  • コンビニ文化の違い

日本はコンビニエンスストアが広く普及しており、急な需要にも対応できます。これが宅配サービスの普及を一部抑制している可能性があります。

  • 法規制の違い

各国の法規制なども、宅配サービスに影響を与えます。日本では、医薬品をはじめ中国と比較すると販売方法に制約が存在する場合があり、多様な商品の宅配が難しいと考えられます。

  • 文化的な違い

日本では実店舗での買い物が浸透しており、そもそも宅配サービスの需要が中国ほど高くないといえます。

  • 競争環境の違い

中国の宅配市場の競争は非常に激しいです。それが、価格を抑えながら多様なサービスを提供できる理由でもあります。日本の宅配市場は、価格競争がさほど進展していないように見えます。

 このように、日本と中国の宅配サービスには多くの違いがあります。とはいえ、高齢化が進む日本でも、将来的には宅配サービスが進化し、より多様な商品を迅速に届けられるようになる可能性はあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
日本の宅配はタクシー、中国の宅配はバス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
海外トレンドを徹底解剖~中国編~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社成島代表取締役 成嶋祐介(ナルシマ ユウスケ)

 元一般社団法人深圳市越境EC協会日本支部代表理事。世界の最先端企業1800社とのネットワークを持つ中国テックビジネスのスペシャリスト。中央大学、茨城大学講師などを歴任。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。株式会社成島代表取締役。2019年から深圳市政府公認の深圳市越境EC協会日本支部の代表理事を務めた...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13658 2023/11/15 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング